iPhone 12 予備電力機能付きエクスプレスカードは便利

Power reserve message in iPhone 12 Pro

iPhone 7から日本でもSUICAを使えるようになりましたが、iPhone 7、X共に一つ厄介な問題がありました。それは、iPhone本体の電池が切れるとSUICAが使えなくなるという事です。電車乗っている最中にiPhoneの電池が切れたら…なんて悩みがありましたが、iPhone Xs以降の機種では、予備電力機能が付いたエクスプレスカードとして設定出来るようになりました。
これは、iPhone本体の電池が切れても、Appleのサポートサイト曰く “iPhone の充電が必要な状態になっても最大 5 時間まで” は予備電力によりエクスプレスカードに設定したSUICA(もしくはPASMO)が使えるようです。

先日までiPhone Xがメイン機だったのでこの機能を享受する事は出来ませんでしたが、先日iPhone 12 Proにしたので、早速電池が切れたiPhone 12 Proで、予備電力を期待してコンビニでSUICAで支払ったところ、無事お会計出来ました。
上記写真にあるように電池が切れても、メッセージが表示されるので、その期間は使えるようです。

サポートの記述には最大5時間となっていますが、今回僕は電池が切れてから約4時間後でも使えました。一般的には、電車に乗っていて電池が切れても充分予備電力がある状態と言えるという事ですね。

余談:不思議なことに英語によるAppleの “Apple Pay でエクスプレスカードを使う” ページでは、5時間という表記がありません。
Use Express Transit with Apple Pay

今回はコンビニの支払いで確認取れたので、電車に限らずこの予備電力機能はSUICA(PASMO)での支払いにこだわりたい場合はかなり有用だなと実感しました。

ドトールはスイカで払って、Tポイントを多く得よう

DOUTOR COFFEE

iPhone 7 + Softbankカード + Tポイントの活用ネタです。

ドトールコーヒーは、Tポイントを貯めることが出来るカフェです。お会計時、Tポイントカードを出すと、ポイントを着けてくれます。100円で1ポイント貯まるので、普通にコーヒー飲めば、値段分Tポイントが溜まります。

お支払いは、カードが使えず現金かSuicaです。Tポイントが既に着いているので油断しがちですが、支払いはSuicaで行いましょう。そうするとSoftbankカードからSuicaにチャージした分は、それはそれでTポイントが付きます。ある意味、Tポイントの二重取りが出来るんです。

なかなかお得だと思いませんか?
ドトールは全国に1116店舗あるようなので、どこでもいいから一息つきたい場合、ドトールにして支払いをSuicaにする事でお得にTポイントを得ることが出来ます。

その後のApple PayとTポイント (2ヶ月たって)

10月末からスタートしたApple Payですが、Softbankカードを使うことで溜まるTポイントですが、2ヶ月たって2017/1/1の時点でTポイントが1404ポイントでした。月約700ポイントの計算となります。となると年ベースで考えると8400ポイントとなります。Tポイントは、ソフトバンクで機種変、購入する時に1ポイント1円として使えるのでiPhone買う段階で約8400円の値引きが期待出来ます(実際は、今年は10月末からなので、次を例年通り9月と想定すると10ヶ月なので約7000円になります)。

例としてiPhone7 128GBの機種変の金額をベースで見てみると、ソフトバンクの場合¥99840円します。月々割によって実質負担額が¥32040円になります。そこにTポイント分約¥7000円を使うとすると、¥25040円になります。そう考えるとこの約¥7000円(年計算約¥8400円)のTポイントはバカにならないですよね。

端末代が下がれば、各月で払うコストも下がることになります。地味ですが月額のランニングコストを下げることが出来るのは色々な意味で大きいですよね。

最終的にどれくらいのポイント数が貯まるか楽しみですが、引き続きコツコツ貯めて行こうと思います。Apple Pay+Softbankカードの組み合わせにした事で、Tポイントが5倍着くのでファミリーマートを使う回数が突然増えました、笑。

Apple PayとTポイントについてはこちらもご参照ください。
Apple Payが使えないアメックスも活かせる最強SoftBankカード
Apple Pay使い始めて感じたこと
Tポイントを貯めるならiDよりSuicaがいいっぽい

Apple Pay TV ads in Japan

Apple was started Apple Pay TV ads in Japan. The following YouTube movie is the official ads from Apple Pay partner.

“A yearning Apple Pay” ver.
The mobile carrier company Docomo services there brand credit card “d card”.

Softbank Shirato family “Godzilla vs Father(dog)” 30sec ver.
SoftBank is the mobile carrier in Japan. They also hold Sprint too. This ads collaborate with the movie of Shin Godzilla.

Demaekan by Apple Pay 30sec ver.
The Demaekan is the delivery service on pizza, sushi and more. There mobile app can pay by the Apple Pay. This is the 30 second ads.

Demaekan by Apple Pay 15sec ver.
This is 15 second version by the Demaekan.

Sumitomo Mitsui Card Company TV ads gramophone record ver.
Sumitomo Mitsui Card Company is the credit card company by VISA. This is the men buy the gramophone record by Apply Pay.

Sumitomo Mitsui Card Company TV ads red dress ver.
Sumitomo Mitsui Card Company is the credit card company by VISA. This is the women buy the red dress by Apply Pay.

Apple Pay has arrived.
This is a introducing Apple Pay from Apple.

iPhone 7 – Race
This is the Apple Pay TV ads by Apple.

Apple Payが乗り越えていかなくてはいけない課題

Apple Pay sign in Japan.

サービスが開始されたApple Pay。サービス開始後すぐに使ってみた人も多いのではないでしょうか?かく言う僕は既に虜になっている一人です。

使用感に関してはまた、別記事にて書いているのでそちらをご覧頂きたいのですが、わかって来た事があります。Apple Payのマークとともに「Overseas Apple Pay device is not available」という表記や「Suica, ID, QUICPay Only」が出ています。要するに「海外のApple Pay対応デバイスは使えません/スイカ、ID、クイックペイのみ」という事です。

もともと、日本でApple Payが使えるようになったのは、Felica (NFC Type F)が国際規格となったのが、大きなきっかけです。一方、アメリカのApple PayはNFC Type A/Bです。
つまり規格が違うのです。iPhone 7が出た時に散々日本でApple Payを使いたいなら、日本で買えと言われてた事からもわかりますが、米国版iPhone 7を持って来ても使えないんです。

それでいいのか?

続きを読む