その後の Apple Pay -1年間4カ月使ってみて

iPhone 7 で日本でもやっと始まったApple Payですが、日本での iOS のシェアの高さからか急速に利用者が増えて、グローバルな問題は1年先の iPhone X / iPhone 8 (iOS11)まで持ち越しとなりましたが、それでも概ね成功と言っていい結果になったと思います。
そんな Apple Pay ですが、当初は期待していた自分のメインカードのアメックスが使えなくて困惑したり、そこからチャージ型の Softbank カードによるVISA+Tポイントの組み合わせで、マイル+Tポイントの二重取り運用を確立してからは、そのパターンを使い続ける1年でした。

その結果、Tポイントは昨年11月のiPhone Xに買い換える直前で7045pt貯まりました。概ね予想通りでしたが、実はもう少し溜まるのでは?と期待していました(予想では1万いかないくらいを考えていました)。そうならなかった理由は、SoftbankのTポイント3倍キャンペーンが終わってしまったこと。これが何気に大きいですね。

続きを読む

その後の iPhone X

iPhone X

今更感はありますが、使い始めて間も無く3ヶ月を迎えますが、iPhone Xの使用感についてレポートします。
同様な記事は色々なところで取り上げられていますが…。

Face ID
iPhone Xの目玉機能の一つがFace IDですね。色んな人がFace IDに対する思いを書いていますが、僕的には沢山ある機能のうちの一つという感覚です。購入前から凄い強烈にFace IDに期待していたという程でもありませんでした。iPhone Xの全てがFace IDではないので(カメラとか他にもいい面があるので)。
自分の顔の登録は、思いの外すんなりでした。事前にサイトで見ていて通り、顔をくるりと傾けたり等は少し不思議で、SF的な近未来感がある行為でした。

ロック画面をFace IDを使って解除するときのタイミングを正しく理解しておいた方が良さそうです。
これは2つのルートがあります。
・そのまま顔正面に持って来ると顔を認識してロックが外れて画面下から上にスワイプするだけ画面が開きます。
・先に画面下から上にスワイプすると、ロックを外そうとする流れの中で、Face IDが顔を認識して、一瞬で画面が開きます。
先に認識させるから、開く手続きの中の途中で認識させるかの2種類がありました(どちらかを選ぶのではなく、どっちでも出来る)。どっちでもよくて、好きな方でよいという感じです。

続きを読む

Detail of iPhone X

Detail of iPhone X

ちょっと時間が経ちましたが前回は購入までのレポートでした。今回、開封の儀を中心にiPhone Xを紹介します。

買って開けるまでの時間というか、開け方は結構人それぞれ違いますよね。じっくり開ける人もいれば、直ぐその場で気にせず開けて少しでも早く本体を手に取る人。特にこの初日購入では、そういう開けるまで本当に人それぞれなんだなぁというのを見ていて実感します。ちなみに、僕はこんなネタを書いてるぐらいなので、じっくり開封派です、笑。

Detail of iPhone X

ドキドキの開封を経て最初はマニュアル系で蓋をしています。クッションの役割もあるのかな。

例年は、購入時に一度目の前で開封してそれこそキズチェックをしたり、ちゃんと通電して使えるか?まで見ていた事もありましたが、今回は、開封せず機種変手続きだけで購入作業完了だったので、開封そのものがもうじっくり家でという感じでした。

箱はiPhone 7の頃と変わらずの作りです。中身も変化無し。Qiに対応してますが、付属品は引き続きLightningケーブルと5WのUSB電源アダプタです。いずれ、Qiが付属する事はあるのでしょうか(それがあるならその前にイヤホンが AirPods になりますね)。

Detail of iPhone X

遂にiPhone X本体が見えました。

続きを読む

荒れた!? iPhone X 購入 at Apple 銀座

iPhone X starting day at Apple Ginza.

待ちに待ったiPhone Xも発売。諸事情で予約のタイミングの時にネット環境が無く、当日販売分を狙うしかない(初日入手を選ばなければゆっくり予約も有り得たわけですが)というもっとも疲れる方法で、初日を迎える事となりました。

事前の調査で、どうも店頭販売分がありそうと踏んでいたら、まさかのApple本体から当日販売分ありますよの、アナウンスが出て、いきなりのピンチとなりました(しれっと当日販売を期待していて、それをしれっと並ぼうと思ったので)。

iPhone Xは世界の55を超える国と地域で提供され、11月3日(金)午前8時より(現地時刻)よりApple Storeでの販売を開始する予定です。ほとんどの店舗では、予約注文なしで早めに来店されるお客様に対してiPhone Xをご用意します。

iPhone X、10月27日(金)より予約注文がスタート – Apple Newsroom より

購入店舗は今回もApple 銀座です。表参道も考えましたが、やっぱフラッグシップ店でしょと。ただ、思い起こされるのは、2014年のiPhone 6の販売の時。銀座が転売を狙う中国人と、それに雇われたホームレスの人達で街が大混乱になった事です。それ以降、オンラインの予約販売のみとなっていたのですが、今回久々店頭販売復活となり、色々モヤモヤした思いと不安を抱えながら発売初日へ時間が進んで行きました。

