Marunouchi,Tokyo shoot by iPhone 5s and edit by FCPX.

iPhone 5sがリリースされる直前、BurberryのiPhone 5sによるティーザー、ファッションショーの撮影が一部で話題になっていました。iPhoneのページには、そのBurberryの事がちょっと取り上げられています。iPhone 5sはカメラ性能がiPhone 5よりも上がっていますが、画素数向上の方向に行くのではなく、素子のサイズを上げて、集光面積を大きく取る作りに変わっています。そしてレンズもf2.4からf2.2と明るいレンズに変更されてもいます。光が沢山入れば明るくノイズの少ない絵が撮れる様になります。元々iPhoneは電話というコンパクトな筐体とは裏腹に、綺麗な写真が手軽に撮れると一部では盛り上がっています。ライトに使えるという要素が一番大きと思いますが、せっかくここまで綺麗に撮れるし、5sは一段と良くなっているようなので、写真ではなく、動画を撮って一本作ってみようと思い、iPhone 5sを入手した翌日21日(土)にiPhone 5sが持つ雰囲気を考えて丸の内(と大手町周辺)で撮影しました。

Marunouchi,Tokyo shoot by iPhone 5s from Kentaro on Vimeo.

特に撮影器具は使わず、両手でカメラをホールドして撮影しているだけです。スッと取り出して、すぐに手軽に撮影出来るところがいいですね。撮影してから、Mac上で確認してみると思っていたよりも綺麗に撮れています。もうちょっと画質的に悪いと思っていましたが、そうでもありませんでした。

続きを読む

Final Cut Pro X 最新事例 -Xtrem Productions-

FCPX未だiOS 7、iPhone 5s / 5cの熱がAppleとその周りで冷める事が無い中、Final Cut Pro X (以下FCPX) の新しい事例が公開されています。

それがXtrem Productions Fast Turns at Le Mansです。

24時間耐久レースで有名なル・マンを送るフランスのプロダクションXtrem Productionsの事例です。事例を見る限り規模は大きくないプロダクションのようですね。この事例ではFCPXのプロジェクトを複数人で共有して作業する事に触れています。その共有方法はXMLファイルを使う方法だと説明していますね。これは僕も同じことを考えていました。プロジェクトファイルがないから共有が…という事に対する答えとしてXMLファイルを使えばいいじゃなかと。素材はこの事例ではMedia Serverにあるようでそこを参照しているのでしょうか。このMedia Serverとは一般的なファイルサーバでそのボリュームを共有しているのか?(だとしたら転送レートどれくらい??)、Xsanで共有するか、もしくは素材をダウンロードしてローカルないしは外付けに置くかをしていると思われます。そんなに突拍子もない技で繋いでるとは考えにくいのですが、ケーススタディとして気になります。

翻訳版はまだ出てきていませんが、今まで遅れて日本サイトでも翻訳されて出てきていたので、いずれ紹介されると思いたいです。

iPhone 5s 保護シート

Power Support AFP crystal film set
強化ガラスだし、保護シートいらないという人もいると思います。
が、やっぱ怖いので、僕は最初から一貫して保護シート貼って来ました。基本ずっとPower Supportのを使っています。

今回もPower SupportのAFP crystal film setを選びました。iPhone 4まではノングレアシートにしていたのですが、4sからRetinaディスプレイを活かすべく画面のクリアさを優先して、クリアタイプに変更しました。

5s用が新たに発売されたのではなく、既に5用に発売しているシートがそのまま5s / 5cでも使えます、という事の様です。なので、5用のシートを購入。保護シートもカバー同様各社色々販売していますが、やはりPower Supportは人気が高いようで品切れになっているお店もあるようです。指紋が付きにくいというのも気に入っているところですね。

最近だとガラス製の保護シートが発売されれいますが、あれは試してみたことがありません。高いので、失敗したらなかなか痛いという気持ちが大きいのです。後、結局強化ガラスシート自体への疑問も若干あり…。Power Supportが完璧か?と言われるとそれもまた違って、傷は普通に入ります。保護シートが本来の役目を果たして守ってくれるので、本体ガラスにはつきませんが。

5sは、フラッシュが2つ搭載された事で5とは見た目が明確に異なる部分です(そこが唯一と言ってもいいくらいの変化でしょうか)。正面は、変化無いため5と同じのでも平気ですが、裏面はそのフラッシュの形状が違う事で、5s専用の保護シートが必要です。裏面はひとまずという意味で、RASTA BANANAのiPhone5S専用液晶保護フィルム メイン+背面セット パーフェクトガードナー 高光沢フィルムを買いました。RASTA BANANA製品は過去に一回苦い思い出がありますが、他に選択肢が無かったため、ひとまずつなぎ的意味合いで購入。5s用ケースを使ってはいますが、すきまに色々ゴミが入って傷つくのが怖いので保護シールは張っています。今のところ特に大きな問題を感じる事はありませんが、5で愛用しているミヤビックスからもOverLay Brilliant for iPhone 5s 裏面用保護シートが発売されたため、気になるところです。ケースがうっとうしくなって、使わなくなってきたら、裏面シートも交換を考えようと思います。

