OS X Lion Serverをセットアップ

ちょっと落ち着いたので、Mac mini Server(Mid 2010)を、OS X Lion Serverにしました。
iMacの時同様クリーンインストールを行いたかったので、まずはその算段を決めました。
Snow Leopard Serverの時は、リモートインストールがあったので、それでインストールを行いましたが、Lionはそもそもサーバソフトが別扱いなので、リモートインストールは出来なさそう・・・。
そこで、Mac mini Serverをターゲットディスクモードで起動し、FireWire 800でiMac(お手持ちのLion対応機ならなんでも可)につなぎます。前回作成したLionインストールディスクを使ってiMacをC起動で、インストールディスクから起動させます。*

後は、通常のステップでMac mini Serverのディスクをインストール先に選び(僕はボリューム名を”Server HD”としています)、Lionをインストールします。無事インストールが完了すると以下の項目をシステム環境設定よりまずは、設定します。
・ネットワークの設定
・リモートログインの設定 -SSHでログイン出来る様にします。
・画面共有 -Apple Remote Desktopを持っていないので、画面共有を使います。
・リモートマネージメント -画面共有ではなくリモートマネージメントを使う方法もあります。リモートマネージメントはARDだけでなく、VNCからアクセスすることも設定できます。
・電源の設定 -サーバなので、スリープになってリモートから何も出来なくなってしまっては困ります。スリープモードを解除しておきましょう。ディスプレイも繋がないのでスクリーンセーバも解除しておきます。わずかですがスクリーンセーバに貴重なパワーを使われるのを無くします。
・Dockのアプリケーションを選定 -クライアントマシンでは無いので、MailやiCalなどを外します。逆にターミナルなどをDockに追加します。
最終的には、Finder、Launchpad、Mission Control、システム環境設定、Safari、ターミナル、アクティビティモニタ、mi(テキストエディタ)が並んでいる状態です。
・壁紙、アピアランス -壁紙もシンプルに無地のものを選び、アピアランス、強調表示の色をかつてのサーバのように、グラファイトにします。
これで、見てくれがひとまずサーバなりました。

さて、クライアントでも使いますが、サーバの場合やはりroot権限を有効にするべきでしょう。
/System/Library/CoreService/ディレクトリユーティリティ
を起動して下さい。
メニュー > 編集 > ルートパスワードを変更…
でルートパスワードを設定し、ルートユーザを有効にして下さい。

また、Safariでネットへの接続、また、他のローカルのマシンへアクセス出来ますか?
問題なければ、ここでいったん電源を落とします。

Mac mini Serverも電源を落とし、LANケーブルを接続(有線であれば)、起動します。
クライアント側のマシンも起動します。
クライアントマシンにログイン後”Finder メニュー > 移動 > サーバへ接続…”から、サーバアドレスに”vnc://サーバのIPアドレス“を入力すると、アカウント、パスワードを聞いてくるので先ほど設定したアカウント、パスワードを入力すれば、リモート越しに画面が見えるだろう。
もしくは、Finderの”共有”項目に、Mac mini Serverを見つけたら、”画面を共有…”ボタンから同様に認証画面が現れるので、アカウント、パスワードを入力しよう。

さて、リモート越しに画面が見えたら、ログイン画面が表示されていると思います。
ログインした後に、Mac App Storeから、Lion Serverを購入しましょう。¥4300になります。

ダウンロード後、Serverを実行します。
どのマシンでServerを実行するか聞いてくるので、対象のマシンを選択してください。すると追加のサーバコンポーネントがインストールされて行きます。
Server購入は、クライアントマシンで購入して、サーバコンポーネントをインストールする時に、対象サーバを選んでも良い
のかもしれません。

ひとまず、これで、OS X Lion Serverの基本的な部分が準備出来ました。

08/28追加 rootユーザとユーザ登録に若干問題?がありそうです。下記にその対策をのせました。
注:Lion Server -rootとユーザ登録の問題-

*:HDMIに対応したテレビをお持ちであれば、Mac mini Serverをテレビにつなぎ、リモートディスクでインストールするという方法も可能ですね。ただし、リモートディスクの転送速度に引きづられるので、インストール時間はかかります。

2012/01/29追加
ソフトだけでなく、サーバを使うにあたりハードに関係する部分の基本設定方法を掲載しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中