Velviaの青がグッと来る、FUJIFILM XQ1

Taken by PowerShot S95

気になると書いていたFUJIFILM XQ1ですが、結局発売日11/23に購入しちゃいました。
価格的には同じ富士フィルムのX20が5万円ちょっとと拮抗しておりますが、もともとコンデジにこだわりがあると書いてきただけに (X20もコンデジの仲間になっていますが、サイズがやっぱちょっと大きいので・・・) X20は除外しました。魅力的ですが…。デジカメをぶら下げるポーチに入らないので、持ち運びが不便になるとというのがありました。やっぱ撮らないと意味なくなっちゃうので。

で、周りを見渡すと、何度か書いているCanon PowerShot S120SONY CyberShot RX100が同価格帯でコンパクトなサイズとして構えています。
その中であえてXQ1を選んだのは・・・

PowerShot S95は既に持っていることもあり同じ性格のS120を買うのもあれだなぁと。操作性はすごいよくなったことはこないだ店頭でだけど触って実感したけど、絵的な方向性はやっぱ同じメーカーだし、同じシリーズだから進化はしていると思うけど、だったらS95に不満は無いからいいかなと。

CyberShot RX100は、やっぱNEX-5Nがあるから多分絵的なチューニング似ているんじゃないかなとか、なんだかんだRX100MK2という後継機も出ているしということもあり、今一歩なところでした。動画性能も考慮して当初は欲しいと感じていましたが、XQ1も1080/60P撮れるし、H.264だけど・・・。ただiPhone 5Sも結構イケルことがわかったので、「動画」という観点で探す意味合いは薄れていました。

そういう意味でもXQ1は、自分が持っているカメラとは少し毛色の違う感じがして惹かれるものがありました。フィルムシミュレーションとして色をl選べる機能に興味が引かれました。上位グレードのXシリーズもそうだし、前モデルに相当するXF1でもついているので今更だと思いますが、初めて富士フィルムのカメラを使うという意味では興味津々です。あえて色のついた写真を撮ってみたい、見てみたいという風に思いました。センサーサイズが2/3とS95より少し大きいというのもありましたが、RX100よりは小さいのでセンサーサイズよりもX20と同じ定評あるX-Trans CMOS IIの性能がどういうものか?というのも気になりました。

続きを読む