ThunderbirdのCardDAVの使い勝手の問題

以前、Thunderbirdを使ってSOGo Connectorを使う事で、CardDAVを使ったアドレスサーバに対応する事が出来る事を書きました。>> ThunderbirdでCardDAV
確かに、SOGo Connectorを使うとCardDAVサーバにアクセスは出来ます。
ですが、Thunderbirdのアドレス帳は、Macのアドレスブックとはフィールドが異なります。
Thunderbirdは、アドレス帳のフィールドがしっかりしている事(固定)に対して、アドレスブックは「その他」を使う事でフィールド名を自由に設定出来ます。
これによって、やり取り出来る内容に制限が出ています。
以下、Thunderbird + SOGo Connectorでわかっている問題
・メールアドレスを3個以上Thunderbirdでは表示出来ない。
・画像イメージが表示されない
・Thunderbirdのアドレス帳で追加、編集した内容が他のデバイスに反映されない。
・アドレスブックで作成したオリジナルのフィールド名が表示されない。
(Thunderbirdでは似たフィールドに内容が表示される)

以上の事がわかっています。他にもまだあるのかもしれません。
致命的なのは、Thunderbirdで作成、追加した内容が反映されない事ではないでしょうか。
Snow Leopard環境でない場合、iPhoneから追加、編集する、もしくは使っているサービスによってはWEB UIを実装している場合そこから追加、編集以外、CardDAV Syncで各デバイスに反映させる事は難しそうですね。

東北地方太平洋沖地震へのソフトバンクおよび他社の無料無線LAN対応 (追記3)

ソフトバンクはじめ各社今回の東北地方太平洋沖地震を受けて無線LANを開放し、通信状況を用意してくれています。
以下、各社の対応です(随時アップデートあり)。

東北地方太平洋沖地震に伴う「ソフトバンクWi-Fiスポット」の無料開放について
iPhone向けアプリ「災害用伝言板」を提供開始

携帯電話網が、繋がりにくい中でNTTの有線は、インターネット接続は問題ありませんででした。なので、SMSではなくて、i.softbankのメールやプロバイダ提供によるメールは生きており、これで確認が出来ました。

Wi-Fiの開放は、携帯電話を必要とする人に使ってもらうために回線にゆとりを持たすための配慮でもあり、見事な対応です。他のキャリアがどういう対応をしていくかわかりませんが、急いで情報を得る必要がある場合、softbank Wi-Fi スポットを活用する方法もあるかもしれません。

(追記1 – 2011.03.13.12:30)
以下の2社も無線LANサービスを無料開放しています。
livedoor wireless
FON

暗号化等がされていない事もあるようなので、情報をやりとりする場合それを念頭に使いましょう。

(追記2 – 2011.03.15.00:20)
FREESPOTが、被災地向けに救援活動・避難生活支援のためにインターネット回線を無料で開放する人にフリースポットの機材を無償で提供すると発表しています。

livedoore wirelessは、当初12日、13日まででしたが、14日も対応した様です。
15日以降は、状況をみて検討する様です。

WIRELESS GATE
ヨドバシカメラ マルチメディア仙台店で契約した方は当面無料で利用出来るそうです。

(追記3 – 2011.03.20.13:00)
NTTフループが提供する公衆無線LANエリア(FLET’S SPOTMzoneHOT SPOT)を岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、長野県で6/30まで無料開放する事になリました。