荒れた!? iPhone X 購入 at Apple 銀座

iPhone X starting day at Apple Ginza.

待ちに待ったiPhone Xも発売。諸事情で予約のタイミングの時にネット環境が無く、当日販売分を狙うしかない(初日入手を選ばなければゆっくり予約も有り得たわけですが)というもっとも疲れる方法で、初日を迎える事となりました。

事前の調査で、どうも店頭販売分がありそうと踏んでいたら、まさかのApple本体から当日販売分ありますよの、アナウンスが出て、いきなりのピンチとなりました(しれっと当日販売を期待していて、それをしれっと並ぼうと思ったので)。

iPhone Xは世界の55を超える国と地域で提供され、11月3日(金)午前8時より(現地時刻)よりApple Storeでの販売を開始する予定です。ほとんどの店舗では、予約注文なしで早めに来店されるお客様に対してiPhone Xをご用意します。

iPhone X、10月27日(金)より予約注文がスタート – Apple Newsroom より

購入店舗は今回もApple 銀座です。表参道も考えましたが、やっぱフラッグシップ店でしょと。ただ、思い起こされるのは、2014年のiPhone 6の販売の時。銀座が転売を狙う中国人と、それに雇われたホームレスの人達で街が大混乱になった事です。それ以降、オンラインの予約販売のみとなっていたのですが、今回久々店頭販売復活となり、色々モヤモヤした思いと不安を抱えながら発売初日へ時間が進んで行きました。

流石に今回は、警察の指導も多々あって、列は始発からという案内が事前の話であったり(始発の概念が人によって違うので時間による案内が無いのがポイント)、徹夜はさせないという話もありました。ただ、そうは言っても…は常に起きるのですが、発売2日前の11月1日は夜列は無く、11月2日朝行ったら、10名ほど列がジーニアスバーを待つ列なのか、謎の列が出来ていました。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

朝9:40頃のApple 銀座


その後会社で仕事をしながら時々twitterでチェックしていたら午後50人程の列が、との内容を発見。

まぁそりゃそうだろうな、想定通りと思い、仕事を定時で上がり、Apple 銀座に18時30分前に到着。大体100人強か?と思って着いたら、あの嫌な記憶が蘇る光景でした。流石にあの時ほどの溢れかえる感じでは無かったですが、ざっと数えて250人程かという数でした。その後警備員が数えた人数を聞いたら218、230と何故か、2回目若干人数増えてるしって言う状態。これはキケン…と思いながら、前後の人と仲良くなり(幸い前後日本人)、夜を過ごすことに。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

11/2 18:15 早くも警察が出動して店頭で色々話していました。

今回は運が悪く、雨が11時過ぎより本格化して、雨の徹夜となりました(傘がなく、その前にコンビニに買いに行きました)。しかも、季節は11月。秋とは言えどもう夜は寒く、防寒はそれなりにしたつもりですが、それでも寒く、一番キツかったのは、足の底が冷えまくった事です(靴の中に入れるカイロをコンビニで買いました)。本当に地獄でした…。しかも、当然ですが眠くなります。しかし、雨で床が濡れているため、座るわけにもいかず…。そして一段と追い討ちをかけたのが、並んでいる最中座ってはいけないというルールでした。
そうなんです、もう立ち続けるしかありません。座ろうものなら、たちまち警備員さんもしくはApple 銀座の人に立ってくださいと言われる始末。流石にずっと立っているのは大変で、時々目を盗んでしゃがんだりはしましたが、堂々とドーンと座れない(寝れない)のは大変地獄でした。終電過ぎれば、少し落ち着いて座れるかなとも思ってたのですが、そんな事御構い無しの雨がそもそもの座るという選択を全てかき消して、ひたすら立っていました。雨がやんだのが朝の4時過ぎでしたが、その間とにかく寒く、眠くなるしで、泣きそうでした。全ては予約が取れなかったことなので仕方ないのですが…。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

雨上がり。本当に雨は体力を奪い、寒く大変でした。

雨が降っている間の列は、これまた酷く、アジア人集団はちょっとした屋根があるビルの陰に入ろうとしたりして(不法侵入で逮捕されると何度も注意されていた)、Apple 銀座の人、警備員さんに何度も怒られている人がおり…(日本人ではありませんでした)。そして、必殺の横入りをして来ようとするので、ギャーギャー言ってブロックしました。これについては、Apple 銀座の人、警備員さんを巻き込んで指摘すると、何度も往復中にチェックしてくれました。Apple 銀座の人は本当に頑張ってくれていました…感謝です。

