韓国旅行での通信環境確保 – AIS SIM2FLYが便利

To Souel 2017

記載してきた韓国旅行ですが、2泊3日と言えど、やはり携帯が使えないのは何かと不便です。
ポケットWi-Fiをレンタルする方法もありますが、幸いSIMフリーiPhone SEを持っていたので、現地で使える格安SIMを見つけるだけ。
ネットで色々調べていたら、Amazonでワイズソリューションズ(USIM.Cheap)が扱っている「AIS SIM2FLY 8Days 4G/3G ローミングSIMカード」が、4GBの通信容量を持ちながら、1400円と格安だったので、これでいいかなと。

ポケットWi-FiではなくSIMフリーでいいかと思った理由を列挙

・ポケットWi-Fi借りるよりトータルで安い
・4GB使えるので、滞在期間考えたら容量も気にするレベルじゃない(動画とか見なければ)
・1日の通信料も、気にしなくていいだけの通信量がある
・ポケットWi-Fiが無い分荷物が少なくて済む
・ポケットWi-Fi分のバッテリーを気にしなくていい
・ポケットWi-Fiの受け取り返却の手間がない
・ホテルではWi-Fiが使える(そういうホテルを選んだ)
・8日間限定だが、2泊3日旅行なので充分
というポイントからワイズソリューションズのSIMを活用する事に決めました。

Amazonでポチッとしたら、封筒にSIMカードが入って送られて来ました。普通の郵便物として送られてきたので、少々ビックリ。

To Souel 2017

まさかの普通郵便。コスト削減と思いますが、一応お金に相当するものが入っているのをどう思うかは…。


To Souel 2017

簡単な使い方とともに、SIM本体が入っています。

AIS SIM2FLYをアクティベーション

事前にSIMをアクティベーションしておいた方がいいという事で、成田で現在使っているSIMを抜いて、このSIMを指します。すると、AISから、SMSが来ます。日本ではSoftbank回線に繋がるようです。SMSを開くと、謎のタイ語が…。きっとアクティベーション完了と何かの案内だと思うのですが、ここは割り切って無視。使えればOKと。
(気になる人はちゃんと調べた方がいいと思います)
あっさりと、我がiPhone SEは、韓国に向けて準備完了となりました。
同時に、韓国に着くと即使える体制になったという事です。これは本当に便利。長い入国審査を待っている間も、ネットに繋ぐ事が出来るわけです。

AIS SIM2FLYでのアクティベーションの流れ

韓国では、KOR SK Telecomに繋がります。明洞(ミョンドン)に行きましたが、問題なく繋がり、iPadへのテザリングも出来てで、スピードも遅いと感じず快適でした。
現地で安くSIMを買う、ポケットWi-Fiをレンタルしていく事を検討していたら、端末をSIMフリー化して、このAISのSIMで繋げるのはオススメです。

上記書いたように郵便物として届くので、ギリギリで頼まず、ゆとりを持って注文する方がいいと思います。逆に使用期間はアクティベーション開始から8日間なので、ギリギリまでアクティベーションせずに置いておけばいいだけです(起き忘れないように…)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中