Nobody’s in Hibiya OKUROJI – Tokyo Streetphotography by FUJIFILM X100V – 26

誰もいない日比谷 OKUROJI

HIBIYA OKUROJI

FUJIFILM X100V

早朝6時の日比谷 OKUROJIです。
有楽町〜新橋の高架下にできたJR東日本による都市開発プロジェクトです。
2020年9月開業でコロナ真っ只中の開業だったのでテレビで特集されているのは見ましたが、足を運ぶ機会がありませんでした。今回思い立って誰もいないであろう早朝を言ってみましたが、誰もいませんでした、笑。おかげで、高架下の構造を丸々感じることが出来る時間ではありました。柱がたくさんあり、外とのつながりはアーチ上になっている姿がわかったりと。また、古い煉瓦の作りを感じることが出来る壁が、あえてだと思いますが見えていて、新しい場所としてだけでなく、歴史ある場所であることもまたメッセージが見えてきます。100年以上の歴史がある高架橋のようですが、こういう姿で共存できるのは良いですね。


This is Hibiya OKUROJI in the early morning at 6:00 a.m.
This is an urban development project by JR East that was built under the elevated Yurakucho – Shimbashi railway line.
I saw it featured on TV, but never had a chance to visit it because it opened in September 2020, right in the middle of COVID-19.
This time I thought of it and said early in the morning when no one would be there, but no one was, lol. But thanks to that, it was time to get a full feel for the elevated structure. There were many pillars, and the connection to the outside could be seen in the form of an archway.
It is good that we can coexist in such a way, even though the viaduct seems to be more than 100 years old.

HIBIYA OKUROJI

FUJIFILM X100V

HIBIYA OKUROJI

FUJIFILM X100V

続きを読む