富士フイルムのカメラと過ごす時間

Tokyo Sumida-ku - 2020

Tokyo Sumida-ku - 2020

FUJIFILM XQ1

富士フイルムのカメラを始めて買ったのが、XQ1でした。NEX-5NとPowerShot S95を使っていた時、色々写真サイトを見ていて、富士フイルムのフィルムシミュレーションに強く興味を持ちました。
丁度、その時にXQ1が発売されるという情報を得て、迷わず買おうと決めました。2013年11月のことなので6年ちょっと前です。そこから、富士フイルムのカメラにハマります。XQ1は今ほどではありませんが、フィルムシミュレーションがX100と同じ種類があり、X-Trance II搭載とセンサーサイズは2/3インチとコンパクトデジカメにしてはちょっと大きく、非常にハマったカメラです。今でも、持ち出して使う事があるほど愛着があります。

Tokyo Sumida-ku - 2020

そんな中フィルムカメラが欲しくなってきました。でも、仰々しいカメラではなく、自分のスタイルに合う気軽に持ち歩けるカメラです。中古でもいいと思ったのですが、調べてみたら富士フイルムのKLASSE Wがまだ現役として発売されていました。色々あった結果、これも我が家に迎える事となりました。色は他と同じく黒で。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

フィルムは不便な部分もありますが、やはりフィルムしか出せない雰囲気もありますし、フィルムシミュレーションを楽しんでいる事を考えると、そもそものフィルムを楽しみたいと思うようになりました。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

続きを読む

それでもXQ1 – XQ3への夢は消えず

Tokyo - 2020

今日はXQ1から。
まだまだ僕にとっては、FUJIFILM XQ1は良き相棒で、現役のコンデジです。XQ2ディスコン後XQ3を期待していたのですが、残念ながらラインナップ自体が終了してしまいました。
いいカメラなんだけどな。SONYが同じようなサイズのカメラRX100シリーズを出し続けていますが、あんな感じで続けて欲しかったですね。富士フイルムにしか出せない色ってやっぱあると思っていて、それは、 XQ1でも感じることの出来るものでした。少々誤解を招くかもしれませんが、僕にとってXQ1はフィルムカメラNATURAの様な位置づけです。高いカメラでもないけど、ちゃんと味を持っているカメラ。

Tokyo - 2020

XQ3は完全に夢なんだと思いますが、それでもやっぱり欲しい、期待したいと思ってしまいます。
本当にXQ1いいカメラなんですよね。
ただ、あのコンデジと言われるジャンルは、もはやiPhoneには太刀打ち出来ないし、高級コンデジ、もしくはミラーレスへの入り口の機体としても位置付かない事も確かだと思います。

Tokyo - 2020

けど、ちょっと路線を変えて、入門的な位置づけではなく、これはこれで立派なカメラとして見直して貰うと、なんとなくこのXQ1の位置付けのカメラあっても良いような気がしませんか?

Tokyo - 2020

All shots taken by FUJIFILM XQ1

お久しぶりです – 2020

Tokyo 2019 by FUJIFILM X100S.

大変、ご無沙汰な投稿です。
誰が待っていたのか?と言われると、読者の数も多くはないので、そうですね・・・となってしまいますが、あえて上記の一言から始めさせてください。
色々ありまして、なかなか時間的余裕も、気持ちの余裕も持てずで、更新もほったらかしになっていました。
その間投稿できるようなネタもあったのですが、どうにも筆が進まないというか、キーボードを叩く感じになれなませんでした。

Tokyo 2019 by FUJIFILM X100S.

写真も撮ってるようで撮ってなく、iPhoneで撮る回数が増え、手軽な方向に気持ちが走りつつ、それはそれでiPhoneもいいのですが、やはり物足りないという気持ちは膨れ上がるばかりでちゃんとカメラで撮りたいという気持ちと、撮るという行為にやや気持ちが繋がりきれませんでした。

Tokyo 2019 by FUJIFILM X100S.

ただ、やっと色々気持ちに整理がつき始め、あらためてまた色々再開しようと。ただ、あまり無理してもしょうがないので、肩張らず気ままにまたダラダラ再開させます。と言いながら途切れたらごめんなさい、笑。

続きを読む

iOSがロングライフデザインを引き出すか?

前回の補足です。

今でも十分使えるというのはスペックで語る事よりも使用感で使えるかどうかで判断しました。スペックも大事ですが、しかし多くの人にとってスペックが指し示す数字の意味を感じることも、理解する事も出来ません。
iOSがもたらすデザインとしての強さはスペックに見えない部分 – 使用感です。よく言われるのが、スクロール中にカクつかない。これは、スペックでは、数字を見てるだけではわかりません。そういう瞬間的に見えた動きから直感的に来るであろう動き全体が自然に使えること、インタラクションが変わらない事がiOSの強さであり、iPad Air 2が未だ使えると感じているところです。レスポンスに不満もありませんし、仕事でもあちこちでMacBook Proの変わりにメモ取り用として持ち歩いてます。

次期iOS12はiOSをオーバーホールして軽量化されるという事ですが、あえて古いデバイスも動作対象としてるということは、おそらくですがその先iOS13にも対応してくるだろうと思ってます(気が早すぎる話ですが)。

そうやって長く使えるデバイスになるということは、OSそのものがデバイスが持つパワーをしっかり引き出しているという事です。裏を返せば向上するCPUパワーだけで処理を押し切らない。本当は各デバイスが本来持ってるパワーを引き出す、それがつまり物が長く持つ事になり、結果的にデジタルデバイスにとってのロングライフデザインの一部となり得るのじゃないかと思うのです。

しっかり使える、その為にデバイスのパワーを引き出すOS、Appleがやろうとしている事は、単に処理を速くするという事ではなく、お客さんが買ったApple製品との関係性を改めて見つめ直す機会になるべく、そしてそれが更に良好な関係へとなるよう、iOSの最適化を決断したのではないかと思うのです。

せっかく高いお金を払って買ったデバイスですから、少しでも長く元気に快適に動いてくれるようにしてくれる事が嬉しいですよね。

変わらないiPad Air 2 – デジタルデバイスにおけるロングライフデザインとは

iPad Air 2

デジタルデバイスは、新しければ新しい程処理が速く、付加機能が追加されて、そしてスタイリングを変えて過去の製品と差別化を行うというのがほとんどの製品のスタイルである。一方でAppleは、外見はほぼ同じで、中身を変えてくるという事をしており、表面上のスタイリングは、流行とは少し離れたポジションで、製品を展開している。

一方デジタルデバイスではなく、日用品と言われる、古くから長く使われている物もいっぱいある。中でも普遍的な物をロングライフデザインとしてデザイナー、ナガオカケンメイさんは提唱している。

これは、進化と相反する物だから成立するのか?
日進月歩の進化こそ全てなデジタルデバイスでは適用出来ない話か?
その判断は難しいところだろう。

さて、タイトルにもなっているiPad Air 2。僕の愛機である。発売日に購入し、以後ずっと愛用している。海外にも、一緒に旅立っている。
2014年10月16日に発売日されているため、まもなく5年目を迎える事となる。iPad Air 2については以前も記事にしている ( – 珍しく息の長い製品にiPad Air 2 )。

冒頭の一般的なデジタルデバイスの事情から考えると4年落ちのデバイスと言われると、やや不安に思えてくるだろうか?しかし、使っている当人としてみれば、全く違和感を感じる事なく、今でも充分使えるマシンとして、僕の仕事を支えてくれている。
なかなか優秀な相棒である。

続きを読む