デルタ スカイマイル アメリカンエキスプレス ゴールドカード内容変更に伴い、どのカードへ行くか?

5月末突然、騒つかせるニュースが飛んできました。
デルタ スカイマイル アメリカンエキスプレス ゴールドカードのサービス変更のニュースが駆け巡りました。

既に、詳細は各所で語られてるので割愛しますが…正直これは痛いです。僕はメインでデルタ スカイマイル アメリカンエキスプレス ゴールドカード使っていた (デルタ航空とデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード) ので、ただただこの変更は痛い。何が痛いって、ボーナスマイルが無くなった事。ゴールドメダリオンを維持するための年150万のカード利用は成し遂げれると思うのですが、100万毎のボーナスマイルが無いのが痛い。

この5000マイルがあることは結構、大きいですからね。

今までの条件が良すぎたからなんとも言えない、という声もありますが、それ含めて選んでたので、条件が良すぎたとかではなく、その条件を選んでただけに正直参ったな…に尽きます。

あらためてデルタ アメックス ゴールドの得点を振り返り、何が大事かを考える

さて、今後どうしようと考えると、色々考えて整理しなくてはいけません。
まずは、何を目的とするか?
あらためて自分的にデルタ スカイマイル アメリカンエキスプレス ゴールドカードを使ってた理由をおさらいします。
・100円1マイルだが、100万円利用で5000ボーナスマイルにより実質100円で1.5マイル付与。
・ゴールドメダリオンの会員資格が自動付与。
・海外保険の充実。
主にこれが理由でした。

そして海外保険を除き、内容がほぼ変更となります。
大ピンチ。

じゃ、ここからどうするか?
僕は年中頻繁に飛行機に乗る出張族ではありません。むしろ出張含めて飛行機乗る機会はほとんどありません。一方で出来るだけ飛行機に乗りたいとは思っているのですが、それも国内旅行よりはお得に海外旅行がいいです。
もちろん、ラウンジ、優先搭乗、優先レーンも大事ですが、飛行機に乗れる回数という事を考えると、自ずとゴールドメダリオンよりも、いかに効率よくマイルを貯めて飛行機に乗る機会を作る方が僕的には重要だと結論付けました。
ゴールドメダリオンの恩恵を受けるのは、結局飛行機に乗る時だけで、その回数が年に何回あるのかと考えると一回もない時もあり得る訳で(さらに、デルタ/スカイチームに乗れるかも不明)…いくらゴールドメダリオンでも、飛行機乗らなきゃ折角のステータスも使う機会無しと…(ここ最近続いてはいましたが)。
なので、100円1マイルでステータス保持よりも100円で1.5マイルを取得し続ける事が僕的には重要になると判断しました。

デルタ航空スカイマイルに対応した100円で1.5マイルのクレジットカード

100円で1.5マイル獲得できるクレジットカードを探してみたら3種類ありました。
デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
デルタ スカイマイル JCBゴールドカード
です。

年会費で比べると、SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカード、ダイナースクラブカードは今よりも高く、JCBゴールドカードはお財布に優しくなります。しかも、ダイナースクラブカードは使えるお店を選ぶので…選択肢はJCBゴールドカード一択のようです。

現在JCBでしか払う手段がない契約ものがあるのですでにデルタ スカイマイル JCBカード 一般カードを持っています。これは、100円で1.3マイル(年会費13,000円)。これをゴールドへアップグレードすることにしました。今後はデルタ スカイマイル JCB ゴールドカードをメインカードにして100円1.5マイルのペースで貯めていくこととします(色々クレジットカードの登録変更が面倒だな…)。

変更は電話だと3-4週間、WEBからだと1-2週間でできるということだったので、MyJCBにログインしてオンラインでアップグレードの手続きを行いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください