OS X El CapitanにFinal Cut Studio(2009)のインストール

elcapitan_fcs
OS X El CapitanではFinal Cut Studio(2009)は動くのか?(主に気になったのはFinal Cut Pro 7)。 Yosemiteの時にすでに、Motion 4は動かないことが確認出来ていましたが、とは言えど、再トライということで、Final Cut Studio(2009)をインストールしてみました。

結果

Motion 4以外は、Final Cut Studio (2009)の各ソフト(FCP7等)は起動可能。

という内容でした。
細かい機能詳細までは確認できていませんが、FCP7の場合、ProResコーデックのタイムライン作成、編集、書き出しは問題なく出来ました。

続きを読む

OS X El Capitan インストールとUSB/DVDインストールメディア作成

 

Unknown-1予定通り9/30(日本では10/1早朝)にリリースされたOS X El Capitan。
ここ最近のバージョンのリリース同様、El CapitanもApp Storeからのダウンロードによるインストールです。が、毎回1年に一回このタイミングで再インストールしてマシンをクリーンにしたい僕は、アップデートではなく、クリーンインストールを実施していました。

まずは、El Capitanの動作対象機種から。

  • MacBook(Early 2015)
  • MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air(Late 2008以降)
  • Mac mini(Early 2009以降)
  • iMac(Mid 2007以降)
  • Mac Pro(Early 2008以降)
  • Xserve(Early 2009)
  • Yosemiteの頃と変わっていません。
    Xserveも今回動作対象として残っているのが嬉しいですね。

    毎回DVDのインストールディスクを作成していた(Yosemite, Mavericks)ので、今回もDVDインストールディスクを作りました。Yosemiteと同じ方法でできたのですが、一つ問題がありました。
    我が家は、DHCP環境下ではなく、静的IP環境なので、毎回networksetupコマンドを使ってアドレスを着けていましたが、何故かnetworksetupコマンドがありません。
    ipconfigコマンドでアドレスを指定することは出来ましたが、DNSサーバを指定することが出来ず…DVDインストールディスクによるインストールは諦めて、USBメモリを使ったインストールを行いました。

    USBメモリを使ったインストールメディア作成はYosemiteの時と同じです。Apple Support PageにもUSBメディア作成方法が掲載されています。

    sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/MyVolume –applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app
    (USBメモリのボリューム名をMyVolumeとしています)

    Mac起動時optionキーボタンを押しながら起動することで、USBメディアが出てくるので、インストールしたUSBを選んでください。
    あとは、流れに沿ってインストールしていくだけです。
    (Yosemiteのシステム環境設定からの起動ディスクには上がってきませんでした。)

    僕の場合は、クリーンインストールを行うので、USBメディアから起動後、ディスクユーティリティを立ち上げて、一度HDDをフォーマットします。これで、アップグレードインストールではなく、USBからのクリーンインストールになります。

    参考までにDVDメディアの作成は以下になります。

    A. OS X El CapitanのDVDインストールディスクの作成
    1. Mac App StoreでEl Capitanのダウンロード
    なにはともあれ、これが無いと始まりません。ダウンロードのみで先には進めないでください。ダウンロードしたファイルは、アプリケーションフォルダ内に「El Capitan インストール」というアプリケーションが出来ていると思います。

    2. 隠しファイルを操作する必要があるため、コマンドプロンプトで
    $ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
    $ killall Finder

    を入力します。

    3. OS X El Capitan インストール.appで右クリックして “パッケージの内容を表示” をクリックします。

    4. Contents > SharedSupport > InstallESD.dmg をダブルクリックしてマウントします。

    5. 隠しファイルとなっていた(薄く表示されているはず)BaseSystem.dmg を右クリックしてディスクユーティリティで開きます。

    6. ディスクユーティリティでBaseSystem.dmgを選んで”ディスク作成”でDVDに焼きます。

    7. OS X Base Systemというインストールディスクが出来ます(容量1.25GB程)。

    8. Macの電源を落としOptionキーを押しながら起動させると、DVDインストールメディアが表示されます。

    以上でOS X El Capitanのクリーンインストールは完了です。後は、App Storeや手持ちのディスクからアプリをインストールしたり環境を思い思いに設定するだけです。

    Mac mini serverの基本構築 (Server.app 4.0 / 10.10 Yosemite編)

    osxserver1010

    先日のiPad Air 2が発表されたイベントで一緒にアナウンスされたYosemite。合わせてServer.app 4.0もリリースされ、Mac miniもリニューアルされたのですが、それまであったMac mini serverモデルはラインナップから消えることとなりました。まぁ、サーバモデルと言ったって、Server.appがデフォルトで着いているかどうかの差でしかなかったので、必要な人はAppStoreから買ってくださいという事でしょうか。

    当ブログでは過去にLion Server(Server.app 1.0)、Mountain Lion Server(Server.app 2.0)、Mavericks Server(Server.app 3.0)を使う上でのOS Xの基本構築を過去に上げてきましたが、Yosemite版となるServer.app 4.0を使うにあたってのOS X Yosemiteの基本設定をまとめてみました。

    ハードウェアとしてはMac miniをサーバにする設定方法になっています。が、XserveやMac Proでもほぼ同様の設定で出来ます。クライアント機として使う設定ではないので、注意して下さい。

    Yosemiteを新規でインストールにするときはこちらをご覧ください。

    MarvericksからYosemiteへバージョンアップさせていく場合は、まずはOSをアップグレードしてからServer.app 4.0をApp Storeから購入します。OSは無料なのですが、Server.appは残念ながら無料ではありません。また、FCPX等はバージョンアップは無料で行われているのですが、Server.appはそうはなっておらず、そもそもが各バージョン毎買い直しというのが毎回不思議と思わせます (とは言えサーバアプリとしてみたら十分安いのですが) 。

    まずは、MavericksからYosemiteへのアップデートを簡単ながらフォローします。

    1. Mavericks上のApp StoreからYosemiteをダウンロード
    2. そのままダイアログに従ってインストールを進める
    3. リモートでアクセスしているとインストール後半からマシンが再起動するまで状況が見えないので、心配する部分もあるかと思いますが、グッと我慢して待ちます。
    4. インストールが順調に進んで行くと、ログイン画面が表示されます。
    5. Server.app 3.0は起動できないのでApp StoreからServer.app 4.0を購入し起動するとServer.app 3.0から4.0に内容が引き継がれます。

    以上で、Yosemiteがお使いの環境にインストールされたかと思います。アップデートの場合でも一部設定が変更されデフォルトに戻る事もあるので、一通りの項目は見直します。

    また、ネットワークの設定に関しては基本的な設定が出来ることとします。
    では、具体的にOS X Yosemiteの設定を見ていきましょう。

    1. リモートデスクトップの機能を有効にする

    pic10-10

    形はクライアントマシンですが、サーバとして使うので常時モニタを繋げる必要はありません。外部入力モニタを持っていない場合(ノート型しか持っていない、古いiMacを使っているなど)でも設定する方法はあります。

    買ってきたばかりのマシンはDHCPが有効になっています。ご自宅の環境が静的IPで使っているなら、一度DHCPにして、サーバ機と同じネットワーク環境下に入れてください。そうすると、同じネットワーク上にサーバ機が見えてきます。画面共有ボタンが出ているので、それをクリックしユーザ名を空欄で、パスワードにシリアル番号を入力するとサーバ機の中が(向こうのデスクトップが)見えます。
    その後、必要に応じてMac mini Serverを静的IPで使うならネットワークを設定し、「適用」するとリモートの画面から見えなくなりますが、クライアント機をDHCPから同じセグメント内に戻して再度つなぎ直せば、見えるようになっているかと思います。

    設定さえ出来れば、必要な時にリモート越しに覗けばいいだけです。

    詳しくはAppleのサポートページ OS X Server:リモートサーバを設定する に詳細が出ているのでご覧下さい。

    Apple Remote Desktopを持っていなくても、”リモートマネジメント / 画面共有” を使ってアクセス出来るので心配いりません。
    システム環境設定 > 共有 > リモートマネージメント
    のチェックボックスをチェックして下さい。
    リモートでアクセス出来るユーザも限定しましょう。
    「次のユーザのみ」の「+」ボタンから利用出来るユーザを登録します。
    ユーザがコントロール出来る内容も制御出来るので、オプションから必要な項目をチェックします。この時、”制御” にチェックを入れないとリモート越しに操作出来なくなりますので、最低限 ”制御” はチェックを入れましょう。
    Windows、Linuxからアクセスしたい場合、「コンピュータ設定…」からVNCをチェックしてパスワードを入力ましょう。
    同じ共有内にに「画面共有」があります。こちらは、VNCクライアント(ビューワー)を使ってアクセスすることしか出来ません。”リモートマネージメント” にチェックを入れている場合は、”画面共有”は選択出来ません。
    クライアント側のMacからアクセスする場合、 Finderメニューの移動 > サーバへ接続… から「vnc://サーバアドレス」と打ち込むとサーバにアクセス出来ます。

    これで、モニタレス環境のマシンでもリモート越しに見えるので問題なく作業が出来ます。
    HDMI入力が出来るTVをお持ちでしたら、Mac miniの出力をHDMIを通してTVに出すことでモニタ代わりに使うことも可能です。

    2. Bluetoothをオフにしよう。

    pic10-09

    モニタが繋がってないという事は、予期せぬ事が起きても気付きにくい事になります。ソフトウェア的な問題であれば防ぎにくい事もありますが、物理的問題から来るトラブルは未然その可能性を塞いでおけば、つまらないトラブルを減らす事に繋がります。Bluetooth対応のデバイスに反応してしまわない様に、機能を止めましょう。特にマウスに反応すると、知らぬ間に色々ボタンを押される事になってしまいます。

    続きを読む

    OS X Yosemite インストールとDVDインストールディスク

    OS X Yosemite install

    product_osx_mavericksOS X El Capitanのインストールメディア作成はこちらをご覧ください。>>

    先日の10/16(日本時間17日am2:00)からのApple Special Eventを得てリリースされたOS X Yosemite。OS Xとしては11個目のメジャーリリースです。もはやOSは買うものであり、インストールメディア(Flopy / CD / DVD / USB)が存在していた事を忘れる様な気がしてきますが(Macの世界においてはですが)、今回のYosemiteもApp Storeからのみの無料で入手となります。OS X Yosemite対応マシンは以下になっています。

    ・iMac(Mid 2007以降)
    ・MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
    ・MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
    ・MacBook Air(Late 2008以降)
    ・Mac mini(Early 2009以降)
    ・Mac Pro(Early 2008以降)
    ・Xserve(Early 2009)

    嬉しいですね。まだ、Xserveが動作対象リストに入っています。最後のXserveがリリースされてから5年(販売終了からは3年半程)が経つのに…。

    続きを読む

    いよいよWWDC 2013とWWDCアプリがリリース

    wwdc
    いよいよ来週(6/10-14)WWDC 2013が開催されますね。Appleの開発者向けイベントとして開催されるWWDCは、過去OSを中心に色々発表されてきた重要なイベントです。今年は、IOS 7、OS X 10.9が中心となりそうな雰囲気ですね。

    さて、そのWWDC 2013の公式アプリが登場しました。昨年もWWDC 2012アプリが出ましたが、今年はWWDCというアプリ名でリリースされています。昨年は、WWDC参加ユーザしか見る事が出来ませんでしたが、今年は開発者アカウントは持っているけど非参加という人もログイン可能です。
    過去2011、2012のWWDCの各セッションのビデオを見る事が可能です。これについては、開発者サイトでログインすれば見る事が可能なのと同じですね。ただし、WEBサイトからはプレゼンのシートがPDFで見る事が出来ますが、アプリ内ではビデオのみとなっています。また、WWDCのこのページによると

    Starting June 10, we’ll post session videos from WWDC 2013 every day.

