Apple In-Ear Headphonesのシリコン交換

Apple In-Ear Headphones

Apple In-Ear Headphones with Remote and Micをずっと使っていますが、シリコン(製品サイトを見るとイヤーチップというのが正解のようです)が割れてダメになってしまい、Apple Storeに言えば新しいのと交換してくれるという事だったので、店員さんに「シリコンがダメになって…」とお話したら、待ってて下さいねと言って、裏から新しいシリコンセットを持って来てくれて、頂きました!ダメになったシリコンは処分して頂き、ビックリな事に、シリコン一個の交換ではなく、丸ごとサイズ違い含めての交換となりました(つまり使ってないサイズのシリコンはさらに予備が増えたことになります)。

Apple In-Ear Headphones
これを無料で対応して頂けるんですから、なんともありがたい事です。
そして、この製品が未だリフレッシュせずにロングラン状態ですが、こういう対応が長く愛され続けてる面もあるんでしょう。
最近の流行りはAirPodsの様にワイヤレスですが、従来のタイプでいい人にとっては、こういうさりげないケア(AppleCareとかの扱いは関係なく)がしっかりあるApple In-Ear Headphones with Remote and Micもオススメです。

ボタンが赤く光るヤツ iPod 3rd Generation 電池交換

iPod 3rd Generation

iPodというAppleにとってある時期重要だった音楽デバイスは、iPhoneに変わり、今やiPodという名前はiPod touchなど初期のiPodの面影を無くしています。ですが、初期の白いiPodの形、サイズ、デザインはなんとも言えず、今も個人的にはその輝きを失ってはいません。
僕は、第3世代iPodを持っており、このモデルはFireWireとUSBに対応したモデルがあって、僕が持ってるモデルはFireWireモデルです。
この第3世代の特徴が、ボタンを長押しする事で、各ボタンのマークが赤いLEDによって点灯する所です。唯一全iPodシリーズでこのモデルだけが搭載している機能で僕はこれが最高にカッコいいと思っています。

そんなこのiPodですが発売が2003年9月です。僕がいつ買ったか正確には覚えていないのですが、2004年7月には第4世代が出ているので、そうなると2003年から2004年にかけてということになります。随分と古いですね。さすがに電池がヘタってしまい、一曲も再生しきる事が出来ない程に電池がダメになってしまいました。
で、色々ネットを回っていたら、電池を交換して復活させる記事を何件か見かけ、分解する事に悩んだのですが、このまま何もせず、手放すくらいならと思って、自分も電池交換してみようと思い立ちました。

Take the iPod 3rd Gen apart

交換する電池は、Amazon等から入手します。取り外し器具付きですが、この器具がこれまた余り使い物になりませんでした…(最後爪の部分が折れて使い物になりませんでした)。また、電池がなぞの中国産のようなので、どれくらいの品質なのかはわかりません。どこでヘタるのかも不明です。
分解サイトでおなじみIFIXITにもパーツがありました。これが安心かもよくわかりませんが。日本に向かっても出荷してくれるようです。
全ては自己責任で分解してとなりますが、Appleに持ち込んでも今やどうにもならないので、致し方ありません。

Take the iPod 3rd Gen apart

取り外し方についてもやはりIFIXITが参考になると思います。 >> (iPod 3rd Generation Battery Replacement) 基本的には何かネジ等で止められているのではなく、上蓋と下のケースが綺麗に隙間が無いようにハマっているだけです。じゃ、簡単に取れるのか?というとそんな事なく。このケースを開ける作業が最大にして最難関な作業でした。15-30分くらい格闘したでしょうか、途中何度も諦めようとも思いました。それくらい開きません。

続きを読む

WD BLUE PC SSD 1TB + 外付けUSB3.1ケースで動画編集用ドライブを追加

CENTURY SSD Case 7mm USB3.1

MacBook Pro(Late 2016)の容量が1TBと予算の都合もあって少なめにしたこともあり、追加で外付けのドライブを買おうと思いました。Thunderbolt3に対応したケースがなく、ひとまずUSB3.1 Gen2に対応のケースがそこそこな値段だったのでその中から選ぶことにしました。

