iOSでProResは再生出来るか?(2018年版)

ProResは、映像系ではスタンダードフォーマットの一つとなっています。やはり、圧縮されているのに画質が綺麗という所がポイントで、ProRes 422HQ / 422 を常用されている人も多いと思います。

iPhoneのカメラが進化して、色々な素材をiPhoneで撮る人が出てきている中、撮った素材のクオリティに関しては、H.264の高画質モード(ビットレートを高めに設定)はありますが(サードパーティのアプリで)、もう一歩足りないというのが現実でした。

そこに対して、AppleはiOSに何かProRes作業をしているのか?
iPhoneのアプリでProRes収録出来たら、最高ですよね。

以前も記事にしましたが、今日現在においては、まだiOS上ではProResは扱えないようです。
Apple Developer Forumsにも、Appleのエンジニアからのコメントとして以下のことが書かれています。

How to record video in ProRes codec on iOS?

The AVVideoCodecType (string) is available, meaning you can compile code that references this constant without a compile error. But AVCaptureMovieFileOutput is telling you the truth. ProRes is not supported on iOS.

この事からも、今日現在は “まだ” のようです。
ただ、将来的には…その前に、iPhoneのストレージ容量をどうするか?が、確実に問題になりますね。
そもそも必要あるのか?という声もあると思いますが、AppleがiPhoneのカメラをクリエイティブな道具として取り上げていますが、動画を撮るプロが使う道具という風に位置付け出したらどうなるか…。

Seoul night photos taken by FUJIFILM X100S -58

Seoul night photo 2017

前回に続き韓国ですが、夜の韓国です。夜の明洞は、明るくて賑やかでした。若者を中心に多くの人で賑わっていて、活気があるのが印象的。

Seoul night photo 2017

ちょっとした出店が出ていたり、 夜まで買い物客がいたりと、遅くまでショッピングを楽しむ人などが多くいたのが印象的です。日本だと原宿みたいな立ち位置なのかなと(違ったらごめんなさい)。

Seoul night photo 2017

Seoul night photo 2017

続きを読む

Seoul photos taken by FUJIFILM X100S -57

Seoul 2017

昨年7月、初めて韓国に二泊三日で行きました。明洞に泊まりました。繁華街としては有名で、ご飯も美味しいし、色々あるからと。
カメラは、FUJIFILM X100S、iPhone 7を持って行き、フィルムは今回はお休みとしました。

Seoul 2017

Seoul 2017

思ってたより海外だったというのが正直な感想です。もっと、日本と近い雰囲気なのではないか?と思っていたのですが、建物のスケールサイズが若干アメリカっぽくてお隣の国とはいえ、やはり海を越えるとずいぶん違うなぁと。やっぱり日本はコンパクトに作ってぎゅっと詰め込もうとするのでしょうか。

Seoul 2017

続きを読む

Shot on iPhone 7

Restaurant kitchen #ShotoniPhone #ShotWithHalide  #RNIFilms #KodakEliteChrome #iPhone7

今更だけどiPhone 7で撮ってflickrに上げていた写真をまとめておきます。iPhoneで見るよりも、iPadやMacなど大きなモニタで見ると、ディテールがしっかり見えて、iPhoneで撮った写真と言えども、大きいモニタで見た方がいいなと実感させられます。ついつい(?)iPhoneで色々見がちになりますが、やっぱ写真は大きなモニタで見てこそ(もっと言えばプリントしろということだと思いますが)ですね。

Kuramae Tokyo #iPhone #iPhone7 #Velvia #RNIFILMS #Apple #Tokyo #ProCam

Yahiro station in Tokyo, Japan.

こうやって色々並べて見ていると確かにコンデジの出る幕ってなんだろう?と考えさせられますね。マーケットが縮小している理由もわかる気がします。コンデジのセンササイズは言っても2/3インチ。スマホよりは大きんだけど、各社がスマホサイズの写真画質向上に力を入れているから、センササイズの違い以外の部分での技術革新の問題で、もはやコンデジを使う理由がなくなってきているんでしょうね…。年配ですら今やスマホですから、一段とスマホのカメラでいいとなってしまうわけで…。富士フイルムがXQ3を出さない理由もわからなくもありません。

Sumida-ku Tokyo

続きを読む

Kuramae to Asakusa taken by FUJIFILM X100S -56

The Kurame to Asakusa photo by FUJIFILM X100S.

昨日の続きで蔵前から浅草まで。
蔵前界隈は最近人気が出ていますね。街は整備されていますが、まだまだ昭和というか下町感が残る街でもあり、そういうコントラストが最近人気の理由ではないかと思います。程よい身の丈感というか、無理しない感じを受けるのかもしれません。

なんでもかんでも新しくなるのではなく、この街にあるのは、むしろリノベーション。見た目はあまり変わらないけど、中身が新しくなっている。最近の流行りですね。
そういう気分が、今この街ともマッチしているのかもしれません。

The Kurame to Asakusa photo by FUJIFILM X100S.

The Kurame to Asakusa photo by FUJIFILM X100S.

The Kurame to Asakusa photo by FUJIFILM X100S.