    と書いてあり毎日各セッションのビデオが公開されるようで、行けない人たちにも早く情報を届けようとしてくれています。今年のWWDCのチケットは2分で販売が終了してしまったので、行きたかったのにという人には、少なくとも各セッションビデオはすぐ見れるというのがありがたいですね。更にはそのアプリ内では各日のスケジュールも見る事が出来るので、今年のWWDCの傾向を見る事も出来ます。もちろん現時点ではまだ詳細非公開のイベントも含まれているのは、毎年の通りです。これも後一週間WWDCの開幕とともにわかりますが、残り1週間今年は何が起きるか?を予想するのも面白いでしょう。

    実はWWDCが今年のAppleとしては最初の公式イベントになるんですよね。そして、Scott Forstallが辞めてからの初のイベントでもあります。そういう意味でも、Appleの今後を見る事が出来るイベントにもなりますね。

    OS X Lion 新ホワイトペーパー

    Appleが、OS X Lionの新しいホワイトペーパーを公開しています。
    http://www.apple.com/jp/training/learn/lion.html
    以下のPDFが用意されています。
    ・Mac Integration Basicsガイド
    ・エンタープライズにおけるMacの評価および導入の方法とベストプラクティス
    ・OS X LionとActive Directoryとの統合に関するベストプラクティス
    ・OS Xセキュリティ
    ・Macユーザーのサポート:セルフサポートモデル
    ・OS X Lion搭載のMacコンピュータ導入におけるベストプラクティス
    ・構成プロファイルを使用したOS Xの管理

    Apple Certified Associate:Mac Integration 10.7向けに作られたドキュメントですが、OS X Lionに対する理解を深める良いドキュメントとなっているはずです。

    Mac関係ドキュメントの更新

    Apple発のドキュメントの更新がいくつかあったのでメモ。
    OS X Lion Serverのドキュメントが、第二版に更新されてます。
    具体的にどこが変更されたかはわかりませんが…。
    サーバの基本的な設定を確認していく上でドキュメントは必須です。未だ日本語化されないのは残念ですが、ページ右上のプリンタアイコンをクリックすると印刷画面が出てきますので、ここからPDFとして出力する事が出来ます。iPadに入れるなどして手元に置いておきたい一つです。
    続きを読む

    OS X Lion Serverを10.7.1へアップデート

    OS X Lion Serverについて2度程、レビューを書いていますが、ちょうどタイミングよく(?)初めて、OSのアップデータ 10.7.1がリリースされました。
    OS X Lion 10.7.1 – アップデート (デスクトップシステム用)

    上記サイトから、クライアント版の10.7.1のアップデータがダウンロードできます。
    もちろん、ソフトウェア・アップデート経由でのアップデートも可能です。
    App Storeからは出来ません。

    さて、サーバ版はどうなっているのかというと、ちゃんとサーバ版のアップデータも用意されています。
    OS X Lion 10.7.1 – アップデート (サーバシステム用)
    最初、サーバはApp Store経由で入れているから、クライアントのOS X Lionをアップデートしてから、App Store経由になるのかと思っていました。
    でも、ソフトウェアアップデートには、”Mac OS X Server アップデート”の文字が。ちゃんとサーバOSとしてアップデートされるようです。
    続きを読む

    OS X Lion Server の設定方法

    前回のポストではOS X Lion Serverのインストールまでを行ってみた。

    今回はLion Serverでの変更点や設定方法に触れたいと思う。

    08/28追加 rootユーザとユーザ登録に若干問題?がありそうです。下記にその対策をのせました。
    注:Lion Server -rootとユーザ登録の問題-

    Lion ServeはSnow Leopard Serverから、いくつかの機能がなくなったり、変更になっている。無くなった機能は以下になる。
    ・FTP
    ・MySQL -PostgreSQLが代わりに実装されている。
    ・Tomcat
    ・Axis
    ・Mobile Access -プロファイルマネージャが新たに実装されている。
    ・Print Service -CUPSへ移行された。
    ・QuickTime Streaming Server

    続きを読む

    OS X Lion Serverをセットアップ

    ちょっと落ち着いたので、Mac mini Server(Mid 2010)を、OS X Lion Serverにしました。
    iMacの時同様クリーンインストールを行いたかったので、まずはその算段を決めました。
    Snow Leopard Serverの時は、リモートインストールがあったので、それでインストールを行いましたが、Lionはそもそもサーバソフトが別扱いなので、リモートインストールは出来なさそう・・・。
    そこで、Mac mini Serverをターゲットディスクモードで起動し、FireWire 800でiMac(お手持ちのLion対応機ならなんでも可)につなぎます。前回作成したLionインストールディスクを使ってiMacをC起動で、インストールディスクから起動させます。*

    続きを読む