富士フイルムのカメラと過ごす時間

Tokyo Sumida-ku - 2020

Tokyo Sumida-ku - 2020

FUJIFILM XQ1

富士フイルムのカメラを始めて買ったのが、XQ1でした。NEX-5NとPowerShot S95を使っていた時、色々写真サイトを見ていて、富士フイルムのフィルムシミュレーションに強く興味を持ちました。
丁度、その時にXQ1が発売されるという情報を得て、迷わず買おうと決めました。2013年11月のことなので6年ちょっと前です。そこから、富士フイルムのカメラにハマります。XQ1は今ほどではありませんが、フィルムシミュレーションがX100と同じ種類があり、X-Trance II搭載とセンサーサイズは2/3インチとコンパクトデジカメにしてはちょっと大きく、非常にハマったカメラです。今でも、持ち出して使う事があるほど愛着があります。

Tokyo Sumida-ku - 2020

そんな中フィルムカメラが欲しくなってきました。でも、仰々しいカメラではなく、自分のスタイルに合う気軽に持ち歩けるカメラです。中古でもいいと思ったのですが、調べてみたら富士フイルムのKLASSE Wがまだ現役として発売されていました。色々あった結果、これも我が家に迎える事となりました。色は他と同じく黒で。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

フィルムは不便な部分もありますが、やはりフィルムしか出せない雰囲気もありますし、フィルムシミュレーションを楽しんでいる事を考えると、そもそものフィルムを楽しみたいと思うようになりました。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

続きを読む

Tokyo Sumida-ku – 2020

Tokyo Sumida-ku - 2020

COVID-19(通称コロナウイルス)の影響皆さんいかがでしょうか?
僕も、基本テレワークという体制になり、自宅で仕事という日が増えています。これはこれでアリだなと思うこともあるのですが。

Tokyo Sumida-ku - 2020

ただ、なかなか外に出る機会がなくなったというのが、悩ましいですね。カメラ持ってというのも通勤途中でフラッとというのも出来なくなりましたし、何気に通勤は結構体力使っていたんだなぁと。時々必要に駆られて出社しますが、なんか無駄に疲れますね。慣れって怖いものです。
しかし、いつになったら終息するんでしょうね。

Tokyo Sumida-ku - 2020

どんどん春が近づいて、寒い思いもそこまでせずにカメラを持って出掛けれるだけにこの状況は辛いですね。
早く、状況が落ち着いて元の日常に戻ってもらいたいものです。
あらためて普段の日常のありがたみを感じますね。

Tokyo Sumida-ku - 2020

Tokyo Sumida-ku - 2020

続きを読む

それでもXQ1 – XQ3への夢は消えず

Tokyo - 2020

今日はXQ1から。
まだまだ僕にとっては、FUJIFILM XQ1は良き相棒で、現役のコンデジです。XQ2ディスコン後XQ3を期待していたのですが、残念ながらラインナップ自体が終了してしまいました。
いいカメラなんだけどな。SONYが同じようなサイズのカメラRX100シリーズを出し続けていますが、あんな感じで続けて欲しかったですね。富士フイルムにしか出せない色ってやっぱあると思っていて、それは、 XQ1でも感じることの出来るものでした。少々誤解を招くかもしれませんが、僕にとってXQ1はフィルムカメラNATURAの様な位置づけです。高いカメラでもないけど、ちゃんと味を持っているカメラ。

Tokyo - 2020

XQ3は完全に夢なんだと思いますが、それでもやっぱり欲しい、期待したいと思ってしまいます。
本当にXQ1いいカメラなんですよね。
ただ、あのコンデジと言われるジャンルは、もはやiPhoneには太刀打ち出来ないし、高級コンデジ、もしくはミラーレスへの入り口の機体としても位置付かない事も確かだと思います。

Tokyo - 2020

けど、ちょっと路線を変えて、入門的な位置づけではなく、これはこれで立派なカメラとして見直して貰うと、なんとなくこのXQ1の位置付けのカメラあっても良いような気がしませんか?

Tokyo - 2020

All shots taken by FUJIFILM XQ1

Taiwan 2017 -街中-

Taiwan 2017

まだちょっと台湾編続きます。アップしているペースが悪いので、ずっと台湾ばっかり載せている感じですよね・・・。もう少しペース上げねば・・・。やりたい事は多いのですが、時間が全く追いついていません・・・。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

後半に出てきますが、クロネコヤマトのトラックを見かけたのですが、ほぼそのままんまなテイストだと思うのですが、全然違和感なく溶け込んでいるのが、同じアジア圏なんだなぁということを実感させてくれます。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

続きを読む

Taiwan 2017 – 路地裏編 –

Taiwan 2017

少し路地裏の方にも行ってみました。面白いことに、日本語の看板がチラホラ見えます。無理やり字を当ててるというよりも、もう少しバランスも含めてちゃんと日本語が表記されている感じな看板が多く、なんか不思議でした。

Taiwan 2017

今回の写真の何枚かはXQ1を使って撮った写真もあります。なんだかんだXQ1には思い入れも愛着もあります。結構台湾にXQ1は似合っているんじゃないかなと思いました。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

続きを読む

久々の投稿

Sumida-ku photo by FUJIFILM XQ1

久々の投稿です。少し間が空いてしまいました。雨続きですね。
最近、色々とバタバタしており、なかなかこっちにまで時間をかける余裕がありませんでした。ちょっとしっかりと落ち着いた時間が取れないというか、他にリソースを使ってる感じです。ここはここで意外と書くのに時間使うんですよね…。

