日本独自のiPhone 6sキャンペーン、新しい富嶽三十六景

fugaku36
Shot on iPhoneキャンペーンは、AppleのWEBサイトを中心に看板広告として活用されて来ました。電車のホームの看板などで見かけた人も多いのではないでしょうか。
そのShot on iPhoneキャンペーンが、日本独自の「iPhone 6sで撮影した新しい富嶽三十六景」というページを公開しています。

ちなみに、他のAppleの国のサイトではこのようなその国独自のキャンペーンは展開していない様です(全部では無いが、主要海外サイトを見てみたところの調査レベルです)。
日本は、iPhoneのシェアが非常に高く、ケータイでカメラという需要も非常に大きいのでこういう独自キャンペーンを展開出来た(もちろん米Apple了承のもとだと思いますが)のでは無いかと思います。
なかなか興味深いキャンペーンですね。

iPhoneは元々カメラとしての能力が高く、センサーサイズこそ小さいですが、その圧倒的な携帯性から携帯電話に付属しているカメラ以上の価値を持たせることに成功し、多くの人に利用されてきました(その結果、コンデジというジャンルが窮地に立たされているわけですが)。
僕も多くはありませんが、iPhoneで撮った写真はFlickrに載せていたりしています。ちょっとした時に気軽に高画質に撮ることができるiPhoneは、一つのジャンルを確立しているとも言えますね(携帯電話なのに、カメラの機能をアピールするキャンペーンって冷静に考えたら随分すごいことですね)。

Cafe de Ginza Miyuki-KAN

Tofukuji in Kyoto, Japan.

TULLY'S COFFEE in Akihabara, Japan.

Taken by iPhone 5s

Taken by iPhone 5s

HANEDA Airport

All shots by iPhone.

BE A GOOD NEIGHBOR COFEE KIOSK SKYTREE

BE A GOOD NEIGHBOR COFEE KOISK SKYTREE

スカイツリー ソラマチ2Fにある、BEATY & YOUTH内に併設してあるコーヒーショップ BE A GOOD NEIGHBOR COFEE KIOSK SKYTREE へ。

BE A GOOD NEIGHBOR COFEE KOISK SKYTREE

コーヒー店なのに、バナナスムージーを注文。レモンが混じってちょっと酸味あるサッパリした感じの味になっています。

0001softbank、TOBU_Free_Wi-Fiを確認。
au iPhoneで使えるWi2Premiumも飛んでいたが、全然繋がりませんでした。繋がっても切れちゃうというとほほな感じ。

TOBU_Free-Wi-Fiは、NTTBPが提供しているメアドを登録して使うタイプ。
日本語による案内は無く、外国人観光客向けに提供されている様だ。が、メアドを登録すれば利用可能。一回60分、1日7回まで有効な様である(別場所のTOBU FREE Wi-Fiはまた違うルール)。

IMG_1269

BE A GOOD NEIGHBOR COFEE KOISK SKYTREE

vivo daily stand 新橋店

vivo daily stand 新橋

新橋駅改札出ての構内にずっとFreeWiFIとともにコーヒーの看板が出ていたのが気になっていて、ネットで検索してやっと行けたお店が「vivo daily stand 新橋店」。やっと、ちょっと朝時間に余裕ができたこともあり…。

vivo daily rand 新橋

夜はワインバーのようですが、朝はしっかりトーストセットやフレンチトーストセット、クロックムッシュセットが用意されています。
お店はニュー新橋ビル内にあることもあり、必ずしも大きくはないですが、バランス良く整えられた店内はそこがニュー新橋ビルというオヤジが集う店とは一風かけ離れた感じが漂うとともに、でもお店の外を見るとニュー新橋ビルという不思議な感覚が面白いです。

vivo daily rand 新橋

僕は早速トーストセットを注文。しっかりボリュームがある量です。ありがたい。

vivo daily rand 新橋

そして一緒についてくるゆで卵。半熟です!美味しい。一つ一つ顔を描いているんだとか。割るのが惜しい気持ちになります。

WiFiはパスワードが付いていますが、店内にしっかりパスワードが書いてあり自由に利用可能です。長居するカフェではありませんが、でもこういうちょっとした時間に自由に使えるWi-Fiはありがたいですね。

