ボタンが赤く光るヤツ iPod 3rd Generation 電池交換

iPod 3rd Generation

iPodというAppleにとってある時期重要だった音楽デバイスは、iPhoneに変わり、今やiPodという名前はiPod touchなど初期のiPodの面影を無くしています。ですが、初期の白いiPodの形、サイズ、デザインはなんとも言えず、今も個人的にはその輝きを失ってはいません。
僕は、第3世代iPodを持っており、このモデルはFireWireとUSBに対応したモデルがあって、僕が持ってるモデルはFireWireモデルです。
この第3世代の特徴が、ボタンを長押しする事で、各ボタンのマークが赤いLEDによって点灯する所です。唯一全iPodシリーズでこのモデルだけが搭載している機能で僕はこれが最高にカッコいいと思っています。

そんなこのiPodですが発売が2003年9月です。僕がいつ買ったか正確には覚えていないのですが、2004年7月には第4世代が出ているので、そうなると2003年から2004年にかけてということになります。随分と古いですね。さすがに電池がヘタってしまい、一曲も再生しきる事が出来ない程に電池がダメになってしまいました。
で、色々ネットを回っていたら、電池を交換して復活させる記事を何件か見かけ、分解する事に悩んだのですが、このまま何もせず、手放すくらいならと思って、自分も電池交換してみようと思い立ちました。

Take the iPod 3rd Gen apart

交換する電池は、Amazon等から入手します。取り外し器具付きですが、この器具がこれまた余り使い物になりませんでした…(最後爪の部分が折れて使い物になりませんでした)。また、電池がなぞの中国産のようなので、どれくらいの品質なのかはわかりません。どこでヘタるのかも不明です。
分解サイトでおなじみIFIXITにもパーツがありました。これが安心かもよくわかりませんが。日本に向かっても出荷してくれるようです。
全ては自己責任で分解してとなりますが、Appleに持ち込んでも今やどうにもならないので、致し方ありません。

Take the iPod 3rd Gen apart

取り外し方についてもやはりIFIXITが参考になると思います。 >> (iPod 3rd Generation Battery Replacement) 基本的には何かネジ等で止められているのではなく、上蓋と下のケースが綺麗に隙間が無いようにハマっているだけです。じゃ、簡単に取れるのか?というとそんな事なく。このケースを開ける作業が最大にして最難関な作業でした。15-30分くらい格闘したでしょうか、途中何度も諦めようとも思いました。それくらい開きません。

続きを読む