iPad Air 2がディスコンへ。新しいiPadが登場。

長い間モデルチェンジが無かったiPad Air 2ですが、昨夕から晩にかけてのApple Storeのメンテナンスが開けると共に、新しいiPadが登場した事が確認されました。
非ProモデルのスタンダードiPadですが、Airというネーミングが外れて再び元の”iPad”という名称に戻ったのが一番印象的な変化でした。

機能の詳細を確認するとこの新しいiPadには、いくつかの製品ポジションとしての難しさに直面している事が伺えます。
・CPUがA8Xからアップグレードされたが、A9チップであって、A9Xではない。
・iPad Air 2の厚さ6.1mmから7.5mmへと分厚くなった。
・同じくiPad Air 2に比べて重さが437gから469gへと重くなっている。
この3つの項目が気になりました。これは、当然同じ9.7インチのiPad Proのスペックが影響しています。
iPad Proは、A9Xチップを搭載し、厚さが6.1mm、重さが437gと、フラッグシップ機としてのスペックを示しており、これを上回る事は許されなかったのでしょう。そういう意味では進んだような、下がったようなちょっとiPadらしさが少し失われた様にも感じてしまいます。この厚さ7.5mm、重さ469gとは、初代iPad Airと同じ仕様になっています。アップデートされないiPad Pro 9.7インチが今回の新しいiPadの壁になったであろう事は想像出来ますし、スペックを部分的に下げた事を考えると、iPad Pro 9.7インチは当面アップデートされないのか?とも思ってしまいます。

一方でカメラの性能、Wi-Fiスピードの能力的にはiPad Air 2と変化ありません。

新しいiPadに比べてiPad Air 2はCPUスペックはちょっと劣りますが、初代iPad Airを触ると厚さ、重さが少し気になってしまう(iPad Air 2を常用しているからだとも思いますが)ので、我がiPad Air 2は登場から2年半(2014年10月16日発売)を超えましたが、まだまだ全然現役で変える理由が無いというのが正直なところです。初代iPad Airを使っている人にとっては、買い替えるか悩んでも良いかもしれないですね(初代iPad Airは2013年10月22日発売)。
新しいiPadは、初代iPad Airと同等な外観を持ちつつ、中身はiPad Air 2をちょっとだけ進化させたモデルとなっています。64GBと丁度サイズ感が良いモデルもなくなり、32GBか128GBとシンプルなラインナップになりました。ここまで削ると逆に容量で迷う事が減るのでラインナップがシンプルになる事は初心者ユーザには良い事だと思います。

3月25日0時1分から予約開始です。さて、どれくらいの伸びを示すのか、興味深いところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中