富士フイルムのカメラと過ごす時間

Tokyo Sumida-ku - 2020

Tokyo Sumida-ku - 2020

FUJIFILM XQ1

富士フイルムのカメラを始めて買ったのが、XQ1でした。NEX-5NとPowerShot S95を使っていた時、色々写真サイトを見ていて、富士フイルムのフィルムシミュレーションに強く興味を持ちました。
丁度、その時にXQ1が発売されるという情報を得て、迷わず買おうと決めました。2013年11月のことなので6年ちょっと前です。そこから、富士フイルムのカメラにハマります。XQ1は今ほどではありませんが、フィルムシミュレーションがX100と同じ種類があり、X-Trance II搭載とセンサーサイズは2/3インチとコンパクトデジカメにしてはちょっと大きく、非常にハマったカメラです。今でも、持ち出して使う事があるほど愛着があります。

Tokyo Sumida-ku - 2020

そんな中フィルムカメラが欲しくなってきました。でも、仰々しいカメラではなく、自分のスタイルに合う気軽に持ち歩けるカメラです。中古でもいいと思ったのですが、調べてみたら富士フイルムのKLASSE Wがまだ現役として発売されていました。色々あった結果、これも我が家に迎える事となりました。色は他と同じく黒で。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

フィルムは不便な部分もありますが、やはりフィルムしか出せない雰囲気もありますし、フィルムシミュレーションを楽しんでいる事を考えると、そもそものフィルムを楽しみたいと思うようになりました。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

続きを読む

Taiwan – 2017 Morning – Final

Taiwan - 2017

載せそびれていた台湾の写真も今回で終了。出発前の朝の台湾でした。
改めてみると面白い街で。温故知新というか。カメラ持って歩きたくなる理由がよくわかりますし、X100には合う街ですね。
こういう街の絵は、アジア圏独特の姿ですね。欧米の人が観光に来る理由が分かります。
日本も少し前まではこういう感じの雰囲気も多かったと思いますが、減ってきてはいますね。

Taiwan - 2017

独特の密集した感じでは、台湾の方が日本よりも全然上ですが(それがいいかどうかは別として)。
大きなネオンの看板とか、窓にある柵とかは日本では見かけない絵ですね。
日本と違って、漢字は密度が高い文字なので、漢字が並んでいる看板とかがたくさん並んでいる感じは欧米の人からすると独特に見えるでしょう。
カタカナ、平仮名のスカスカな感じと、漢字が並んでいる日本の看板もまた独特に見えると思いますが。

Taiwan - 2017

チャンスあったらまた行きたいですね。
そこまで旅費も高いわけでもないので。

Taiwan - 2017

続きを読む

Taiwan – 2017

Taiwan - 2017

今更ですが、切れていた台湾の残り分 (後もう一回ほどあります・・・)。
台湾はまた行きたいですね。遠くもないし、居心地も悪くないしで良い場所でした。
なかなか海外には・・・っていう人にとって、まずは台湾からというのもよくわかります。

Taiwan - 2017

新しいカメラを買った記念で行ってみる、一人旅してみたくて行ってみる、頑張ったご褒美に行ってみる、理由はなんでもいいと思います。
安く行けるプランが多いのも来やすい理由ですよね。
Expediaで航空券 + ホテルでまとめて買うと安く抑えれるので、それで行くのも一つだと思います。

Taiwan - 2017

続きを読む

Tokyo Shinbashi – 2020

Tokyo Shinbashi - 2020

X100V発表されましたね。リーク通りの内容で目新しさは、なかったですが、ある意味大事で謎だった価格が見えたことは大事な発表でした、笑。気持ちちょっと高いなと思いますが、最近軒並みどんな製品も価格が上がっている傾向にあるので、致し方ないのかなと思ったり・・・。

ちなみに買おうと思っています。発売日に飛びつくかはまだ決めてないですが、ほぼほぼ買う想定です。色が悩ましい、ブラックはカッコイイですが、シルバーもカメラっぽさが強くていいなと思ったり・・・この悩みは買うまでの楽しみですね。

Tokyo Shinbashi - 2020

とりあえず、早めに会社を出たので、帰り際に新橋を少しパシャパシャと。やっぱ、X100Sで撮っていると楽しい。
もうちょっとレスポンス速くならないかなとか小さな不満はありますが、それはX100Vで解消されている部分もあると思いますが、いずれにしても、このX100シリーズが持つ基本コンセプト、ポテンシャルは、僕が望む姿とマッチして楽しいです。

Tokyo Shinbashi - 2020

続きを読む

お久しぶりです – 2020

Tokyo 2019 by FUJIFILM X100S.

