In depth of ProRes 4444 XQ

prores
土曜朝にFinal Cut Pro X 10.1.2と共に突如登場したProRes 4444 XQ。
その可能性、スペックについて少し調べてみました。

改めて、ProRes 4444 XQとは何かをFinal Cut Pro Xのマニュアルから抜粋します。

Apple ProRes 4444 XQ:4:4:4:4 イメージソース(アルファチャンネルを含む)用 Apple ProRes の最高品質版。高速データレートでありながら、最新かつ最高品質のデジタル・イメージ・センサーによって生成される高ダイナミックレンジイメージの詳細を保持します。Apple ProRes 4444 XQ は、Rec.709 イメージのダイナミックレンジより数倍大きなダイナミックレンジを保持しており、トーンスケールの黒またはハイライトが非常に広い、高度な視覚エフェクト処理の厳しい要求にも対応できます。標準の Apple ProRes 4444 と同様に、このコーデックは各イメージチャンネルで最大 12 ビット、アルファチャンネルで最大 16 ビットをサポートします。Apple ProRes 4444 XQ のターゲット・データ・レートは、1920 x 1080 および 29.97 fps の 4:4:4 ソースで約 500 Mbps です。

との事です。

まず、ProResコーデックはあらゆるフレームサイズ(SD、HDのみならず2K、4K、5Kも)に対応しています。
そして今回登場した4444 XQをはじめ、4444、422 HQ、422、422 LT、422 Proxyと6つのファミリーが存在してます。

4444 XQが登場するまでのProResは比較的レガシーな環境下のMacでも動いていましたが、4444 XQは動作環境が変わっています。

・OS X v10.8 Mountain Lion以降でないとサポートしていない様です。

ただし、ProApps Codecs v1.0.5のインストール要件はOS X v10.6以降となっていますが、4444 XQが10.6および10.7で再生出来るのか?書き出し出来るのかわかりません。

続きを読む

Final Cut pro X 10.1.2 そして ProRes 4444 XQ 登場

fcpx_10_1_2
朝起きてWEBを巡回していたらFinal Cut Pro X 10.1.2 (FCPX 10.1.2)の文字が!?。早速気になりAppStoreで更新状況を見てみると、確かに出ていました。
以下、マニュアルからですが、FCPX 10.1.2の新機能を抜粋しました。

メディア管理の向上

・最適化されたメディア、プロキシメディア、およびレンダリングされたメディアをライブラリの外部の選択した場所に保存できます。

・最適化されたファイル、プロキシファイル、およびレンダリングされたファイルを「Final Cut Pro」から簡単に削除できます。

・「ライブラリのプロパティ」インスペクタを使用して、メディアファイル、キャッシュファイル、およびライブラリ・バックアップ・ファイルの保存場所を表示/設定できます。

整理機能の強化

・「ブラウザ」で使用されていないメディアのみを表示するオプションが追加されました。

・使用中メディアインジケータが、複合クリップ、マルチカムクリップ、および同期クリップに表示されるようになりました。

・「ライブラリ」リスト 内の イベント を日付または名前で並べ替えられるようになりました。

プロ品質 4K カメラのワイドダイナミックレンジイメージをサポート

・新しい Apple ProRes 4444 XQ コーデックは、4:4:4:4 イメージソース(アルファチャンネルを含む)用 Apple ProRes の最高品質版です。高速データレートでありながら、最新かつ最高品質のデジタル・イメージ・センサーの詳細を保持します。サポートされているメディア形式およびサポートされている書き出し形式を参照してください。

・放送用標準色空間(Rec. 709)を ARRI、Blackmagic Design、Canon、および Sony カメラの高ダイナミックレンジかつ広色域ビデオショットにリアルタイムで適用できます。