続きを読む

Akihabara to Kuramae taken by FUJIFIM X100S -55

The Akihabara to Kuramae photo by FUJIFILM X100S

秋葉原から、浅草まで蔵前橋を踏んでいく形でのんびり歩いて行きました。その途中途中でパシャパシャと。
とりあえず今回は秋葉原〜蔵前あたりまでを。

The Akihabara to Kuramae photo by FUJIFILM X100S

X100Sのパフォーマンスというかレスポンスが気になって来ました。もう少し全体的な動作早くならないかなって。X100F触ると速いと実感するので、内部CPUの違いという事になるんだけど、今X100Fは買い時とは感じれず。どうせなら、X100Fの次を待ちたいところ。
来年の春まで無いかなぁ…。

The Akihabara to Kuramae photo by FUJIFILM X100S

The Akihabara to Kuramae photo by FUJIFILM X100S

続きを読む

Tokyo Ginza photo taken by FUJIFIM X100S -54

The ginza photo taken by FUJIFILM X100s

久々の投稿です。なかなかここ最近気持ちの余裕が作れなくて、家と会社の往復ばかりで、カメラは鞄に入れていても、ほぼ入れっぱなしという状態でした。そんななかやっと少しずつ気持ちに余裕が出てきたこともあり、ちょっと時間が出来た帰りの隙間でX100sを片手に銀座を緩く歩きました。

The ginza photo taken by FUJIFILM X100s

The ginza photo taken by FUJIFILM X100s

The ginza photo taken by FUJIFILM X100s

The ginza photo taken by FUJIFILM X100s

The ginza photo taken by FUJIFILM X100s

The ginza photo taken by FUJIFILM X100s

The shinbashi station taken by FUJIFILM X100s

撮りためてたものもあるので、少しずつまたアップしていきたいと思います。

All photo taken by FUJIFILM X100s.

Apple 銀座の壁面が

Apple Ginza

お隣のビルFENDIなどが入っていた”玉屋A.S.ビル”が解体された事で、Apple 銀座の壁面が珍しく露出されています。この姿を見る機会はなかなか無い事なので、大変珍しい姿ですね。
流石のAppleと言えども、Apple 銀座を立ち上げる時この壁面には手をつけれなかった様ですね。Apple 銀座が入っているサヱグサビルは貸しビルだから致し方無しという事でしょうか。跡地もビルがたつと思いますが、それまで、この外壁をさらけ出し続けるのか、何かでおおうのか、興味深いところです。

Shot by iPhone X.

居心地のいいカフェ、&coffee maison kayser

&coffee maison kayser

きっと女性には人気があるというか知られてるであろう銀座にある&coffee maison kayser。黄色がメインカラーになっている昨年9月にオープンしたカフェ。元々、有名なフランスのパン屋さんから生まれたカフェだけあり、いい感じのバターの風味が美味しいクロワッサンと、ちょっと苦めなコーヒーのバランスが絶妙。そんなの知ってるよ!って声ばかりだと思いますが、クロワッサン美味しいです。

&coffee maison kayser

で、ここは電源もあるし、Wi-Fiも飛んでいるという有難いお店。
しかも、嬉しいのは、平日朝7:30〜始まっている所。

&coffee maison kayser

電源OK! SSIDは壁に貼ってあります。

&coffee maison kayser

続きを読む

Apple 新宿は始まりに過ぎないようで

突如発表された Apple 新宿。噂にあった京都が来ると思ってたんですが、どうも京都は少し先のようですね。

日経が、Angela Ahrendtsにインタビューしたところ、新宿以外にも都内にオープンする計画があるようですね。それも5年かけて、改装も含めてとのことで、日本へ注力するようです。5年ということは東京オリンピック後もこのプロジェクトは続くということですね。

そんな中、Apple Storeのページにも新宿の案内が出ましたが、気になるのは、新宿とは別の違う二つのロゴが表示されている点…。
「新しい想像力のために。新宿から始まります。」と表示されていますが、この「から」の部分がどこを指しているのか?
ここ「から」新しいApple Storeの展開が始まる事の意味か、初めてApple製品を買った人が、新宿「から」新しいAppleの体験が始まることをさしているのか。
多分、両方なんだろうけど、非常に気になるコピーです。

謎の二つのアップルマークが出現

そして、二つのAppleマークには共に「2018年 予定」とあり、どうやら、2018年は3店舗Apple Storeが新規開店される事を示唆しています。
一つは、竹をイメージしてるんでしょうか。多分、これが京都じゃないか?という気がしますが、もう一個が、謎です。一瞬Appleマークを立体化させたように見えつつ、2つのAppleマークを重ねてるので、内側に入り込んでいるようにも見えなくもありません。これがなんとなく渋谷の地形を表してるのでは?とも思えるのですが、ちょっと違いますかね…。
ただし、一方でApple 渋谷が、日本では初のリニューアル改装中という事もあり、謎の二つ目は、渋谷を指している可能性もあります。とはいえAngela Ahrendtsのインタビューだと数店舗と言っているので、全く新しいApple Storeかもしれないですね。

新しい店舗だとして、謎の一つはどこを指しているんでしょうか?Apple Storeは、相当立地条件を選んで建てている事で有名です。色々な意味で、その土地にバリューがある事も条件になっていると思うので、そういう場所がどこか!?を考えると…答えはわかりません、笑。

いずれにしても、日本でも色々今年は動きが表立って見えそうで、ワクワクしますね。