vivo daily rand 新橋

これで終わりかと思ったら、最後コーヒーもう一杯が108円で買えるんです(僕はこの後予定があったので、今回は断念しましたが)。
ちょっと朝テンション上がらないなぁというときに、このおしゃれな店の中からみる朝の姿がまた面白く(お店の雰囲気もあってだと思いますが新橋で働く綺麗なオフィスレディがちょいちょいコーヒーを買っていく姿がまた絵になる)、頑張るかなぁとやる気にさせてくれます。

vivo daily rand 新橋

All shots taken by iPhone 6.

虎ノ門コーヒー TORANOMON KOFFEE

TORANOMON KOFFEE in Toranomon hills

昨日のポストのTHE 3RD CAFE by standard coffeeが虎ノ門ヒルズ3Fにあって、虎ノ門コーヒーは2Fに構えています。
虎ノ門ヒルズのオフィス内に入るエントランス正面に面した位置にあります。
レジで頼むとレシートを貰って、それをバリスタに見せると作ってくれます。

TORANOMON KOFFEE in Toranomon hills

Wi-FiはTHE 3RD CAFE同様Hills-WiFiが入ります。
カップ及び蓋がしっかりした素材で作られているのが印象的でした。

TORANOMON KOFFEE in Toranomon hills

TORANOMON KOFFEE in Toranomon hills

TORANOMON KOFFEE in Toranomon hills

中部国際空港(セントレア)でWi-Fi

Centrair

新幹線に乗った帰りは、値段的にほとんど差が無い飛行機で帰ることにしてみました。人生初の中部国際空港(セントレア空港)。色々楽しそうだと期待していたのですが、空港着いてからほとんど余裕が持てずバタバタで、全然満喫出来る事なく、搭乗へ…。

そんな中で少しだけ体感したセントレアのWi-Fi事情。

事前に説明がこちらのサイトにしっかりある様にWi-Fi網は整えられています。羽田と同じような感じですね。もう、この時代の空港でのWi-Fiはどこも必須設備でしょうか。むしろ鉄道系がちょっと遅れている様な気もします。
SSID「FreeWiFi-centrair」を捕まえると、直ぐに繋がりました。でも、その後国内線保安所越えてからは、羽田でもみかけるNTTBPの接続エントリーを要求されます。保安所内の問題ではなく、接続時間から来るものかもしれません。メアドを登録するとすぐに使えます。iPhoenのSpeedtestで測ってみると、pingが150ms、3〜5Mbps前後でした。

搭乗時間までの時間潰しや、トランジット待ち等空港は色々時間がかかる場所でもあります。そんな空間だからこそWi-Fiが気楽に使えるのはいい事ですね。日本に来た外国人も、いきなりわからない場所でまずは、Wi-Fiからお目当ての場所を確認したり地図を表示したりとあるでしょうから、そういうニーズに応える意味でも携帯キャリアに依存することなく使える無料Wi-Fiは便利なサービスですね。

Centrair

Centrair

IMG_0400

IMG_0401

CAFE & DINER Pista -羽田空港 国際線旅客ターミナル 到着ロビー-

HANEDA Air Port Cafe Pista

羽田空港国際線 到着ロビーにある24時間カフェCAFE & DINER Pistaです。
mobilepoint、Wi2、HANEDA-FREE-WIFIが使用可能。HANEDA-FREE-WIFIはNTTBPが提供する無料WIFIサービスでメールアドレスを登録して3時間使えます。同じ羽田空港国際線にあるCAFE CARDINAL同様24時間カフェ。
カウンター席には電源もあるため充電する事も可能です。
ちょっと夜中にドライブ兼ねてカフェ行きたいなという人には、羽田空港という場所は普段は行かない場所ですし、更に夜行くのが一段と非日常感を出して楽しいかもしれません。

HANEDA Air Port Cafe Pista

HANEDA Air Port Cafe Pista

HANEDA Air Port Cafe Pista

All shots taken by iPhone 6