Hawaii 2016 on Film – FUJIFILM KLASSE W w/ SUPERIA PREMIUM 400

Hawaii 2016

FUJIFILM KLASSE W + FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400

2016年の旅行ではハワイに最後寄って帰っています。ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトル、ハワイと動いたので忙しくも楽しい旅行でした。もう少し海外旅行がしやすい状況に戻ればと思います。
こうやってみると、ちょっとSUPERIA PREMIUM 400はハワイとは相性が違う?なんか色味が渋すぎるかなって今見ると感じますね。フィルムの特性かな。AUTOで撮ってたと思いますが、少し明るめにf値を固定して撮る方が良かったかもしれません。
デジカメと違い、フィルムは現像して結果を見てみるまで最終的にどうなるかわからないので、そこが難しいところですが一方で予想外の新しい発見もあったりするので面白いところですね。


We made a last stop in Hawaii on our 2016 trip and returned home. It was a busy but enjoyable trip as we moved from New York, San Francisco, Seattle, and Hawaii. I hope to return to a situation where international travel is a little easier.
In this way, I wonder if SUPERIA PREMIUM 400 is a little different from Hawaii. I feel that the colors are a bit too subdued, maybe a characteristic of the film. I think I used AUTO, but it might have been better to use a slightly brighter f-stop.
Unlike a digital camera, with film you don’t know what the final result will be until you develop the film and look at the results. But that is fun and sometime unexpected image at developed print.

Hawaii 2016

FUJIFILM KLASSE W + FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400

続きを読む

Seattle 2016 on Film – FUJIFILM KLASSE W w/ SUPERIA PREMIUM 400

Seattle 2016

FUJIFILM KLASSE W + FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400

今回もKLASSE WとSUPERIA PRMIUM 400での2016年のシアトルです。
シアトルに行ったのは、この時一回だけで長く居た訳ではないので、もう一回行ってみたい場所です (後は2019年の旅行でトランジットで立ち寄ってホテルで寝るというのがありました)。

出来ればイチローがマリナーズのグランドで練習してる姿を見てみたいと思ってます。

行った時の事を思い出すように、すっきりとした青い空が綺麗に出ていて、また行きたくなります。フィルムならではの写りになっていて、記憶と気持ちに響いて来ます。

前回の旅行ではボーイングの工場見学とTHE MUSEUM OF FLIGHTをメインに回りましたが、今度はもう少しシアトル市内を楽しむ感じもいいなと思っています。パイクプレイスマーケット近辺はお洒落で面白そうなお店が多そうでした。またじっくり回ってみたいです。


Again, this is Seattle in 2016 with KLASSE W and SUPERIA PRMIUM 400.
This is the only time I’ve travel to Seattle and I wasn’t there for long, so it’s a place I’d like to visit again (in 2019 trip, I’ve been stopping in transit and just sleeping in a hotel).

I would love to see Ichiro Suzuki practicing on the Mariners field with his team mate if possible (I know he was retire, but he is still train in ground with mate).

The clear blue sky is beautiful, as I remember when I went there, and it makes me want to go back. The images are captured in a way that only film can, and they resonate with my memories and feelings.

On my last trip, I mainly toured the Boeing factory and THE MUSEUM OF FLIGHT, but next time I would like to enjoy Seattle a little more. I thought the area around Pike Place Market seemed to have many stylish and interesting stores. I would like to take my time to visit there again.