午前中まで雨だったら、こりゃかなりの消耗戦と思ってたら、雲も抜けて、日が出て来て暖かくなってきました。徐々に開店時間8時が近い付いて来ます。すんなりと直ぐに行くとは思ってなく、10時くらいに買える流れと思ってたのですが、完全に読みを間違えました。
一向に列が進まず…。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

朝の銀座。Apple 銀座は開店していますが、他のお店はまだまだなので、周辺の人はまばらです。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

順番が来るまで西日が強い中順番を待ちます。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

いよいよ店内へ。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

キャリア契約はこちらで。ほとんどがSIMフリー機とのことで、キャリア契約のマシンは手続きの時間があったりするので、少し順番を待ちます。

今回もかなりの混乱と警察とのギリギリの攻防(指導)があり、次回当日店頭販売があるかわかりませんが、備忘録として今回の流れを残しておきます。

・Apple としては正式に列として前日アナウンスをかけたわけでもないので、出来上がっていく列については、深く関与する感じでもなかった。
・ただし、深夜にApple 銀座の店員さんが定期的に列全体の様子を見に動いてくれていた。困ったことがあると(横入り等)、この人に相談すると色々言ってくれた。
・Apple 銀座の人は5時が始発の目安と深夜に言っていた(ただし、回答してくれた人の個人的な感想の可能性あり)。
・8時前に事前予約済み列と、当日店頭販売列に分裂(それまではまとまって一列)。
・以前は6時頃に整理券に相当する希望するモデルが書かれた紙が配布されたが今回はなし。
・事前予約の人を優先的に処理。
・特に午前帯は、予約数が多かったようで、当日分の列の動きはかなり悪い
・メアド、身分証明書が必要と列に並んでいる時に伝えらられる。
・上記のようにモデルが書かれた紙ではなく、Apple 銀座の人に希望するモデルを伝えて、電話番号を伝えると、SMSで予約が受理されたURLが送られて来る(メールで来るパターンもある)。この段階で購入希望モデルが確定となる。
・URLにて表示される予約ページは、以後予約を進める中で何度か見せることとなる(購入後ページは消滅する)。
・その予約時間に従い、事前予約済み列側に再度並び購入
・外国人へのこの手順の説明にかなりの時間がかかってた模様
・一人2台まで購入可能
・事前予約してた人が追加でもう一台購入も可能(それだけ端末数に余裕があったと見る事もできるが、並んでる時は、当日分が無くなるのでは?と心配になった)
・キャリア契約をすることも可能。分割購入の場合、審査に時間がかかったりすることがあるとのこと(僕は大丈夫でした)
・iPhone X単体の価格が高かったこともあり、Apple ローンを組む人が多く、それの審査に時間がかかって、進みが悪かった模様。

以上です。
今回は、開店前のコヒーサービスはありませんでした。表参道ではどうやらあったようです。
それどころじゃなかったのかな…まぁ、色々あったので難しい局面だったのかもしれませんが。

買うことはできたが・・・
そんなこんなで木曜18:30から並び始めて、購入完了となったのは発売日11月3日の16:40でした。約22時間に渡る激戦でした。買えたことの喜びは大きいですが、体力はボロボロです。
気持ち的にも…今回はかなりの我慢比べと、一体何の意味があるのか?と自問してしまう事もあるくらいハードでした。日本人だけでピックアップしたらおそらく20-30番内だっただろうと思います。つまり、かつての列の時に並ぶのと同じ感覚です。ですが、2014年ほどではなかったにせよ、この状況となると、もはや、買うまでの並んでいる期間もお祭り的雰囲気はなくなり、一種の緊張感が漂っており、並ぶ楽しさよりも、苦行の様な感じになってしまった事に、一種のiPhone発売日というものへの「変化」をあらためて感じました。2014年の時も同様でしたが、その後の間で少し忘れてましたが、あらためてそれを実感出来た事は良かったなぁと。

とりあえず、無事購入出来ました。会計時合わせて、ケースも欲しかったので、iPhone X Leather Case Cosmo Blueも一緒に購入しちゃいました。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

大賑わいの店内です。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

サードパーティ製ですがQiの展示も行われています。

それでも銀座だったか?
難しい質問です。でも、やっぱ今回は、このiPhone XにかけるAppleの意気込みを考えると、日本でのフラッグシップストアであるApple 銀座に並んで良かったと思ってます。

次は具体的な開封の儀と、使っての感想をあげます。

余談
購入してから帰る時に見た歩行者天国の ワンシーンです。ホームレスの人達が買ったiPhoneを取りまとめているシーンです…。こういうのを見ると本当に萎えますね。

iPhone X starting day at Apple Ginza.

iPhone X starting day at Apple Ginza.

All shots taken by iPhone 7

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中