富士フイルムさん、それでもやっぱりXQ3をお願いしたい

Still, I’d still like to ask for XQ3 to FUJIFILM.

Tokyo Shinbashi 2022

FUJIFILM XQ1

出ないとわかってても未だ欲しいXQ3。フィルムカメラだと年代物のコンパクトカメラは、今やプレミアム価格がついててちょっと高いなんてレベルじゃない物も見受けられ(CONTAX T3とか)ますが、コンデジだと年代物にプレミアム価格とはなかなかなりません(別に自分のカメラにプレミアム価格が欲しいわけではないです)。結局年代物のデジカメは、中のセンサーやらデジタルカメラたらしめるデジタル回路が古いから、そこから出てくる写真も物足りない絵(解像度や色など)として見えてしまうわけです。

最近時々XQ1を使っていたのですが、やっぱりこれはこれでイイのです。ファインダーがないとか、一度電源切るとズームを忘れて毎回広角側からとか言いたい事もありますが、手のひらサイズは捨て難く、またこのサイズでも富士フイルムカラーが出る事、それが一番大きいです。


I still want an FUJIFILM XQ3 even though I know it won’t be released.
Some of the older compact film cameras are now priced at a premium and are not even a little expensive. (like a CONTAX T3)
With digital cameras, it is hard to get a premium price for a vintage camera (not that I want a premium price for my camera).
In the end, the old digital cameras is older sensors and digital circuits, that why the pictures that come out of them are not good enough (in terms of resolution, color, etc.).

I have been using the XQ1 from time to time recently, and I have to say that it is just as nice photo as ever. There are some things I would like to say, such as the lack of a viewfinder or the fact that once you turn off the camera, you forget to zoom and always start from the wide-angle side, but the palm-size is hard to give up, and the fact that FUJIFILM colors are available even in this size is the biggest thing.

Tokyo Shinbashi 2022

FUJIFILM XQ1

Tokyo Shinbashi 2022

FUJIFILM XQ1

続きを読む

Tokyo Street photo FUJIFILM XQ1 – 56

Tokyo Sumida-ku, 2021

ずっとバタバタとなんかしていた中で、カメラは持ち歩きつつもイマイチ撮れてない状況でした。
ふと、XQ1を触っていると、またまたジワジワとやっぱこのコンパクトカメラいいなという想いが出てきて、ちょっと出かけた際にふとした時に取り出して数枚撮影しました。

Tokyo Sumida-ku, 2021

何度も書きましたが、ラインナップから消えたのが本当に惜しい。
そりゃ、X100S/Vと比べると色々要望出ますし、描写力ではやっぱりというところもありますが、手のひらに収まるサイズに富士フイルムの技術が詰まってるとなるとワクワクしますし、やっぱりコンデジだけど絵は特別な絵を見せてくれます。

Tokyo Sumida-ku, 2021

まだまだ、動くので時々使っていこうと思います。

Tokyo Sumida-ku, 2021

続きを読む

富士フイルムのカメラと過ごす時間

Tokyo Sumida-ku - 2020

Tokyo Sumida-ku - 2020

FUJIFILM XQ1

富士フイルムのカメラを始めて買ったのが、XQ1でした。NEX-5NとPowerShot S95を使っていた時、色々写真サイトを見ていて、富士フイルムのフィルムシミュレーションに強く興味を持ちました。
丁度、その時にXQ1が発売されるという情報を得て、迷わず買おうと決めました。2013年11月のことなので6年ちょっと前です。そこから、富士フイルムのカメラにハマります。XQ1は今ほどではありませんが、フィルムシミュレーションがX100と同じ種類があり、X-Trance II搭載とセンサーサイズは2/3インチとコンパクトデジカメにしてはちょっと大きく、非常にハマったカメラです。今でも、持ち出して使う事があるほど愛着があります。

Tokyo Sumida-ku - 2020

そんな中フィルムカメラが欲しくなってきました。でも、仰々しいカメラではなく、自分のスタイルに合う気軽に持ち歩けるカメラです。中古でもいいと思ったのですが、調べてみたら富士フイルムのKLASSE Wがまだ現役として発売されていました。色々あった結果、これも我が家に迎える事となりました。色は他と同じく黒で。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

