Design of Apple Watch (wired.jpより)

applewatch_wired

年末年始の時間で、少しネットの世界をグルグル回っていました。そしたらApple Watchについて面白記事がWIRED.JPに掲載されていたので、ご紹介しようと思います。

Apple Watchの開発は、ソフトウェア面をAdobeから来たKevin Lynchが主導的に行いました。Appleのイベントでも彼がステージに立ってApple Watchを紹介していますね。
そんなKevin Lynchの側面から見たApple Watchの開発エピソードです。
>> iPhone Killer: The Secret History of The Apple Watch iPhoneよ、さらば/Apple Watchとジョブズのいない革命

結構な分量が書かれており、興味深いエピソードが多いですね。主なものを抜粋しますと…

・Kevinは来るまで何やるかわかっていなかった。
・Alan Dyeというヒューマンインターフェイスデザイナーの存在
・昼にiOS7、夜にApple Watchの検討を重ねていた
・スマートフォンが人生をダメにしているという考え
・ゴールは電話からの解放
・デジタルクラウンまでをも再現した、初期のiPhoneをマジックテープで留めたプロトタイプ
・Apple Watchがうまく機能するためには、スピードが重要であるとわかった
・モデル数を限定的にするというAppleの方針を破ることにした
・SportsとEditionは、大きく異なる製品

詳しくは是非、記事を読んでみてください。

一方、同じみJonathan Iveの視点で見たApple Watchの記事です。
>> ジョナサン・アイヴが答えた「アップルのデザイン」:そのルーツからApple Watchに至るまで #WXD

Apple Watch以外も含めての記事ですが、Jonathan Ive 本人がコメントしてる点が、貴重ですね。

Apple Watchについては、色々な議論が各所で行われています。ただ、テクノロジー、ガジェットとしての側面の話が多く、デザインという切り口でApple Watchを引いては、ウェアラブルデバイスを語った記事は少なく、そういう意味では、どちらの記事も読み応えのある記事でした。
なかなか、Appleの人が語らない事でも、このそれぞれの記事には資料的価値もある様に思えます。

関連
>> ジョナサン・アイヴの昇進から見える「アップルの未来」
>> ジョナサン・アイヴ、Appleのデザインを語る

Jonathan Iveについてはこちらの本もオススメです。
>> JONY IVE ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

その後のApple Watch (8ヶ月過ぎて)

Apple Watch Sports with iPhone 6s

Apple Watchが4月24日に発売されて、間もなく8ヶ月を迎えようとします。その間、watchOSが、2.0になり、先日2.1となって着実な進化が進んでいます。
リリース時から見ると、1.0 > 1.0.1 > 2.0 > 2.0.1 > 2.1と着実にアップデートを繰り返しています。
僕は仕事の都合で発売日翌日に手に入れたApple Watch Sports(その1その2その3)。
買ってから3か月使ってみたレビューも書いています。

まだまだ、Apple Watchには、進化、改善すべき余地があるデバイスですが、最近ネットでよく見かける様になった記事があります。

Apple Watch止めてみた、止めました、まだしているの?

という様な記事です。
具体的にどの記事だとは言いませんが、最近ちらほら散見されますよね。twitterにもつぶやきましたが、やめた事がイケているわけじゃないと思うんです。

続きを読む

Apple WatchをiPhone 6sとペアリング

Apple Watch and iPhone 6s

iPhone 6sに移行したので、Apple Watch (Sport)のペアリング相手をiPhone 6からiPhone 6sに移行させなくてはいけません。でないと、Apple Watchが使い物にならなくなっちゃう…という事で早速移行させました。
新しいiPhoneに変えたらどうなるんだ?というのと同じですね。

まずは、ペアリングの解除。
Appleのサポートページ Apple Watch と iPhone のペアリングを解除する を見ながら、iPhone 6からペアリングを解除します。

続いて、iPhone 6sでApple Watchとペアリング開始。
iPhone 6sに入っているApple Watchアプリからペアリングを開始します。
ペアリングするとアクティビティアプリがiPhone側に出てきます。
その後、watchOS2へアップデート。
watchOS2へはiOS9からしか出来ないため、iPhone 6sが来るのを待っていました。
(iPhone 6はiOS8.4.1で打ち止め)

