iPhone 12 予備電力機能付きエクスプレスカードは便利

Power reserve message in iPhone 12 Pro

iPhone 7から日本でもSUICAを使えるようになりましたが、iPhone 7、X共に一つ厄介な問題がありました。それは、iPhone本体の電池が切れるとSUICAが使えなくなるという事です。電車乗っている最中にiPhoneの電池が切れたら…なんて悩みがありましたが、iPhone Xs以降の機種では、予備電力機能が付いたエクスプレスカードとして設定出来るようになりました。
これは、iPhone本体の電池が切れても、Appleのサポートサイト曰く “iPhone の充電が必要な状態になっても最大 5 時間まで” は予備電力によりエクスプレスカードに設定したSUICA(もしくはPASMO)が使えるようです。

先日までiPhone Xがメイン機だったのでこの機能を享受する事は出来ませんでしたが、先日iPhone 12 Proにしたので、早速電池が切れたiPhone 12 Proで、予備電力を期待してコンビニでSUICAで支払ったところ、無事お会計出来ました。
上記写真にあるように電池が切れても、メッセージが表示されるので、その期間は使えるようです。

サポートの記述には最大5時間となっていますが、今回僕は電池が切れてから約4時間後でも使えました。一般的には、電車に乗っていて電池が切れても充分予備電力がある状態と言えるという事ですね。

余談:不思議なことに英語によるAppleの “Apple Pay でエクスプレスカードを使う” ページでは、5時間という表記がありません。
Use Express Transit with Apple Pay

今回はコンビニの支払いで確認取れたので、電車に限らずこの予備電力機能はSUICA(PASMO)での支払いにこだわりたい場合はかなり有用だなと実感しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください