MacBook Proを修理 2回目

MacBook Pro 2016 return from repair

ちょうど3年前に買ったMacBook Pro 15(2016)ですが、AppleCareが間も無く切れる事もあり、キーボードも再度微妙なときがあるので、Apple 銀座 Genius Barに持ち込みました。
一度2017年5月にキーボード交換を実施しています。

今回Apple 銀座に持ち込もうと思って気にした点は以下です。
・キーボードの反応が悪い時がある。ごく稀に二度打ち。
・モニタ角の保護カバーがちょっと割れちゃってて変えたい。

この二点でした。

MacBook Pro 2016 return from repair

しっかりした箱に入って送られてきますので安心です。

MacBook Pro 2016 return from repair

持ち込んだ所、以下の話をストアの人に言われました。
・Storeで出来るキーボード交換は特定のキートップのみの交換が可能。
・USBの差し口が緩んでいる (これは予想外の指摘。確かに気にはなっていたのだが。)
・モニタ保護パネルの交換はトップカバーとして丸ごと交換になるが、無印Apple Careの時代なので高い。

でした。2個目のUSBの件は完全に予想外の指摘をうけ・・・。
モニタ角の保護カバーが割れている件は、現在のApple Care +になる前のApple Careなので、モニタ交換すると¥88,000かかりますと言われたので、さすがにそれは諦めました(そこまで気にするほどでも無いので)。
ただ、その保護カバーの割れがもしかしたら、リペアセンターでの修理を拒否されるかもしれないと言われ(あくまでも他の部分で損傷がないことが修理をする前提だそうで)、悩む事数十秒・・・で、ここでさすがApple Storeの店員。
色々考えてくれて、思い切って修理出しをしましょう、と。
丁度、Apple Careも切れるタイミングなので、この際直せるところは直しましょうと言ってくれたのです。
おお、なんてありがたい。

MacBook Pro 2016 return from repair

中も動かないようにしっかり固められています。

MacBook Pro 2016 return from repair

修理報告書はAppleのクリアファイルに収められて入っています。

続きを読む

キーボードとモニタの間を保護するMacBookPro向けの保護クロス

RADTECH MacBook Pro (Late-2016)

あまり気にしていなかったのですが、色々アクセサリーを見てたら、モニタを閉じた時にキーボードと当たってモニタの保護層が剥がれて…なんて事が起きるのを防ぐアクセサリーがあった事を忘れてました。

RADTECH MacBook Pro (Late-2016)

そこで秋葉館で扱っているRADTECHScreenSavrzが安かった(¥1200)ので購入しました。MacBook Pro(Late-2016)用は、キーボード部分だけを覆う仕様です。なのでサイズも27.6×10.2cmとコンパクト。

このクロスですが、モニタを拭くクロスとしても活用可能な生地になっています。擦れから来る保護層の剥離も怖いですが、指が触れた事で着く油分も気をつけるべきポイントです。気になった時は、サッとこのクロスで拭けるので、重宝しそうです。

修理から帰ってきたMacBook Pro

MacBook Pro returned from the repair center.

買った時からだったのか、途中からそうなったのか定かで無いのですが、愛機MacBook Pro(Late 2016)の矢印キーが、右を一回押したのに二つカーソルが移動する(連続押しした状態)現象が起き、Apple Store 銀座に持ち込んだら、修理ですねー、と。しかも、部品交換がStoreでは出来ないらしく、預かりたいと。
ちょっと仕事の件もあったので、手続きだけして、一旦持ち帰り、落ち着いた所で再度持ち込みました(その時は受け渡しのみだったので、サポートの予約は無しでOK)。
5日くらいかかると言われ、ちょっとの間さよならと思い、3日したら治りましたの連絡が(メールで来ます)。
なんとなくいつ来てもいい様に伝票は持ち歩いていたので、Apple Store 銀座まで行き、引き取って来ました。
動作確認をその場でして問題無しと。

キーボードがNGなんだからそこだけ交換(もしくはキーボードの中の接触部分のみ交換)かと思ったのですが、トラックパッド、バッテリーまで一体型となっている様で、結果そのパーツ全部交換となりました。ビックリです。バッテリーはシャシー側じゃなくてトップケース側に着いているとは。

MacBook Pro returned from the repair center.

トップカバー交換で、I/F部分に保護シールが貼られていました。買った時には貼られていないので、最初なんだ?と思いました。

MacBook Pro returned from the repair center.