流石に今回は、警察の指導も多々あって、列は始発からという案内が事前の話であったり(始発の概念が人によって違うので時間による案内が無いのがポイント)、徹夜はさせないという話もありました。ただ、そうは言っても…は常に起きるのですが、発売2日前の11月1日は夜列は無く、11月2日朝行ったら、10名ほど列がジーニアスバーを待つ列なのか、謎の列が出来ていました。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

朝9:40頃のApple 銀座

続きを読む

iPhone へ FMラジオ搭載の話は、利権をめぐる話ではないかとも考えられる


FCC 及び NAB からの圧力がかかっている Apple ですが、色々記事を見ていると一方的に Apple が’悪いというわけでもないようです。

一つにまずはアメリカ特有の活動事情を考慮する必要があります。日本はあまりロビー活動と呼ばれるものに対して積極的でもなく表立った動きを見せるということもしていません(お国柄もあるという話ですね)。一方でアメリカはそういう活動は、資金も注入し積極的です。今回のFM放送の受信という点で見ると、どんどんスマートフォンに取って代わられる立場側のラジオ無線の権利を持っている人たちからしたら、携帯網がほぼ使えない現在は、ラジオ放送の価値をアピールする絶好のチャンスなのです。
それもあって、iPhone をターゲットに攻撃していると見ることもできそうです。
なぜ iPhone なのか? – それは、現在 FCC 調査結果によるFMラジオがアクティベートされていないデバイス44%のうちの94%を iPhone が占めているからということでしょう(もちろん iPhone をターゲットにするのがわかりやすいというのもあると思いますが)。

分解でお馴染みiFixit の iPhone 8 のページには、Apple/USI 170804 339S00397 WiFi/Bluetooth/FM ラジオモジュールというチップがあることが記載されています。このチップのFMラジオの機能をアクティベーションせよと言っているのでしょうか。
FMラジオを受診するんは現在の iPhone では、アンテナが適正に設計されていないという話もあります。確かに、最近まで発売されていた iPod nano はFMラジオが受診できましたが、イヤホンがアンテナ替わりをする役目を持っていました。イヤホンをワイヤレス化する方向になってきており Air Pods 等へどんどん変化していくことを考えると、FMラジオを受診するアンテナはどうするか?という問題はあります。

米国のワイヤレス団体である CITA は、FCC の意見に賛同せず、ユーザ側に様々な選択肢があると言うスタンスで本件を捉えています。CITAは携帯網を中心とした団体でもあるようなので、同じ電波であっても、ラジオではなく”パケットを使って欲しい側”の立場です。

Apple は、いくつかのメディアを通してiPhone 7、iPhone 8 はFMラジオを受診できるチップもなくアンテナもFMラジオを受診するように設計されていないとアナウンスしています。

iPhone 7 and iPhone 8 models do not have FM radio chips in them nor do they have antennas designed to support FM signals, so it is not possible to enable FM reception in these products.
iMoreより

つまるところ、利権からくる争いと考えると Apple は一種の利権争いのネタとして巻き込まれた形になるので、だんまりもしくは交戦的になる可能性もあります。常々 Tim Cook は Apple がユーザに寄り添うと言う観点で色々な場所で説明をしたり、Apple Watch が人命を救ったことを強調したりしてきましたが、今回のようなケースの場合はどう言う判断を強いられるのか興味深いです。

直接FMラジオのことには言及していませんが、現在の Tim Cook はこの一連の災害に対して、iTunes からの募金を呼びかけると言う動きのみに留まっています。

利権という角度で捉えるのは考え過ぎかもしれませんが。

FCC による Apple へのFMラジオチップのアクティベートに対するプレッシャーが強まっているようで


海の向こうでiPhoneを巡るFMラジオ搭載についての応酬が再び激化してるようです。あまり日本では取り上げられてなかったのですが、cnet japan でも取り上げたようで、少し騒がしくなるのでしょうか。