書きたいネタはいくつかあるのですが。

とはいえなので、頑張って更新続けます。
サンフランシスコとニューヨークにまた行きたいなっと。

Shot by FUJIFILM XQ1

The New York Chelsea photos of FUJIFILM XQ1 -55. (2017 アメリカ)

The New York Chelsea photo by FUJIFILM XQ1

もう一度XQ1からのチェルシーです。
マンハッタンが都会的ならチェルシーには、生活を感じる日常的な空気を感じます。
それでも、言ってもニューヨークですから、というのはあると思いますが、日本で言えば東京でも浅草は都会的な側面と日常が織り混ざっているので、そういう感じなのかなと思います。

The New York Chelsea photo by FUJIFILM XQ1

The New York Chelsea photo by FUJIFILM XQ1

わざわざニューヨークいってXQ1?と思う人もいるかと思いますが、こういう場所だからこそ、あまり目立たずそっと撮れるカメラがやっぱり合います。XQ1、X100Sどちらもちょうどいい感じでした。これだけの絵を撮れるのですから、XQ1のシリーズはやっぱり凄いですね。

The New York Chelsea photo by FUJIFILM XQ1

The New York Chelsea photo by FUJIFILM XQ1

続きを読む

The New York Chelsea photos of FUJIFILM XQ1 -54. (2017 アメリカ)

The New York Chelsea photo taken by FUJIFILM XQ1.

ちょっとニューヨークに戻りますが、XQ1も持っていっていてチェルシーはX100Sだけでなく、XQ1でも撮り歩いていました。なので、今回は、XQ1から見たニューヨークチェルシーです。くどいですがXQ1やっぱいいです。あのサイズが手にしっかりハマってすごい馴染みます。形がシンプルなのもいいんですよね。そして、あのコンパクトなサイズなのに、こんなに綺麗にチェルシーの姿を撮ることが出来ます。

The New York Chelsea photo taken by FUJIFILM XQ1.

どうしても手荷物に制約がある時に、このサイズだと邪魔になることもないし、カバンの中に入れていても治ります。言ってもX100Sはやっぱちょっと大きいので(ゆえに僕はX100はコンパクトカメラだと思えません)、このサイズであることのファクターは大きいと思うのですが、マーケットシェア的には…難しい話なんでしょうね。

The New York Chelsea photo taken by FUJIFILM XQ1.

The New York Chelsea photo taken by FUJIFILM XQ1.

続きを読む

The Shinbashi photos of FUJIFILM XQ1 -53.

The Shinbashi Tokyo taken by FUJIFILM XQ1

XQ1で朝の新橋をグルッと一回り。
以前からNATURA 1600っぽい絵が撮れたらと思って今回はISO1600にして撮影。
・ISO 1600
・f5.6
・シャッタースピード AUTO
・カラー +2
・シャープネス -1
・ハイライトトーン +1
・シャドウトーン +1
・ノイズリダクション -1
・ホワイトバランス AUTO (WBシフト R:-3 B:-2)
・DR 400
・フィルムシミュレーション STD
で撮影しました。やっぱフィルムっぽさってなかなかデジカメじゃ出ないので、そういうことを求めてもダメなんだけど、なんか雰囲気がうまく出ないものかと思って再度トライしてみました。デジカメだけでNATURA 1600っぽいフィルムシミュレーションうまくできないものでしょうか。

The Shinbashi Tokyo taken by FUJIFILM XQ1

The Shinbashi Tokyo taken by FUJIFILM XQ1

The Shinbashi Tokyo taken by FUJIFILM XQ1

The Shinbashi Tokyo taken by FUJIFILM XQ1

続きを読む

The Sumida-ku photos of FUJIFILM XQ1 -52.

Sumidaku Tokyo photo

久々XQ1です。最近はどうしてもX100Sの方が出番が多く…という状態になっていました。
ニコンが追い詰められて(?)いますね。高級コンデジのラインをやめるとか。富士フイルムは、X70、X100シリーズとやはり高価格帯のコンデジは順調です。ただ、このクラスのカメラを欲しいユーザは、めちゃめちゃ多いわけではないと思うので、パイの奪い合いになるのか、収益性を保ったビジネスとして定着し続けるのか、今後も気になるところです。

Sumidaku Tokyo photo

一方で、普及帯のコンデジの状況は依然厳しいですね。
XQ2の後継機が出てくる雰囲気はありません。X30も同様です。やはりスマホにとって変わるんでしょうか。赤字を出してでもやり続けるべきという声もありますが、そんな簡単な話じゃないはずです。コンデジが売れなくなったからといってカメラユーザが減っているわけで花ありません。むしろ、スマホのおかげでユーザの数で見れば増えています。ただ、わざわざお金を出して普及帯の価格といえども別途カメラを持とうと思われなくなりました。
ここが深刻ですね。

Sumidaku Tokyo photo

でも、いい写りをする写真には多くの人が今でも興味を持っています。面白い、意表をついた画角やテクニックで見せる楽しさもありますが、純粋に移りとしていいと思う写真もあり、それに対していいねと思うユーザもいます。
XQ1は、普及帯のコンデジですが、XQ1を買ったことで富士フイルムが好きになりました。富士フイルムのカメラには、フィルムの名を冠したフィルムシミュレーションがあります。これが面白かった。
赤を出してまでとは言いませんが、このクラスのカメラをもう一回やりませんか?富士フイルムさん。

Sumidaku Tokyo photo

Sumidaku Tokyo photo

Sumidaku Tokyo photo

Sumidaku Tokyo photo

Sumidaku Tokyo photo

Sumidaku Tokyo photo

All photos taken by FUJIFILM XQ1