Mac mini serverの基本構築 (Server.app 4.0 / 10.10 Yosemite編)

osxserver1010

先日のiPad Air 2が発表されたイベントで一緒にアナウンスされたYosemite。合わせてServer.app 4.0もリリースされ、Mac miniもリニューアルされたのですが、それまであったMac mini serverモデルはラインナップから消えることとなりました。まぁ、サーバモデルと言ったって、Server.appがデフォルトで着いているかどうかの差でしかなかったので、必要な人はAppStoreから買ってくださいという事でしょうか。

当ブログでは過去にLion Server(Server.app 1.0)、Mountain Lion Server(Server.app 2.0)、Mavericks Server(Server.app 3.0)を使う上でのOS Xの基本構築を過去に上げてきましたが、Yosemite版となるServer.app 4.0を使うにあたってのOS X Yosemiteの基本設定をまとめてみました。

ハードウェアとしてはMac miniをサーバにする設定方法になっています。が、XserveやMac Proでもほぼ同様の設定で出来ます。クライアント機として使う設定ではないので、注意して下さい。

Yosemiteを新規でインストールにするときはこちらをご覧ください。

MarvericksからYosemiteへバージョンアップさせていく場合は、まずはOSをアップグレードしてからServer.app 4.0をApp Storeから購入します。OSは無料なのですが、Server.appは残念ながら無料ではありません。また、FCPX等はバージョンアップは無料で行われているのですが、Server.appはそうはなっておらず、そもそもが各バージョン毎買い直しというのが毎回不思議と思わせます (とは言えサーバアプリとしてみたら十分安いのですが) 。

まずは、MavericksからYosemiteへのアップデートを簡単ながらフォローします。

1. Mavericks上のApp StoreからYosemiteをダウンロード
2. そのままダイアログに従ってインストールを進める
3. リモートでアクセスしているとインストール後半からマシンが再起動するまで状況が見えないので、心配する部分もあるかと思いますが、グッと我慢して待ちます。
4. インストールが順調に進んで行くと、ログイン画面が表示されます。
5. Server.app 3.0は起動できないのでApp StoreからServer.app 4.0を購入し起動するとServer.app 3.0から4.0に内容が引き継がれます。

以上で、Yosemiteがお使いの環境にインストールされたかと思います。アップデートの場合でも一部設定が変更されデフォルトに戻る事もあるので、一通りの項目は見直します。

また、ネットワークの設定に関しては基本的な設定が出来ることとします。
では、具体的にOS X Yosemiteの設定を見ていきましょう。

1. リモートデスクトップの機能を有効にする

pic10-10

形はクライアントマシンですが、サーバとして使うので常時モニタを繋げる必要はありません。外部入力モニタを持っていない場合(ノート型しか持っていない、古いiMacを使っているなど)でも設定する方法はあります。

買ってきたばかりのマシンはDHCPが有効になっています。ご自宅の環境が静的IPで使っているなら、一度DHCPにして、サーバ機と同じネットワーク環境下に入れてください。そうすると、同じネットワーク上にサーバ機が見えてきます。画面共有ボタンが出ているので、それをクリックしユーザ名を空欄で、パスワードにシリアル番号を入力するとサーバ機の中が(向こうのデスクトップが)見えます。
その後、必要に応じてMac mini Serverを静的IPで使うならネットワークを設定し、「適用」するとリモートの画面から見えなくなりますが、クライアント機をDHCPから同じセグメント内に戻して再度つなぎ直せば、見えるようになっているかと思います。

設定さえ出来れば、必要な時にリモート越しに覗けばいいだけです。

詳しくはAppleのサポートページ OS X Server:リモートサーバを設定する に詳細が出ているのでご覧下さい。

Apple Remote Desktopを持っていなくても、”リモートマネジメント / 画面共有” を使ってアクセス出来るので心配いりません。
システム環境設定 > 共有 > リモートマネージメント
のチェックボックスをチェックして下さい。
リモートでアクセス出来るユーザも限定しましょう。
「次のユーザのみ」の「+」ボタンから利用出来るユーザを登録します。
ユーザがコントロール出来る内容も制御出来るので、オプションから必要な項目をチェックします。この時、”制御” にチェックを入れないとリモート越しに操作出来なくなりますので、最低限 ”制御” はチェックを入れましょう。
Windows、Linuxからアクセスしたい場合、「コンピュータ設定…」からVNCをチェックしてパスワードを入力ましょう。
同じ共有内にに「画面共有」があります。こちらは、VNCクライアント(ビューワー)を使ってアクセスすることしか出来ません。”リモートマネージメント” にチェックを入れている場合は、”画面共有”は選択出来ません。
クライアント側のMacからアクセスする場合、 Finderメニューの移動 > サーバへ接続… から「vnc://サーバアドレス」と打ち込むとサーバにアクセス出来ます。

これで、モニタレス環境のマシンでもリモート越しに見えるので問題なく作業が出来ます。
HDMI入力が出来るTVをお持ちでしたら、Mac miniの出力をHDMIを通してTVに出すことでモニタ代わりに使うことも可能です。

2. Bluetoothをオフにしよう。

pic10-09

モニタが繋がってないという事は、予期せぬ事が起きても気付きにくい事になります。ソフトウェア的な問題であれば防ぎにくい事もありますが、物理的問題から来るトラブルは未然その可能性を塞いでおけば、つまらないトラブルを減らす事に繋がります。Bluetooth対応のデバイスに反応してしまわない様に、機能を止めましょう。特にマウスに反応すると、知らぬ間に色々ボタンを押される事になってしまいます。

続きを読む