Thunderbolt1/2対応のケースもありますが、以下の理由でやめました。
・Thunderbolt3 > 2への変換ケーブルが必要(変換はレイテンシが多くなるのであまり好ましくない)。
・外部電源で動くものばかりなので、ACが余分になる。
・Thunderbolt1は、転送スピードだけ見れば理論上はUSB3.1と同じ。

で、どれくらいのスピードかと言えば、USB3.1 Gen2だと10Gbpsの転送に対応しています。USB3.0だと5Gbpsなので、2倍の転送量を持っていることになります。
10Gbpsってどれくらいか?と言えば1250MB/sです。USB3.0だと半分の625MB/sとなります。
SSDを搭載することを考えると十分それでも早いのですが、あくまでも理論値がその数字なだけで実際は下がることの方が多く、と考えると少しでも転送スピードが早い方がSSDの能力を引き出せるだろうと考えたわけです。
それで色々探した結果、CENTURY シンプルBOX2.5 USB3.1 Type-C 7mmを買いました。

・USB3.1 Gen2に対応している。
・安い。
・取り付けが簡単そう。
・薄い(7mm)、軽い(60g)。

こんなところが選んだ理由です。ケースにCENTURYって入っているのだけがダサいんですが。
USB3.0に対応したケースもあるので、間違えないようにする必要があります。

CENTURY SSD Case 7mm USB3.1

続きを読む

Apple USB-C Digital AV Multiport Adapter と Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter

Detail of Apple Accessory

現在のMacBook Pro(Late 2016)にはインターフェースとなるポートがThunderbolt 3/USB Type-Cしかりません。
ここに、従来のUSB Type-Aのデバイスや外部モニタ出力、LANケーブルによる有線LAN接続をしたい場合、別途ケーブルによる変換が必要です。

とりあえず、MacBook Proを買った時に合わせて2つアクセサリを買いました。

Apple USB-C Digital AV Multiport Adapter

Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter

です。どちらも説明する必要が無いくらいのアクセサリですね。USB-Cとして繋がるので、転送スピードは、理論値の10Gbpsとなっています。


Apple USB-C Digital AV Multiport Adapterは、初めて使用する際はUSB-C Multiport アダプタアップデート 1.0をインストールすることを求められるので、まずはそれを実施してから、使用開始となります。このアップデータは、Apple USB-C Digital AV Multiport Adapterを指すと自動的に出て来ます。

アクセサリを使えば、MacBook Proが苦手な拡張性は補えます。アクセサリの使うのが面倒とかありますが、薄さとのトレードオフと思うしかないでしょう。転送速度の問題もありますが、今後USB-CだけでなくThunderbolt 3対応製品も増えて行くと思いますので、それによって可能性は広がると思います。何よりも現行のiMac、Mac Proも拡張性に関しては同様の手段を用いるしかないので、ノートであることによる拡張性の問題は大きな問題ではないと思っています。

Detail of Apple Accessory

Apple USB-C Digital AV Multiport Adapterの裏面

Detail of Apple Accessory

お馴染みのラベルを剥がす仕掛け。Appleのアクセサリ系はオレンジのマークで統一されています。

続きを読む

Apple Pay と相性が悪い?クレジットカード、マイルチャージ

applepay
いよいよ始まるApple Pay。一部には10月25日からと言われていますが、まだ正式アナウンスがないので(事前アナウンスはないと思いますが)、10月末からというのが今のところ正しい(?)開始時期ですね。

さてそのApple Payですが、日本で対応するのはSuica、iD、QUICPayという日本でもおなじみのサービスのレイヤーの上に乗るというものでした。
アナウンス当初は、いよいよ来たっという思いが強く、シンガポール・中国等で先行して始まっていたことから、始まらない状況にまだかまだかと思いが募っていました。
しかしその後色々調べてみると、結構自由度が低いというか、人によってはApple Payの恩恵が少ないかもと思う様になりました。
その恩恵が少ないのが、まさに自分なのですが…。