大変、ご無沙汰な投稿です。
誰が待っていたのか?と言われると、読者の数も多くはないので、そうですね・・・となってしまいますが、あえて上記の一言から始めさせてください。
色々ありまして、なかなか時間的余裕も、気持ちの余裕も持てずで、更新もほったらかしになっていました。
その間投稿できるようなネタもあったのですが、どうにも筆が進まないというか、キーボードを叩く感じになれなませんでした。

Tokyo 2019 by FUJIFILM X100S.

写真も撮ってるようで撮ってなく、iPhoneで撮る回数が増え、手軽な方向に気持ちが走りつつ、それはそれでiPhoneもいいのですが、やはり物足りないという気持ちは膨れ上がるばかりでちゃんとカメラで撮りたいという気持ちと、撮るという行為にやや気持ちが繋がりきれませんでした。

Tokyo 2019 by FUJIFILM X100S.

ただ、やっと色々気持ちに整理がつき始め、あらためてまた色々再開しようと。ただ、あまり無理してもしょうがないので、肩張らず気ままにまたダラダラ再開させます。と言いながら途切れたらごめんなさい、笑。

続きを読む

Taiwan 2017 -街中-

Taiwan 2017

まだちょっと台湾編続きます。アップしているペースが悪いので、ずっと台湾ばっかり載せている感じですよね・・・。もう少しペース上げねば・・・。やりたい事は多いのですが、時間が全く追いついていません・・・。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

後半に出てきますが、クロネコヤマトのトラックを見かけたのですが、ほぼそのままんまなテイストだと思うのですが、全然違和感なく溶け込んでいるのが、同じアジア圏なんだなぁということを実感させてくれます。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

続きを読む

Taiwan 2017 – 路地裏編 –

Taiwan 2017

少し路地裏の方にも行ってみました。面白いことに、日本語の看板がチラホラ見えます。無理やり字を当ててるというよりも、もう少しバランスも含めてちゃんと日本語が表記されている感じな看板が多く、なんか不思議でした。

Taiwan 2017

今回の写真の何枚かはXQ1を使って撮った写真もあります。なんだかんだXQ1には思い入れも愛着もあります。結構台湾にXQ1は似合っているんじゃないかなと思いました。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

続きを読む

Taiwan 2017 -街中編-

Taiwan 2017

まだまだ続く台湾写真。あらためて見ると、この景色も独特だなぁと。空港からの電車や駅は凄い綺麗で近代化されているのですが、どうもそれに対して街が追いついていないというか、時が止まっている感じを抱かせます。それが独特の雰囲気を生み出しているわけですが、面白いなぁと。

Taiwan 2017

ちょうど、そういう雰囲気とX100Sが合うんですよね。X100が好きだからというのは多分にあると思うんだけど、丁度いい。カメラが重すぎてはせっかくの旅行もヘトヘトになるし、かと言って、チープ過ぎるとせっかく取った写真もなんかイマイチ。そういう意味で、X100S(今はX100Fが現行モデルですが)は、本当にフィットしていました。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

続きを読む

Taiwan 2017 – 朝市 –

Taiwan 2017

台北の朝市です。観光客向けではなく、完全に地元の人のための朝市。なので、普通に食料品が売っており、お土産を探すという感じではありません。でも、何も買わずとも、ブラブラと見て歩くのもまた、旅行の楽しさでしょうか。
活気がある朝市でした。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

こういう光景が、欧米の人含めて今台湾が人気の理由の一つなんでしょうね。こういう朝市はアメリカとかにもあると思いますが、明らかに色が違う。どっちがどうということでなく、ただ色が違うだけで、物の感じ方、雰囲気の受け取り方は異なりますよね。
日本でも地方の方に行けばこういう光景はまだ見れるのでしょうか・・・?

Taiwan 2017

続きを読む

Taiwan photos 2017 taken by FUJIFILM X100S

Taiwan 2017

日中の台湾の写真です。
今改めて見ると、レトロ感というか、日本の昔に似た姿が残っていることと、ある意味それがそのまま年を重ねて味となって今いることを感じます。ただ、見ている僕らはそう思うだけで、住んでいる人たちにとってそれがいいかはきっと別ですよね。

でも、台湾が人気な理由の一つがすぐにわかりました。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

続きを読む