The NEW YORK photos of FUJIFILM X100S -38. (2017アメリカ)

The New York Photo by FUJIFILM X100S(2017).

セントラルパークを抜けたら、もうすっかり陽も落ちる直前くらいになっていて、タイムズスクエア方面までてくてくのんびり歩いて行きました。

The New York Photo by FUJIFILM X100S(2017).

東京同様建物は密集していますが、サイズが全然違うので夕陽のビルの窓への光の当たり方が全然違ってとにかく街をカッコよく見せてくれます。こういう雰囲気の良さも、New Yorkにみんなが行きたがることの一つでしょうか。ただでさえ夕陽の段階でドラマチックな感じになるのに、ニューヨークという街がもっとそれを派手に演出してくれている感じがします。

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

続きを読む

The NEW YORK photos of FUJIFILM X100S -37. (2017アメリカ)

The New York Photo by FUJIFILM X100S(2017).

夕方時間が出来たのでセントラルパークを歩いてみました。
4月の中旬だったのですが、結構日差しも強く、半袖+薄い羽織でも十分という感じでした。日本から行くと、なかなか気温が見えないので服装に悩みますよね。結果、寒いくらいなら…と思って暖かくして行って、暑いなと思っちゃう。また、難しいのが朝夜と昼の寒暖差、それに日本との湿度の違いです。日本ほど湿度が高いわけでもないので、むしむしする感じもなく過ごし易いのです。日陰になると、むしろ肌寒かったりもして、本当に難しかったです。ニューヨークは建物が高くて大きいので、日陰がそれなりにしっかりした大きさで出来るので、すぐに陽が当たってあったかくなる…まで、ちょっと距離があったりということが多々ありました。なので、結局どこを基準に服を選べばいいのかが悩むわけで…。
向こうの人は結構、寒いのも平気なのか薄着の人多いですよね。それこそ建物の中はクーラーガンガンですし。同じ基準で服を着ちゃうと寒すぎて辛くなります。服選びは地味にストレスでした(寒いかと思って持って行った服があったけど、結果着ないというオチもあり)。

The New York Photo by FUJIFILM X100S(2017).

ニューヨークの夕方の日差しは綺麗でした。日本と違って夕焼けとは少しちがう色合いで、セントラルパークがなんか輝いていました。こういう色の違いは、違う場所に来たんだなぁと思います。同じ夕方なのに面白いですね。

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

向こうにいた時よりも、帰って来て写真をみていたら、いい場所に居たんだなぁと思いました。後の祭りです、笑。

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

The New York Photo by FUJIFILM X100S.

The New York Photo by FUJIFILM X100S.
All shots taken by FUJIFILM X100S.