・モバイルSuicaの弊害
僕が普段使っているカードは、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードです。モバイルSuicaに、アメックスからチャージする事は可能です。
それ自体は問題無いのですが、このチャージした分にはマイルが加算されないという事なのです…。他のアメックスのカードでもポイント・マイルの付与は無いようです。JCBだと、どうなるか?残念ながら、JCBもチャージは出来てもマイル・ポイントの付与は対象外な様です…。そりゃ無いっすよ…。調べてみるとどうやらモバイルSuicaに対する制約は結構厳しい様ですね。んー、これだと、モバイルSuicaを使おうという気になれません…。

・iDの弊害
Apple PayでiDが使えるカード会社もかなり限られています。今アナウンスされているカードでは、イオンカード、Softbankカード、dカード、三井住友カードに限られています。Softbankカードはチャージ型のカードですが、このカードにチャージできるのがVisa/MasterCardのみと、口座振替、請求代行サービスしかありません。他は、MasterCardのみの扱いになっています。

・QUiCPay
同じくQUiCPayが使えるカード会社も限られています。QUICPayは、JCBとイオンクレジットサービスが元になって始まったサービスです。そういうことも影響してか、アメックスだけでなく、Visa、mastercardも選べません。

この状況を整理すると、どうも僕がマイルを貯めるべく使っているデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、Apple Payと相性が悪いということになります。んー、まいった。

じゃ、立つてがないのか?と考えるとゼロじゃないようです。
続きを読む

教育 / 医療 / 鉄道におけるiPad / iPhoneの事例

iPhone 7にiOS10と主力商品がリリースされた後のAppleはビジネスページの動きが鈍くなる(なんせ、コンシューマユーザーがメインの会社だから仕方ない話だけど)。でも、そんなAppleデバイスをビジネスでも活用したいという人は、一昔前に比べたらはるかに増えて、Appleもそれを意識してiOSの事例記事は珍しく定期的に増やしている。
ただ、冒頭にも書いたがこの時期だけは、ペースダウンになる。

そういう中で、ニュースサイトに出ていた面白い事例記事を紹介。

ipad_jirei
全生徒にiPad 公立中の授業力

iphone_jirei
進まない日本の「医療ICT」に風穴を空ける–iPhone3400台を導入した慈恵医大

iPhone/iPadの事例紹介です。
両方ともなかなか興味深いですね。医療と教育はまだまだ伸び代がある領域ですし、特に医療は色々複雑性が伴う業界です。既にAppleは教育機関にiPadを最適化し、医療にもResearchKitとCareKit等を通じてアプローチを行なっています。Apple外の所で障壁はまだまだありますが、こういう取り組みが紹介されてく事で、少しずつ色々な人達が、色々なアプローチで取り組み、どこかで大きく方向転換するタイミングが来るんだろうと思ってます。

教育ではiPadをClassroomというアプリを通じて学校内で色々な人が使いやすくなるようなアプリを提供しています。

何よりも色々な業種での活用事例が出て来ると、iPhone/iPadというデバイスが持つ力を感じるので、それが何よりも面白く、色々考えさせられます。

~さらなる安全・安定輸送を実現するために~
在来線を含む全乗務員が「iPad」を携帯します

JR西日本が約8600台の導入を決めた様です。
航空業界での乗務員の利用はAppleサイトなどでも事例が出ていました(ANA、JALも導入してますね)。鉄道の事例は珍しい気がします。有名なのは東京メトロですが、整備目的、駅員に配布はしてましたが、運転士、車掌、乗務員にこれだけ配るケースは珍しいですね。車掌、乗務員はオペレーションも考慮してだと思いますが、iPad miniを選んでいる事が明記されています。状況に応じたサイズを選んでいる様ですね。