アップデートには、思いの外時間がかかります(かなりかかりました)。

Apple Watch and iPhone 6s
1からセットアップになります。

ペアリングを解除した事で、一度Apple Watchはリセットされた状態へとなります。
写真とかも完全に消えてしまいます。やっぱそこはApple Watch単体では成立しないんですね。ただし、取得したデータはアクティビティに残っています。ペアリングしないとアクティビティアプリは出てこないけど、ペアリングを解除してもアプリは残ります。サーバ(iPhone)-クライアント(Apple Watch)みたいな関係ですね。
解除〜再ペアリングもなかなか時間がかかりました。

後は手順に沿っていけば、Apple Watchが新しいiPhoneで使える様になります。

Apple Watch and iPhone 6s

Apple Watchのオススメアプリは?

Apple Watch Sports

Apple Store Sendaiichibancho内をぶらぶらしていたら、店員さんに声をかけられ、Apple Watchのオススメアプリは何か?と聞かれました。ユーザの使用動向をそれとなく調べている様ですが、今回質問されて考えると、オススメは…特にはっきりとなくて、やっぱりApple Watchが持つ通知とiMessageでした。

今のところ僕にとってのApple Watchは前にも書きましたが、通知であり、音声入力でiMassageが返せること+フィットネスの数字のようです。幾つかアプリも入れてみたけど、結局Apple Watchの画面サイズであれこれやりたいか?と言われるとなかなかなくて、カレンダーの確認はするけど、結局複合的にみたいから、iPhoneを見ちゃう。次の予定が表示されて確認できるのは便利だけどね。

だから、なかなかオススメは?と言われると難しく…。もしかしたら、もう少し処理速度が上がれば、違ってくると思いますが、今はちょっとtwitter見るにしても一呼吸必要で、ちょっとそこはと思いますね。

ただ、通知に関しては、ずっとデスクワークしているわけではないので、いろいろな場面で教えてくれるのでそれは大変助かっています。だから、オススメは?と聞かれたら「通知」なんです。

その後のApple Watch Sports (3カ月使ってみて)

Apple Watch Sports

色々な期待とともに発売されたApple Watch。僕の手元に発売日翌日来た Apple Watch Sportsも3ヶ月がたちました。
まだ3ヶ月なんですね、気分はもっと長くつけている感じなんですが。

製品発表から発売されるまで半年近くかかり、色々な期待、噂、懸念の声がネットを駆け回っていました。発売された今でもその是非について色々な意見が飛び交っていますね。それぞれの意見にはそれぞれの見解があるわけですが、僕個人がこの3ヶ月使った感想を以下の項目で述べたいと思います。

・通知としてのApple Watch
・電池について
・つけている必要があるということ
・フィットネスとしてのApple Watch
・音声入力
・デザインについて
・着信の遅れ
・反応していない?Taptic Engine
・Sportsバンドに色移りが発生

⚫︎通知としてのApple Watch
最初のレビューにも書きましたが、iPhoneを意識する時間は(何か来ていないかと確認する時間も)本当に減りました。今はもうそれに慣れてしまいましたが(人間とはあっという間に変化に慣れてしまう贅沢な生き物ですね)、こんなに意識が変化するんだなぁというのを実感させられます。とにかくちょこちょこiPhoneを見ることが減りました。その分、Apple Watch Sportsを見ている時間が増えているかもしれませんが、笑。ただ、気になるのは基本メール等通知が無いか?なので、下げている手を手元に持ってくるだけで表示されるApple Watchは、iPhoneをポケットから取り出してスリープボタン(電源ボタン)を押して通知を確認するよりもはるかに確認のステップが楽です。なんせApple Watchの画面上部に赤い点があれば、何か通知があることを示しているので、その点があるか無いかを確認してなければ手を下げればいいのです。
また、仕事でバタバタしている時ほど、サッと通知してくれるApple Watchは本当に便利で今すぐ必要な事なのかそうでないかが瞬時に判断できます。これは、大きい。

続きを読む