ちゃんと袋に入ってやって来ます。モニタとキーボードの間にもちゃんと一枚薄いスチロールが挟んであります(これ見て普段何もしてなかったと思ったので、何か買おうかな…)。

MacBook Pro returned from the repair center.

修理内容が記載された紙は、リンゴマークが印刷された白いクリアファイルと共にやって来ます。このクリアファイルはAppleCareにて修理をすると修理報告書とともにやってきます(つまりもらえます)。
修理内容を見ていたらTop Case with Battey, ANSI, Space Gray,# + 一律料金2修理 MBP15//MBP17で合わせて¥104,800とありましたが、修理費用はAppleCareに入っていたので、今回は無料で(そもそもの購入期間で見ても大丈夫なのですが)した。

待ってましたよ、お帰りMBP!

安いけどしっかりMacBook Proを保護するハードケース

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

MacBook Proをそれなりの期間持ち歩くことになったので、さすがに裸のままだとちょっと心配ということもあり、適当な安いケースを探しました。で、秋葉館のサイトを見ていた見つけたのがHardShellCase MacBookPro 15 Late2016 Blackでした。クリアタイプもあったのですが、クリアタイプは、反射や、ケースのハマり具合が露骨に見えるだろうと思ったので、黒を狙って、一度店舗に観に行ってみました。

ケースに求めていたのは、単純なカバーでデザイン性でもありません。シンプルにマットな感じのもので十分と思っていました。そして価格も安いこと。あくまでもMacBook Proを守ってほしいカバーです。なので、カバーとして機能してくれればいいので、安い方がいい。カバーが高いと、これまたカバーに傷がついたらとか、カバーとしての機能を否定するような事を考えてしまう…。そうなる前に、安いカバーを買っていてれ、カバーをカバーとして使えるだろうと。そして、飾りも何もない単純なデザインでいいと思いました。

なので、この秋葉館のHardShellCase MacBookPro 15 Late2016 Blackは色々な面で必要十分でした。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

裏面に取り付け説明書があります。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

中はフィルムで包まれているだけの簡易な包装です。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

底面ケース中側。

続きを読む

Apple USB-C Digital AV Multiport Adapter と Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter

Detail of Apple Accessory

現在のMacBook Pro(Late 2016)にはインターフェースとなるポートがThunderbolt 3/USB Type-Cしかりません。
ここに、従来のUSB Type-Aのデバイスや外部モニタ出力、LANケーブルによる有線LAN接続をしたい場合、別途ケーブルによる変換が必要です。

とりあえず、MacBook Proを買った時に合わせて2つアクセサリを買いました。

Apple USB-C Digital AV Multiport Adapter

Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter

です。どちらも説明する必要が無いくらいのアクセサリですね。USB-Cとして繋がるので、転送スピードは、理論値の10Gbpsとなっています。


Apple USB-C Digital AV Multiport Adapterは、初めて使用する際はUSB-C Multiport アダプタアップデート 1.0をインストールすることを求められるので、まずはそれを実施してから、使用開始となります。このアップデータは、Apple USB-C Digital AV Multiport Adapterを指すと自動的に出て来ます。

アクセサリを使えば、MacBook Proが苦手な拡張性は補えます。アクセサリの使うのが面倒とかありますが、薄さとのトレードオフと思うしかないでしょう。転送速度の問題もありますが、今後USB-CだけでなくThunderbolt 3対応製品も増えて行くと思いますので、それによって可能性は広がると思います。何よりも現行のiMac、Mac Proも拡張性に関しては同様の手段を用いるしかないので、ノートであることによる拡張性の問題は大きな問題ではないと思っています。

Detail of Apple Accessory

Apple USB-C Digital AV Multiport Adapterの裏面

Detail of Apple Accessory

お馴染みのラベルを剥がす仕掛け。Appleのアクセサリ系はオレンジのマークで統一されています。

続きを読む

MacBook Pro(Late 2016)のパッケージ詳細

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

買ったMacBookProの詳細です。最近のAppleは地球環境に優しくなる事を強く意識していますから、箱への配慮は相当なものと思われます。まして、Appleですから、元々は箱も豪華でしっかりしているという印象でした。

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

近年はインストールディスクが無くなったりなど、どんどんシンプルな方向に進んでいます。その企業イメージもあってか、箱も以前に比べるとスッキリとしています。

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

MacBook Proと電源アダプタは、Apple Watchの時に見たのと同じ、透明なフィルムから半透明な手触りのいいフィルムで覆うように変わっていました。フィルムの時に比べてさらに上質な感じを受けます。

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

配送用の外箱なのに、その封を閉じた部分にはしっかりAppleデザインが埋め込まれています。

Detail of MacBook Pro (Late 2016)

店頭で買うと、化粧箱がいきなり露出していると思いますが、オンラインで買うと、箱に覆われて送られてきます。その結果、MacBook Pro自体の箱はダメージから守られることとなります。この辺は以前と共通ですが、ダンボールの消費量は以前よりは少なくなっています。

続きを読む

MacBook Pro(Late 2016)を購入!