Appleが載せなくても色々なところで利用ケースが見えて来ていますが、次にAppleが紹介してくれる事例はどんな事例でしょうか。
(世の中的に事例というか利用が広がると、ある段階で普及したと判断されこの手の事例紹介が縮小する傾向がAppleにはありますが…)

iPad、iPhone、Apple Watch最新ビジネス事例

iPad_jirei_201602-1

Appleのサイトには、定期的にビジネスシーンでの事例が紹介されます。最近少し更新が無かったのですが、久々見たら、ドドッと更新されてました。事例が3つも!?あり、うち一つは国内事例です。

内田農場という農家さんです。Apple Watchを使って水田の情報を掴んでいるようです。いよいよApple Watchのビジネス事例が出始めましたね。この事例は、日本のAppleサイトでも紹介されております。米作りにAppleデバイスというのは、Appleとしてもなかなか興味深いのだと思います。

他にも、米国サイトの事例には、ヘルスケアの観点からの医療、女性向けショップでのiPad使用事例が紹介されています。少し今回の事例からグラフィックの見せ方が変わりましたね。何か、デザインアプローチが変わったのでしょうか。

事例だけでなく、ビジネスアプリの紹介ページもリニューアルされています。最近のAppleはビジネスページをやりっぱなしにしないで定期的に中身を入れ替える様に意識している感じがします。特にiPadはビジネス分野に向けてアピールしたいと考えているようで、iPad Proも合わせての展開を考えているようです。

iPad_jirei_201602-2

Design of Apple Watch (wired.jpより)

applewatch_wired

年末年始の時間で、少しネットの世界をグルグル回っていました。そしたらApple Watchについて面白記事がWIRED.JPに掲載されていたので、ご紹介しようと思います。

Apple Watchの開発は、ソフトウェア面をAdobeから来たKevin Lynchが主導的に行いました。Appleのイベントでも彼がステージに立ってApple Watchを紹介していますね。
そんなKevin Lynchの側面から見たApple Watchの開発エピソードです。
>> iPhone Killer: The Secret History of The Apple Watch iPhoneよ、さらば/Apple Watchとジョブズのいない革命

結構な分量が書かれており、興味深いエピソードが多いですね。主なものを抜粋しますと…

・Kevinは来るまで何やるかわかっていなかった。
・Alan Dyeというヒューマンインターフェイスデザイナーの存在
・昼にiOS7、夜にApple Watchの検討を重ねていた
・スマートフォンが人生をダメにしているという考え
・ゴールは電話からの解放
・デジタルクラウンまでをも再現した、初期のiPhoneをマジックテープで留めたプロトタイプ
・Apple Watchがうまく機能するためには、スピードが重要であるとわかった
・モデル数を限定的にするというAppleの方針を破ることにした
・SportsとEditionは、大きく異なる製品

詳しくは是非、記事を読んでみてください。

一方、同じみJonathan Iveの視点で見たApple Watchの記事です。
>> ジョナサン・アイヴが答えた「アップルのデザイン」:そのルーツからApple Watchに至るまで #WXD

Apple Watch以外も含めての記事ですが、Jonathan Ive 本人がコメントしてる点が、貴重ですね。

Apple Watchについては、色々な議論が各所で行われています。ただ、テクノロジー、ガジェットとしての側面の話が多く、デザインという切り口でApple Watchを引いては、ウェアラブルデバイスを語った記事は少なく、そういう意味では、どちらの記事も読み応えのある記事でした。
なかなか、Appleの人が語らない事でも、このそれぞれの記事には資料的価値もある様に思えます。

関連
>> ジョナサン・アイヴの昇進から見える「アップルの未来」
>> ジョナサン・アイヴ、Appleのデザインを語る

Jonathan Iveについてはこちらの本もオススメです。
>> JONY IVE ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

2015今年のFlickr投稿から見るカメラの人気

毎年Flickrには、その年の色々な集計が出ていて、写真のEXIF情報から今年の人気カメラがリストアップされます。
・iPhone 42%
・CANON EOS 27%
・NIKON D 16%
となっています。

Flickr Year in Review 2015

さらに詳細を見ると、iPhone 6が5%とトップでついでわずかな差でiPhone 5sとなっています。一方で、カメラ性能で見れば光学式手ぶれ補正がついたiPhone 6 Plusは6番目の人気で少し意外な順位でした。なんだかんだでみんなあそこまで大きいのは望んでないということでしょうか?

