バニラエアはどうだったか?

VanillaAir

初のLCCでしたが、気になっていたのは乗り方〜乗り心地でした。
LCCはサービスは全然ない、狭い、だから安いと言われていただけに、実際どうなんだろうか?と。

そもそも、バニラエア(Vanilla Air)は、ANAホールディングス傘下にある航空会社です。当初はANA、エアアジアが設立したエアアジア・ジャパンが母体となっています。いわゆる考え方の相違により、ANAホールディングス100%の子会社となり、現在に至ります。

成田第3ターミナルからの登場になります。チケットはWEBから事前よくは出来ますが、チェックインは当日カウンター越しに行う必要があります。これは、LCCは登場荷物の数の制限と重量の制限が厳しいので、厳格にそれを守ってもらうためには機械を使ったオートチェックインを良しとしないのかもしれません。また、どのみち色々問い合わせを受けるなら・・・と言うのも人件費とシステム運用費で考えるとコスト的に色々考えるところがあるのではないかと勝手に考えます。

搭乗するには、待ち合わせ場所で待って時間が来たら席順に呼ばれてバスに乗って飛行機まで移動します。そこから、タラップを昇って搭乗です。これはこれでいいのですが、やっぱ、搭乗ゲートからボーディング・ブリッジを渡って飛行機に乗りたい気分。これがLCCなのかと実感です。

続きを読む

安く飛行機搭乗を遊ぶ

VanillaAir

昨年春過ぎ夏前の話なので少し前の事となりますが、アメリカ出張の後、費用の精算やら、出張報告やらでドタドタと過ごし、それに目処がたったころ、ちょっと息抜きがしたいと思い、思いついたのが、まさかの「飛行機に乗りたい!」でした。ちょっと前に、出張で米国内含めて飛行機、計5便乗ったばかりだったのに、また乗りたくなり…。とにかく「飛行機!」という思いがあったのですが、お金の問題も考えると、安く飛行機にそれなりの時間乗れる方法…として考えたのが「LCCで飛ぶ」でした。

LCCだったら、アジアに安くという方法もあるのかしれませんが、日帰りで往復する時間とかも考慮して、国内線が使える場所を選びました(LCCで台湾日帰り強行もありますが)。

で選んだのが、東京(成田、羽田) – 大阪(関空、伊丹)でした。

続きを読む

その後の Apple Pay -1年間4カ月使ってみて

iPhone 7 で日本でもやっと始まったApple Payですが、日本での iOS のシェアの高さからか急速に利用者が増えて、グローバルな問題は1年先の iPhone X / iPhone 8 (iOS11)まで持ち越しとなりましたが、それでも概ね成功と言っていい結果になったと思います。
そんな Apple Pay ですが、当初は期待していた自分のメインカードのアメックスが使えなくて困惑したり、そこからチャージ型の Softbank カードによるVISA+Tポイントの組み合わせで、マイル+Tポイントの二重取り運用を確立してからは、そのパターンを使い続ける1年でした。

その結果、Tポイントは昨年11月のiPhone Xに買い換える直前で7045pt貯まりました。概ね予想通りでしたが、実はもう少し溜まるのでは?と期待していました(予想では1万いかないくらいを考えていました)。そうならなかった理由は、SoftbankのTポイント3倍キャンペーンが終わってしまったこと。これが何気に大きいですね。

続きを読む