MacBook Pro (Late 2016)

新しいMacBook Pro (Late 2016)先日買いました。
今まで使っていたメインはiMac (Eary 2009) でした。実に7年近く使ったことになります。すでに、最新のmacOS Sierraが動かない状況になっていたモデルです。その前から買い替えを検討していたのですが、なかなかタイミングがよくわからずな状態になって、ズルズルと悩んでいたのですが、出張に行くこともタイミングと思って買い換えることにしました。

何故、iMacからMacBookProに?
最初遊びで触っていた頃はPowerMac 7600-120とかを中古で買ってPowerPC G3のドーターカードを買ってG3化させてOS9やOS X 10.2で遊んでいました(懐かしい…)。その後、本格的に買ったのが最後のPowerPCを搭載したノートPowerBook G4でした。今思えば、全然貧弱なCompute Powerですが、当時はまだまだクロックアップによるパワーがモノを言っていた時代で、そもそもAppleもIntelを採用する前でPowerPCの有利さを訴えていた時代でした。モバイルという言葉は当然当時もすでにあり、色々な可能性を考慮した結果、デスクトップ機ではなく、PowerBook G4を思い切ってヨドバシカメラで買ったのを覚えています。その後、AppleはIntelへと乗り換えてという変遷をたどって行くことになります。あの当時、選んだPowerBook G4は個人的には正解でした。Intelへの移行は、予想以上のスピードで進んで行きましたが、僕個人の仕事であったりという面でのPowerBook G4はおおいに活躍してくれて十分元を取ったと言えるくらい使い倒しました。

その後2009年にiMacを買い替えます。intelへの移行がひと段落して、iMacもモノとしての質が落ち着いてきて、十分いいだろうと思ったのと、デスクトップ機のパワーが必ずしも、MacProでなくても良いのでは?というふうに思ったこともあり、iMacにすることとしました。残念だったのは、またしもて最後のモデル24インチのモデルとしては最終モデルで秋には27インチ化された現在の流れの元となる新しいモデルが登場したことでした。それ自体は残念でしたが、iMacにしたこと自体は、何も問題なく、これまた十分なパワーを発揮してくれました。持ち出すことはなくなりましたが、その分をiPhoneやiPadがしっかり埋めてくれていました。

その後約7年使い続けたのですが、さすがに色々起動が遅くなってきたことと、最新OSが動かないことが要因となり、買い替えを検討していました。

MacBook Pro (Late 2016)

何故、MacBook Peoだったのか?
新たに買い換えるのは、iMacにするという選択肢も当然ありました。そもそも、前回iMacを選んだ理由が”意外とPowerBook G4を外に持ち出さなかった”でした。とは言ってもというレベルではちょこちょこ持ち出していましたが、まだまだデスクトップ機の方がパワーがある時代だったのでiMacの方がいいとなっていました。今回は、当時と比べて、外の通信環境が一段と整備されていたり、デスクトップ機とノートのパワーの違いもかなり小さくなっています。また、外部とのインターフェイスとなるポートが最新のThunderbolt 3に対応したモデルのほうが当然いい訳で、それもノートへ変更することを後押ししました。バッテリーの持ちが長くなったことも大きかったです。HDレベルの映像制作であれば、何も問題なくできることが一番大きな要因だったかと思います。4Kも十分こなせると思いますが、まだまだ需要がない(表示デバイスも持っていないし)。で、4Kを視野に入れつつの、HDの映像制作が普通に出来ること、これが一番大きかったと思います。それをモバイルで出来る…モバイルでやる必要性があるのかどうかはありますが、今一度、このスペックであれば、当初PowerBook G4を買った時に掲げていたモバイルパワーを活かしたノートの活用を考えてみようと思いました。デスクトップと同じパワーがノートで得れるなら、より活動範囲を広げれるノートは有効だろうと思ったのです。やはり大きいモニタが必要となれば、別途外部モニタを買えばいいだろうと。

そんな考えもあって、MacBook Pro (Late 2016)を我が家に迎えました。

MacBook Pro (Late 2016)