flickr-yir-2015-top-cameras

Top20がApple、Canon、Nikon、Samsungで締められていて、FujifilmやSonyがいません。

また、大体のユーザは一つのブランドを使っているという事は少なくて、何かと何かを組み合わせて使っています。その組み合わせ例が下でAppleとCanonブランドの両方を使っている人が多いという数字になっています。縦軸がメインとして、横軸がセカンド機を表しているので、組み合わせてみるとなかなか面白い数字です。Canon、Nikonに及びませんがセカンド機としてAppleの数字の高さも特筆ものだと思います。

flickr-yir-2015-combo-camera-use

デバイスの種類でも見ても、
・スマートフォン 42%
・DSLR 31%
・コンパクトカメラ 25%
・ミラーレスカメラ 3%
となっています。
ここでも、iPhoneを始めとするスマートフォンがいかに強いかがわかりますね。

Flickr Year in Review 2015

この数字の結果を見て、従来のカメラが終わるとか、スマホに置き換えられると言う議論をすること自体は意味のないことですが、世の中の傾向を見る上では面白い数字です。ミラーレスカメラが思いの外数字が低く、コンパクトカメラがそれに反して高いというのが意外ですね。
ただしFlickrは、日本語化されていなかったり、ローカライズも世界的にあちこち行っているわけでもないので、あくまでも一参考数値として捉えるのが正解のように思います。

個人的に面白いのは、今年の色のトレンドも紹介しており、それを16進数で表示していることですね。

Flickr Year in Review 2015

是非、日本語化されて日本のユーザがもっと増えることを望みたいです。

iPhone 6s Apple Store 銀座で購入からファーストレビュー

iPhone 6s launch day in Apple Store Ginza.

9月25日に発売されたiPhone 6sとiPhone 6s Plus。昨年は、転売目的の多数の中国人およびそのグループによって、銀座をはじめ各店がかなり混乱したわけですが、それが引き金となったのか、各店舗全体の問題が原因だったのか、今年は事前に予約を取る制度に変わり、当日店頭販売分は無し、予約分のみ取り扱いという形に大幅に変えた販売形式となりました。予約時は、当日店頭販売分の発表については特になかったので、しっかり事前予約でまずは物を抑えることにして、繋がりにくいonline Apple Storeからどうにかこうにか、9/25開店最初の8:00の枠を抑えることに成功しました。店舗は、昨年のリベンジも込めて銀座で。表参道も考えましたがやっぱ旗艦店は銀座ですからね。

当日店頭販売分は無しと言うのが、公式アナウンスではなく、ネットで流れ(サイトの文面を見れば、予約分のみと書いてありましたが)たのを受けて、今年は列がどうなるか?というのが気になっていたのですが、いざ前日夜行ってみると、列は無し。警備員が立っており、列を作ることを規制していました。この辺も昨年を踏まえてということでしょう。

とはいえと言うのが世の常。色々考えて、夜中から雨が降ってきていることも考慮して、開店1時間前に到着。さすがに例年のような列は全然ありませんでしたが、ごく僅かの人の列はあり、Appleの人も列整理は開始していました。名前を告げると、店員さん手持ちのiPodの中に出ているリストを確認して、予約していることを確認されます。モデル、キャリア、容量、色を再確認してじっと開店するまで雨の中待ちます。

iPhone 6s launch day in Apple Store Ginza.
天気も悪い雨の中開店まで待つ僅かな列

じっと待つだけだなぁと思ってたら、今年は恒例(?、去年あったかは不明)のコーヒーと一品(今年はチョコレートワッフル)を、配りに来てくれました。ありがたい!

iPhone 6s launch day in Apple Store Ginza.
Apple Storeのスタッフが配りに来てくれています。


今回はスタバじゃなくてR.O.STARのコーヒーでした。銀座には店舗ないはずなので豊洲からでしょうか?

iPhone 6s launch day in Apple Store Ginza.
チョコレートワッフルも!

続きを読む