続きを読む

復活!? Flickr.app

Flickr App日本で未だダウンロードが再開されないFlickr。過去に入手していれば、アップデートも出来ていたのですが、その術もあるときに失い思い出す度に失望にかられる中(大袈裟?) iPhone 5sを購入し、さぁFlickrどうしようと悩みながらもひとまずApp Storeからダメもとで落としてみようとやってみたところ、なんとダウンロード出来たではありませんか!それも、最新版を。あれ?戻った?と思って、iPhone 5の方をアップデートをかけてみたら、相変わらず…。やっぱ、ダメかと諦めかけたのですが、ふと思ったのが

「もしかしてアプリ削除して再度落とせば入れられるのでは!?」

という疑問でした。そこで意を決してアプリ削除。これで入れられなかったら…と思いましたが、ここは決断です。そして再度App Storeから落としてみると…出来た!そして最新版!!

もうアップデート出来ないなぁと諦めていたらまだやり方がありました。一度アプリは削除しているので、ログインするのに再度アカウントを入れ直す必要はありますが。この方法なら前から出来ていたのかな?これで、一つ悩みが解決されました。

遂に来た、iPhone 5s

iPhone 5s and Case
9月10日のSpecial Event -September Event 2013-を得て話題をばら撒いてきたiPhone 5s / 5cが発売されました。iOS 7、指紋認証/Touch ID、2バリエーション展開、ゴールド色、ドコモの参入など色々話題を振りまき、特にドコモは連日、TV、ニュースサイトの話題の一つでしたね。少し遅まきながら感想を(普通この手のは発売日に書けよという所でしょうが…)。

今回も、前日よりやはりApple Store 銀座に並び、開店を待つことにしました。今年は直前の台風が過ぎてから一気に気温が下がり続け、この前日19日の夜は本当に寒かった。パーカー、長袖を別途持ってたのですが、全体が冷え切っているのとうっすらと流れてくる風がまた冷たく、寒くて何度も目を覚ましながら過ごしました。
iPhone 5s / 5c Launch Day in Apple Store Ginza.

続きを読む

Mac mini serverの温度をiStatで知る

Icon - iStat 2 - 256自宅サーバを運用していると、マシンルームに格納しているわけではないので温度の問題が気になる事があると思います。特にMac miniを運用している人は、異常なまでに熱くなる本体にハラハラするのではないでしょうか?かく言う僕自身がまさにそうでした。そして同時に思いました、一体我が家のMac mini serverは表面だけでなく、内部は何度なのだろうか?極端な話表面は暑けど、中はまともな温度であれば、それでも問題はないわけです。が、表面だけで判断出来ない部分があるのも事実…。
特に今年は猛暑を超えて酷暑だったので、なおのことでした。
そして、少し調べてみるとbjangoのiStatというアプリがありました。

Icon - iStat Server - 256このiStatですが、計測したいサーバ側 (iStat Server for Mac) のアプリは、ただで入手できます。その状況を見るビューワーが有料なのです。そのビューワーがMaciPhone/iPadのアプリがそれぞれ用意されています。
僕はMacのビューワーアプリを買うのではなく、迷わずiPhone/iPadアプリを買いました。メールサーバの様に外からサーバの温度を逐次確認出来ると思ったからです。
予想通りそれは出来ました!

以下、インストールから状況確認までです。

続きを読む

The photo of PowerShot S95 -05

ここ最近の丸の内は、ちょっと日本感と違う雰囲気が漂っていますねぇ・・・。

IMG_6410_2
Photo by PowerShot S95

続きを読む

iPadにちょうどいい鞄 milesto FLOPPY タブレットボディバッグ

milesto FLOPPY tablet body bag

milesto FLOPPY tablet body bagずっと休日にiPadを持って出かけたいときにいいサイズの鞄がないか探していました。有名どころで言えばPORTERとかからいいサイズの
鞄も出ているのですが、使っている人多いし、何よりも回りで使っている人がいるので被る・・・。そう思うとなかなかいいのが無いんですよね。もちろん他にもあるにはあるんですが、高かったり、少しオーバーサイズだったり・・・なかなかしっくりくる物がありませんでした。