以前、当ブログでも”将来 iPhone がFMラジオ放送を受診するのか?“を書きましたが、この時発表された内容含めての論戦となってます。

FCC会長のAjit PaiはAppleに災害時に情報を伝えれる手段としてFMラジオが活用出来るようFMラジオの機能をアクティベートするよう再度呼びかけています。そして、FCC 公式サイトでも Apple を名指ししてFMチップをアクティベートするよう呼びかけています。

それに対して、ユーザからの呼びかけに Phill Schiller が twitter で回答しています。

iPhone 7 も iPhone 8 もFMラジオが使えるチップセットを載せてないし、FMラジオが受けれるようにアンテナも設計されてないとの事です。

上記の Broadcasting & Cable の記事を読むと、NAB (全米放送事業者協会)社長のゴードン・スミス社長までがこの意見に賛成をし出して一層 Apple への圧力を増している形です。記事を読むと、最近米国で起きたハリケーン「ハービー」「イルマ」「マリア」によって受けた被害が甚大で携帯網がまともに復帰出来ない状況を受けて、災害時の手段としてラジオの活用を謳っている様です。

2月の時は事業者の判断に委ねる形でしたが、急に発言を強め出したんですね。携帯網が復帰しない問題は確かに大きいのですが、この同じ状況下で電気はちゃんと通っているのでしょうか?結局電気なければ、ただの鉛の塊になるので、色々この発言の実態は気になる所です。他にも避難所に固定電話及び光回線が来てれば Wi-Fi を飛ばせば…なども考えれます。もちろんFMラジオは電波なので、Wi-Fi の接続制限の問題も関係無いですし、受診場所の制限もかなり無くなるのでメリットは大きいのですが、世界的な重要で言うとどうなんでしょうか?アメリカのニーズだけのようにも聞こえますし、それによってデバイスの価格がまた上昇するのも…とも思い。さらに不思議なのはAppleだけを名指しで批判しているんですよね。他のスマートフォンメーカーに対しては何も言わない状況にも何かを感じます。

Apple と FCC で応酬し合うのか、他のスマートフォンメーカーがこの動きを見て搭載するのか、広い目で見て興味深い一件となりそうです。

Suica は世界モデル含めて iPhone 対応を果たしたのか?

iPhone 8 発売になりましたね。とりあえず、X待ちです。
さて、前回書いた「Suicaを始め遂に日本の Apple Pay が解放されることに」ですが、米国 Apple Pay のサポートサイトにスイカに関する詳細が少し出ていました。

If you’re in Japan
Let the cashier know if you’re paying with Suica, iD, or QUICPay. Simply look for the logo on your card in Wallet. To use your Suica card that’s set as your Express Transit card, simply hold the top of your iPhone near the reader.

Using Apple Pay in stores, within apps, and on the webより

こちら Set up Apple Pay のページにも

In Japan, you can also add Suica cards to Apple Pay.

という文言が。ただし、上記リンク先は iPhone 7、Apple Watch Series 2のみのことで、iPhone 8、Apple Watch Series 3 に関しては記載無しですが、リンク元が iPhone 8 を前提とした記事 (2017年9月20日の記事) だと思われるので、時期に記載されるでしょう。

最終的には、やってみるまでわからないとなりますが、直に(すぐに)誰かがネットに報告を上げてくれるでしょう。

やっと、グローバルな Apple Pay になれた…かな。

遂に Suica など日本の Apple Pay が解放されることに

iPhone X / iPhone 8 / iPhone 8 Plus などがアナウンスされましたが、日本の Apple Pay のページがサラっと更新されています。USの iPhone X の Tech Specs ページの Cellular and Wireless 見ても FeliCa の表示はなく、日本の仕様のページには FeliCa が乗っています( iPhone 8 も同様です)。

iPhone 7 同様今回も国内で販売された iPhone と海外で販売された iPhone で Apple Pay の互換性が異なるのか?と思いきや、意外なところに、その疑問に対する答えが出ていました。

Apple による Apple Pay の紹介ページです。ここの一番下段に Apple Pay と適合デバイスについて表記がありますが、”iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plus*”と書かれた部分です。
iPhone 7 と iPhone 7 Plus については国内で販売されたもののみと明記されていますが、iPhone X / iPhone 8 についてはその表記もないため、これはもしや日本以外で買った iPhone でも日本の Apple Pay に対応するようになったのではないか?と期待が膨らみます。Apple Watch Series 3 についても同様の扱いになっています。

いずれかのタイミングで一本化されることになるであろうと思っており、そうなるべきことを記載していました。思ったより、その一本化の話が早かったなぁと。

海外旅行者でも iPhone を使って Apple Pay による決済や Suica を使った移動が出来るようになるのは大変便利ですね。

では、逆に日本で買った iPhone X / iPhone 8 は、海外で同じように Apple Pay を使った決済が出来るのでしょうか? USサイトを見るそれに関する詳細な表記がありません。

