夕暮れと羽田空港

羽田空港のデッキからパシャパシャと。

HANEDA Airport
Photo by iPhone 5s

HANEDA Airport
Photo by iPhone 5s

今回はiPhone 5SとFUJIFILM XQ1で。
デッキで座ってボーッとしていたら、飛行機のエンジン音と匂いがするわけですが、それを傍観していたら、これってF1見に行ってエンジン音聞いて楽しんでいるのと同じだなぁと、思いました。

HANEDA Airport
Photo by FUJIFILM XQ1

HANEDA Airport
Photo by FUJIFILM XQ1

HANEDA Airport
Photo by FUJIFILM XQ1

逆光がドラマチックでついつい同じような写真を撮ってしまいました・・・。
一応飛行機も撮りましたが、望遠じゃないと迫力でないですね。

HANEDA Airport
Photo by FUJIFILM XQ1

HANEDA Airport
Photo by iPhone 5s

飛行機、空港は好きなので、気持ちいい時間を過ごすことが出来ました。

Ultrakam – 最高のiPhone用ビデオアプリ –

ちょっと前にUltrakamというiOS用カメラアプリを買っていました。購入時はVer 1.11でしたが現在はVer 2.2です。
なぜコレを買ったか?あまり世のBlog上で騒がれていないけど、2K解像度 (2240 x 1672) が撮れるカメラアプリなのです。現在のVer 2.2では、3K (2592 x 1936) を撮る事が出来ます(実際は2.5Kという表現の方が正しいのでは?と思いますが…)。
しかも、ただ解像度が大きいだけでなく、最大50MB/sのiFrameで撮る事が出来ます。ほぼ、Canon 5DMk2が撮れるH.264と変わらないファイルのスペックです。HDサイズを基準にした時、これだけ上下左右に余裕があるのは、スタビライズをする上でも助かりますし、少しフレーミングを変えたい場合にも有効です。iOS標準のカメラアプリではここまでのスペックが無いので、そういう意味でも大きな可能性を秘めたアプリです。

今回はUltrakamとiOS標準のカメラアプリの比較映像を作りました。Ver 1.11の時に撮影し仕上げるのに時間がかかってしまい、その間にVer 2.2になり3K仕様となったため少し違いますが、それはそれとしていつも同様Vimeoにアップしました。

Ultrakam – The great video app for iPhone – from Kentaro on Vimeo.

久々JobsとApple

次期Apple本社、Apple Campus 2についての映像が公開されています。最近環境に関するページを出しましたが、このビデオ、久々Jobsの声が出てきます。それも最初に。このプロジェクトにJobsが熱心だった事は有名ですが、このタイミングのAppleのビデオに声だけですが出ている事に、嬉しさを感じます。久々Appleの顔として登場したような感じを受けました。ビデオの終わりもJobsの言葉で締めくくられています。

Tim Cookがどうとかではなくて、普通にJobsの声が出てきたと言う事が嬉しかったです。まだの人は是非一回見てみてください。

The photo of FUJIFILM XQ1 -09

Tokyo Japan

ISO 800にして夜の撮影。モノクロだろうからか全然ノイジーじゃない。結構ザクザク撮れる事を実感。ただし、f値は2.8あたりとちょっと明るめにしておくといいようだ。

Tokyo Japan

Tokyo Japan

Tokyo Japan

Tokyo Japan

Tokyo Japan

Tokyo Japan

All shots taken by FUJIFILM XQ1