で、シンプルでお値段もリーズナブルでいいの無いかなぁと思ってずっと探していたらありました。

milesto FLOPPY タブレットボディバッグ

Travel Shop Gateという店舗で取り扱っている鞄です。同店のオリジナルブランドっぽいですね。イデアのブランドなんですね、ここ。
肝心のiPadが鞄に奇麗に収まります。結構サイズがピッタリで、Smart Coverを付けている分には大丈夫ですが、iPadを袋型のケースにしまっていると入りません。ですが、鞄側にちゃんとクッション材が仕込まれているため、鞄が袋の変わりもちゃんと果たしてくれると思います。
鞄自体はiPadだけでなく、小物が入るスペースも用意されているだけでなく、もう一カ所前面に収納スペースもあり意外と幅がある底になっているのでミラーレスカメラ等を入れる事が出来る位の余裕があります。大きくもなく小さくもない感じです。鞄自体も重くない(サイト情報:330g)ので、iPadだけとか、ちょっと充電器もって具合の量ならほとんど気にならない重さです。素材はナイロンとしか書かれていませんが、鞄についていたタグによるとCORDURAを使っており、Teflon加工がされている様です。

ちなみに、CORDURA、Teflonですがサイトによると

■CORDURA
従来のエアジェット加工を施したナイロンから、超軽量、高強度ナイロン生地やポリエステル生地に至るまで、耐久性と性能の面での同様な製品のなかでも最も優れていると考えられています。実際に、CORDURA®(コーデュラ®)ファブリックは世界中の多くの国の軍隊から信頼を得ています。

■Teflon
テフロン®加工のファブリックは、お手入れ簡単で、新品のような美しさを保ちます。(中略) ほとんどの水性および油性の液体をはじく、機能性。生地のうえで液体がビーズ状になり、玉のようにころがり落ちるので、こぼしても慌てる必要がありません。

ということだそうです。


鞄のサイズ感はこんな感じです(Travel Shop Gate サイト写真より)。

milesto FLOPPY tablet body bag
収納スペースはこんな感じ。

何かいい鞄無いかなぁと思って探している方いましたら、オススメです。
都内中心ですが、店舗もあるので、実際に手に取って見る事も可能です。

SASAYA CAFE (ささやカフェ)

SASAYA CAFE SUMIDA

SASAYA CAFE SUMIDA錦糸町〜スカイツリーの途中にあるSASAYA CAFE (ささやカフェ) に行ってみました。
親水公園に面しているカフェです。公園の中に位置している事もあってか静かで落ち着いた雰囲気が漂っています。
オーガニック系でそろえたメニューが中心になっていました。

Wi-Fiは”sasaya-guest”というの飛んでいますが、パスワードがかかっています。店員さんに聞けば教えてくれるので接続出来ます。

■SASAYA CAFE


墨田区横川1-1-10
OPEN
8:30-18:00

SASAYA CAFE SUMIDA

続きを読む

見えて来たXAVC S

original_fdr-ax1_002SONYが4Kのハンディカムを発表しましたね。
FDR-AX1
そのカメラで撮れるのは4K XAVC Sで、そのビットレートが150Mbpsであることが判明しました。XAVC S発表時には見えてなかった部分がやっとわかりました。
150Mbpsって民生機で考えればいいレートですね。現状のAVCHD 2.0が28Mbpsなのですから。4KとなればHDの4倍面積がいるので、単純に

28 x 4 = 96

となるところを150Mbpsあるわけですから、民生で考えればおそらく十分なビットレートなのじゃないかと思います(それでも足りない!という声もあると思いますが)。業務系で使われるXAVCが4Kで最大600Mbpsです。
y_fdr-ax1_002一方で気になった(よい意味で)のは、XAVC SはHD記録にも対応しているようで、こちらがなんと50Mbpsで記録出来るという。
という事は、SONY的に見ればXDCAMと同じビットレート(ただしあっちはサンプリングが4:2:2なのでもっと奇麗)。Panasonicが採用しているMOV形式のIPBが50MBですから、やっとSONY陣営からも高ビットレートのHDコーデックが使えるようになったとも言えます。
ただ、現状はFDR-AX1でしかXAVC Sは使えないので、一刻も早くデジイチクラス(NEX、α)にも4K記録が出来なくてもXAVC Sに対応して頂かないと・・・思います。がんばれSONY!

メディアがそれに合わせてXQDという新しい記録メディアに変わるようなので、これらがデジイチ側にも搭載されるのか?(ニコンD4では既に採用済みですが) HD 50MbpsならSDカードの高転送で使えるようにするか?ですね。コンシューマーユーザーならメディア価格が安いSDカードを熱望すると思いますが、現状はFDR-AX1の場合はXQDに記録するしかなさそうですね。なお、XQDカードはSシリーズとNシリーズがあり、転送速度に差があります。FDR-AX1の場合はどちらでも大丈夫ですが、Sシリーズの方が高価です。
続きを読む