そのまま、日本語サイトと同じ解釈をすると使えることになりそうです。
果たして実際どうなるんでしょうか?発売されてからのレビューが楽しみです。

ソフトバンクアメリカ放題はやっぱ使えるサービス(2017年春版)

春の出張時T-Mobile の Tourist Plan を使ったと書きましたが、2台持っていて、iPhone 7 はソフトバンクなので、そのまま今回もアメリカ放題を使いました。

昨年秋に使っていますので、使い方については何も気にせず着いたら即 Sprint に繋がって使い始めるだけでした。

2回目だからといって新たな手続きもありません。
基本料も何も追加費用かからず利用出来ます。

これは本当に便利。
海外へ行く時の通信環境の確保は必須ですが、色々ルータの値段を比較したり、オプションに悩んだりとするわけですが、このアメリカ放題であれば、何も準備も気にする事なく日本と同じ状態で繋げるのです。各社色々比較して、準備した Wi-Fi ルータで充分なのか?、電話は追加で必要だったのでは?とかそういう事を気にする必要がありません。
あっという間です。

日本と同じままで使えるのです。
電話番号も、そのまま。
ネット環境もそのまま。

ニューヨーク、サンフランシスコでは、ほぼ問題ありませんでした。地下鉄で若干繋がらない時はありましたが、それは T-Mobile も同じだったので、そういう場所だったんでしょう。

ラスベガスでは、若干繋がりに難ありな所がありました。
行く地域によって差があるという事だと思います。
AT&T、Verizon もカバー率100%じゃないのでこればっかりは致し方ない面もあるのかなと思います。
下記に主要なキャリアのエリアマップがある場所のリンクを置きます。
Sprint のカバーエリア > Sprint – Nationwide Coverage
AT&T のカバーエリア > AT&T Maps – Wireless Coverage Map for Voice and Data Coverage from AT&T
Verizonのカバーエリア > Verizon International Coverage
T-Mobile のカバーエリア > 4G LTE Coverage Map | Check Your 4G LTE Cell Phone Coverage | T-Mobile

繋がらなかったとしても、シッピングモールとかでも結構 Wi-Fi 飛んでいるので、変なのにさえ繋がなければ、結構使えるポイントはあるので、万が一 Sprint がハズレてもなんとかなりました。

米国でT-Mobile ツーリストプランを活用する


今回春のアメリカ出張の時は、通信手段については、Wi-Fiをレンタルしませんでした。
代わりに、SIMフリーiPhone SEを直前で手に入れた事から、これをベースにしようと考えました。で、見つけたのがT-Mobile Prepaid International Tourist Planでした。

実は、その直前までは、同じT-Mobileのウォールマートで売っている月額30$で5GBのプランを検討していました。で、事前に入手しておこうとAmazonで買ったら、まさかのアクティベーションコードが着いてないという大問題発生。幸い、クレームを出したら即返金されました。返金されたのはよかったのですが、おかげで通信手段の確保は、アメリカ着いてからしなくてはいけなくなりました。

:ちなみに、色々調べていたらウォールマートの月額30$で5GBというプランは行く前に終了したようで、結果的にT-Mobile Prepaid International Tourist Planで行く事にしました。

T-Mobile Prepaid International Tourist Planについて

・3週間30$
・1000分の通話
・無制限テキストメッセージ
・最大2GBまでの4G LTEデータ通信
・テザリングOK

となっています。

T-Mobileのお店に行って、Tourist Planが欲しいと言えば、SIMカードを出して来てくれて、その場で手続きを行います。すぐにSIMが開通し、使えるようになります。

手続きは簡単です。iPhoneを渡してその場でSIMを挿してアクティベーションします。それだけです。あっという間にT-Mobileのネットワークに繋がりました。

■繋がれば圧倒言う間
スピードは計測するのを忘れたのですが、使っていて十分でした。ちょっと2GBという容量が気になるところです。そこでホテルなどWi-Fiが使える所は、積極的にWi-Fiを使えば2週間の間での容量は大丈夫でした。

: 電話もかける事が出来ますが、国際電話はかけられません。米国内限定です。なので、日本からローミングして持って来ている携帯とは通話出来ません。
iMessageやFacebook Messenger、Skype等のIP通話が出来るツールを活用する必要があります。

もう一台SoftbankのiPhone 7も持って行き、こちらはSprintにアメリカ放題で繋がります。ニューヨークやサンフランシスコでは大丈夫だったのですが、ラスベガスが場所によってはボロボロでした。なので、別枠のT-Mobileがいてくれて安心でした。