何が違うと思わせるのかiPhone 6

iPhone 6 and 5s Rear panel and edge

発売日と共に機種変したiPhone 6。感想にも書きましたが、今ひとつしっくり来ない…何がそんなにしっくり来ないのか?サイズ?どうもそれだけでは無い事が自分的に分かって来ました。

表じゃなくて裏面だった。

アンテナゲート事件が懐かしいですが、iPhone 4がメタルフレームで囲む様になってから、干渉が起きない様に、意図的にプラスチックを挟んで一つの輪にならない様にメタルフレームを囲んでいました。iPhone 5の頃も同様で、それは存在していました。iPhone 6でもやはりそれは同じ仕様で、上下にしっかり灰色(ゴールドは白の)のプラスチックが存在しています。iPhone 6ではこのプラスチックがイマイチなんです。

・太くてプラスチック感丸出し
iPhone 4〜iPhone 5sまでを比べると圧倒的に太くなっている事がわかります。さらに太くなったからだと思いますが、プラスチック感がハンパありません。それまでも、プラスチックでしたが、薄くツヤのあり細めになっていた事で上品に黒い線が入っている感じだったので素材感はありませんでした。

iPhone 6 and 5s Rear panel and edge iPhone 6 and 5s Rear panel and edge
*プラスチックの素材感が5sに比べて大きい。

・裏面が全面アルミに
そもそもがiPhone 4〜iPhone 5sまでの系譜で見ると裏面にガラスはあった事が独特の輝きを放っていたとも言えます。

続きを読む