オーディオワークフローの向上

・特定の dB 値を入力することによって、クリップの相対/絶対音量または 範囲選択 を調整できるようになりました。

・「Final Cut Pro 10.1.2」でクリップを同期するときの速度および精度が向上しました。

・新しいライブ音声録音機能には、自動カウントダウンや、複数テイクを自動的に オーディション としてグループ化する機能が含まれています。

・新しい基本サラウンドプリセットによって、サラウンド・サウンド・オーディオを簡単にパンできるようになりました。

読み込みおよび書き出し機能

・XML 1.4 を使用してライブラリ全体を単一 XML ファイルとして書き出したり読み込んだりできます。

・ストレージデバイスからメディアを読み込むときに、Finder タグから キーワード を作成できます。

・XDCAM メディアを含むカットのみプロジェクトをすばやく書き出せます。

その他の注目すべき機能

・Finder からブラウザに(「ライブラリ」リスト内のイベントにではなく)ドラッグすることでメディアを読み込めるようになりました。

・「タイムライン」内でクリップを細かく動かすことで、スライド編集に近いことができるようになりました。

・オーディションを分割できるようになりました。

マニュアルには直接記載されていませんが以下のような機能も具体的に追加されています。

・新しい AMIRA カメラの ARRI 3D LUT を自動的に適用
・4K ビデオを Vimeo に送信

凄い!凄い機能追加じゃないですか!やっぱ、Apple地味にこつこつとやっていましたね。

メディア管理がまた進化した様で、最適化されたメディア、プロキシメディア、レンダリングされたメディアが外部保存出来るようになりました。これで、メディア管理はユーザが掌握したも同然ですね。以前、うちでもシンボリックリンクを使ってプロキシメディアを外部においてなんてのを書きましたが(Final Cut Pro Xの素材の扱いについて)、デフォルトで出来るようになりました。あの記事の有効期限は終了ですね。

続きを読む

The photo of FUJIFILM XQ1 -10

コンデジと表現するか、コンパクトカメラと表現すればいいか悩ましいFUJIFILM XQ1。デジカメなんだからコンデジじゃんという声が聞こえそうですが、デジタルとかフィルムとか抜きに同じコンパクトなカメラとしての位置づけでいいのではないか?と思う。ので、コンパクトカメラとしてのFUJIFILM XQ1がいい。

Taken by FUJIFILM XQ1

何度も書いてきたけど、XQ1は本当に手に馴染む。まだ、もうちょっと設定的に追い込んでみたい要素はあるけど、とにかく楽しい。サクサク撮れる事、つまりコンパクトカメラが満たす事が出来る条件をXQ1も備えていると思っている。

Taken by FUJIFILM XQ1

本当楽しいんです、こいつ。

Taken by FUJIFILM XQ1

続きを読む

遂にオープン、アップルストア 表参道

Apple Store, Omotesando Garnd Opne

もう、開店してしまい世間的には熱りが冷めて来たでしょうか?何度か、取り上げて来たアップルストア表参道(過去記事 12)が遂にオープンになりましたね。店内の詳しい様子は色々なニュースサイト等で取り上げているので、それらに関してはそちらをご参照下さい。

Apple Store, Omotesando Garnd Opne

個人的に気になった部分を。

Angela Ahrendts in Apple Store Omotesando.

Angela Ahrendts (アンジェラ・アーレンツ) が来ていた。Tim Cookが一本釣りした、元バーバリーCEOで、ストア担当SVPのあのお方です。既に7店舗出している日本にわざわざはるばる来ることは流石にないだろうと思っていたら、いたではありませんか!ビックリ。それだけ、注目度が高いってことですかね。確かに、日本では初のここ最近の全面ガラス張りを採用したストアであり、現在の日本のiPhoneのシェア率の高さを考えると重要度はそれなりにあると思っていましたが、まさかわざわざ来るとは思いませんでした。他にも、米国から色々なVPが来ていた様で、相当な注目があるということですね。

ご自身のTwitterでもつぶやいていますね。

続きを読む

FCPXで終わったライブラリを閉じる

FCPXFinal Cut Pro Xにはご存知の通りファイルの概念がありません。全て”ライブラリ”に集約されています (ライブラリ周りについては、過去記事の「Final Cut Pro X 10.1のライブラリ」をご参照下さい)。各プロジェクト(作品)毎にライブラリを作る事が出来る様になったことで、細かく整理が出来る様になりましたが、ファイルが無いとなると終わったプロジェクトはどうすればいいのか?

そんな時は「ライブラリを閉じる」を使います。

閉じ方は簡単です。

1. 閉じたいライブラリを選びます。

2-A. メニュー ファイル > ライブラリ”選択しているライブラリ名“を閉じる
を選びます。

FCPX_menu01

2-B. 閉じたりライブラリ上で右クリック(or control + クリック)で出てくるサブメニューから「ライブラリ”選択しているライブラリ名“を閉じる」を選びます。

FCPX_menu02

この方法で閉じることが出来ます。ライブラリ作成時に、場所を指定していると思います。その中に全ての編集情報が含まれています。
閉じた後、再度ライブラリをFCPX上に展開する必要があれば、Finderからライブラリを選んでダブルクリックするか、FCPXのメニューからライブラリを開く事が出来ます。

これによってライブラリ内が、沢山のライブラリで溢れかえることもなく、作業が終わったライブラリを間違って触ってしまう事も防ぐことが出来ます。