Seattle 2016

FUJIFILM KLASSE W + FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400

Seattle 2016

FUJIFILM KLASSE W + FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400

続きを読む

New York 2016 on Film – FUJIFILM KLASSE W w/ SUPERIA PREMIUM 400

New York 2016

FUJIFILM KLASSE W + FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400

古い写真になりますが、2016年のニューヨークです。
2016年にアメリカ旅行に行った時にフィルムで撮っていた分です。
フィルムを現像して、デジタルデータでももらっていたのですが、印刷した写真だけ見ていてデータを取り込み忘れたままとなっていました。

カメラはFUJIFILM KLASSE W、フィルムはFUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400です。
SUPERIA PREMIUM 400は27枚撮りは無くなってしまいましたが36枚撮りがまだ手に入るフィルムですね。

やっぱあらためてフィルムの写真見るとデジタルとは違いますね。どっちがいい、悪いじゃなく、もう単純に別物。
iPhoneで見る写真とMacで見る写真でも粒状感が違って見えます。iPhoneは画面が小さいから、当然なのですが。


This is an old photo, but it is New York City in 2016.
These are the minutes I took on film when I traveled to America in 2016.
I had the film developed and received the digital data as well, but I only saw the printed photo and forgot to import the data.

The camera is a FUJIFILM KLASSE W and the film is FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400.
SUPERIA PREMIUM 400 is no longer available in 27 shots, but 36 shots is still available.

When I look at film photos again, they are so different from digital photos. It’s not that one is better or worse than the other, but they are simply different.
The graininess are looks different to see photos in a iPhone and a Mac, which is natural because the iPhone screen is smaller.

New York 2016

FUJIFILM KLASSE W + FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400

New York 2016

FUJIFILM KLASSE W + FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400

続きを読む

The photos of FUJIFILM KLASSE W with SUPERIA PREMIUM 400 -02

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

前回のKLASSE Wの写真に続き今回もSUPERIA PREMIUM 400で撮影。フィルムはやっぱり緊張感が定着する感じがする。ゆるく撮ればなんかそんな感じに、カチッと構えたらそんな感じにと、なんか思いが乗る感じがします。デジカメのように撮ってすぐ確認できないからそう思うだけ?
色の雰囲気はデジカメと全然違って、これはこれで面白い。あーフィルムだなぁと感じる一枚もあれば、デジカメかフィルムか?とシャープさを感じる1枚もあったりして面白い。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

28mmの画角はやっぱ違うなと感じる一枚。良く撮る位置なだけに広さを感じるのは28mmならでは。
続きを読む

The photos of FUJIFILM KLASSE W with SUPERIA PREMIUM 400 -01

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

先日のエントリーで書いたKLASSE Wで撮った写真です。現像・プリントは軽米写真館さんにお願いしました。
初めて、写真が届いた時、ワクワク、ドキドキしました。デジカメでは味わえない気分です。カメラを買ったわけでも、何か物を買ったわけでもありません。でも、ワクワク、ドキドキしました。まるで、新しいカメラを買ったような気分です。こんな風に撮れていたんだと思ったり、あちゃーと思うこともあったり。現像の仕方でも変わると思うのですが、デジカメとは全然違いますね。どっちがいい、悪いということではなく、単純にやっぱ違うものなんだなぁということはよくわかります。よくRAWデータで色味をそういう方向に持って行っているのを見ますが、やっぱそういうことじゃない気がします。柔らかさとシャープさが混在しているような独特な感じです。面白い、面白いです!プリントされた写真を見ているだけでも、写真っていいなぁって感じます。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

デジカメは自分で撮って、RAW現像するなら自分で行います。フィルムは、現像・プリントをお願いします。誰かに託します。そのプロセスの違いがまた面白いです。
もちろん、フィルムを自分で現像・プリントする人もいますが、それはさらに趣味性を高めた人やプロが行う作業であって、多くの人は写真屋さんにお願いするのです。
そうして出来上がった初めて写真になって手に取ることができた時の気持ちは最高です。フィルムってこんなに面白いんだと思いました。デジカメの良さ、フィルムの良さそれぞれを楽しみながら写真を楽しもうと思います。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

今回使ったフィルムは、買った時に一緒についてきていたFUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400です。フィルムごとの違いを語るにはまだまだ未経験。そういう傾向も一つの楽しみとしてこれから楽しもうと思います。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

続きを読む