フィルムは不便な部分もありますが、やはりフィルムしか出せない雰囲気もありますし、フィルムシミュレーションを楽しんでいる事を考えると、そもそものフィルムを楽しみたいと思うようになりました。

FUJIFILM KLASSE W in JAPAN

続きを読む

Tokyo Sumida-ku – 2020

Tokyo Sumida-ku - 2020

COVID-19(通称コロナウイルス)の影響皆さんいかがでしょうか?
僕も、基本テレワークという体制になり、自宅で仕事という日が増えています。これはこれでアリだなと思うこともあるのですが。

Tokyo Sumida-ku - 2020

ただ、なかなか外に出る機会がなくなったというのが、悩ましいですね。カメラ持ってというのも通勤途中でフラッとというのも出来なくなりましたし、何気に通勤は結構体力使っていたんだなぁと。時々必要に駆られて出社しますが、なんか無駄に疲れますね。慣れって怖いものです。
しかし、いつになったら終息するんでしょうね。

Tokyo Sumida-ku - 2020

どんどん春が近づいて、寒い思いもそこまでせずにカメラを持って出掛けれるだけにこの状況は辛いですね。
早く、状況が落ち着いて元の日常に戻ってもらいたいものです。
あらためて普段の日常のありがたみを感じますね。

Tokyo Sumida-ku - 2020

Tokyo Sumida-ku - 2020

続きを読む

それでもXQ1 – XQ3への夢は消えず

Tokyo - 2020

今日はXQ1から。
まだまだ僕にとっては、FUJIFILM XQ1は良き相棒で、現役のコンデジです。XQ2ディスコン後XQ3を期待していたのですが、残念ながらラインナップ自体が終了してしまいました。
いいカメラなんだけどな。SONYが同じようなサイズのカメラRX100シリーズを出し続けていますが、あんな感じで続けて欲しかったですね。富士フイルムにしか出せない色ってやっぱあると思っていて、それは、 XQ1でも感じることの出来るものでした。少々誤解を招くかもしれませんが、僕にとってXQ1はフィルムカメラNATURAの様な位置づけです。高いカメラでもないけど、ちゃんと味を持っているカメラ。

Tokyo - 2020

XQ3は完全に夢なんだと思いますが、それでもやっぱり欲しい、期待したいと思ってしまいます。
本当にXQ1いいカメラなんですよね。
ただ、あのコンデジと言われるジャンルは、もはやiPhoneには太刀打ち出来ないし、高級コンデジ、もしくはミラーレスへの入り口の機体としても位置付かない事も確かだと思います。

Tokyo - 2020

けど、ちょっと路線を変えて、入門的な位置づけではなく、これはこれで立派なカメラとして見直して貰うと、なんとなくこのXQ1の位置付けのカメラあっても良いような気がしませんか?

Tokyo - 2020

All shots taken by FUJIFILM XQ1

Taiwan 2017 -街中-

Taiwan 2017

まだちょっと台湾編続きます。アップしているペースが悪いので、ずっと台湾ばっかり載せている感じですよね・・・。もう少しペース上げねば・・・。やりたい事は多いのですが、時間が全く追いついていません・・・。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

後半に出てきますが、クロネコヤマトのトラックを見かけたのですが、ほぼそのままんまなテイストだと思うのですが、全然違和感なく溶け込んでいるのが、同じアジア圏なんだなぁということを実感させてくれます。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

続きを読む

Taiwan 2017 – 路地裏編 –

Taiwan 2017

少し路地裏の方にも行ってみました。面白いことに、日本語の看板がチラホラ見えます。無理やり字を当ててるというよりも、もう少しバランスも含めてちゃんと日本語が表記されている感じな看板が多く、なんか不思議でした。

Taiwan 2017

今回の写真の何枚かはXQ1を使って撮った写真もあります。なんだかんだXQ1には思い入れも愛着もあります。結構台湾にXQ1は似合っているんじゃないかなと思いました。

Taiwan 2017

Taiwan 2017

続きを読む