安いけどしっかりMacBook Proを保護するハードケース

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

MacBook Proをそれなりの期間持ち歩くことになったので、さすがに裸のままだとちょっと心配ということもあり、適当な安いケースを探しました。で、秋葉館のサイトを見ていた見つけたのがHardShellCase MacBookPro 15 Late2016 Blackでした。クリアタイプもあったのですが、クリアタイプは、反射や、ケースのハマり具合が露骨に見えるだろうと思ったので、黒を狙って、一度店舗に観に行ってみました。

ケースに求めていたのは、単純なカバーでデザイン性でもありません。シンプルにマットな感じのもので十分と思っていました。そして価格も安いこと。あくまでもMacBook Proを守ってほしいカバーです。なので、カバーとして機能してくれればいいので、安い方がいい。カバーが高いと、これまたカバーに傷がついたらとか、カバーとしての機能を否定するような事を考えてしまう…。そうなる前に、安いカバーを買っていてれ、カバーをカバーとして使えるだろうと。そして、飾りも何もない単純なデザインでいいと思いました。

なので、この秋葉館のHardShellCase MacBookPro 15 Late2016 Blackは色々な面で必要十分でした。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

裏面に取り付け説明書があります。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

中はフィルムで包まれているだけの簡易な包装です。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

底面ケース中側。


HardShellCase for MacBook Pro Late2016

ケースの底側。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

カバーをつけた状態。カバーは黒いので、明るい場所でない限りリンゴマークはこんなにハッキリと透けて見えません。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

底側にケースをつけた状態。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

スライドさせるようにつけて、小さな爪で本体に取り付けます。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

この角度から見ると、カバーをつけたことがそんなに目立つことはありません。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

寄って見ると、カバーが付いていることがわかります。せっかく薄くなったのに、カバー分の厚みが増すこととなります。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

インターフェース部分はカバーが被らないように、なっています。

HardShellCase for MacBook Pro Late2016

反対側の処理も同様です。この角の部分は何も保護されていないので、傷がつく可能性はゼロじゃありません。気をつけるポイントですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください