MacBookを振り返って、これからのインターフェースを見る

apple_air

AppleがMacBookを発表したのが、2015年3月のイベントで、発売は4月からでした。充電ポートも兼ね備えたUSB TypeCポートが一つだけというデザインは当初(おそらく今も)攻めすぎと言われたものでしたが、今改めて振り返るとMacBookが目指した形はなんだったのか?時間とともに見えるようになってきた気がします。

AppleのMacBookのWEBページを見るとあらためて見直すとワイヤレスというページにヒントがあるような気がします。
iCloud、AirDrop、Bluetoothオーディオ、AirPlay、インターネット共有、Mac App Store、ワイヤレスでプリント、Time Machineと9項目にわたってワイヤレスで接続することに触れています。

何もそこまでワイヤレスにしなくてもと思いがちですが、このMacBookのサイトにはこの文言が書かれています。

apple_air2

新しいMacBookは、ワイヤレス化が進む世界に対応しているだけではありません。
ワイヤレス化が進む世界のために設計されたのです。最新のワイヤレス技術と、その技術を
最大限に活用できるAppleのソフトウェアとサービスにより、必要なことのほとんどすべてを
ケーブルをつながずに行えます。ここまで身軽になると、最大9時間駆動する、一日中使える
バッテリーのために充分なスペースを持ちながら、驚くほど軽く、コンパクトなデザインにする
ことができました1。どこにでも連れて行けて、移動中でも移動先でもあらゆることができる。
新しいMacBookは、そんな自由のために作られたノートブックです。

続きを読む

The Sumida-ku phots of FUJIFILM XQ1 -46

Sumida-ku Tokyo

画角をコンデジ標準の4:3に今までしていたけど、今更ながらフィルムと同じ3:2にしてみました。3:2の方が絵に締まりがあるような気がします。最近、昔の写真(フィルム)を見返す機会があって、何かが違うんだよなぁー、何か今の写真が緩いんだよなぁと思ったら、画角が違いました。すっごい今更な見落とし…。

Sumida-ku Tokyo

XQ1使うまではモノクロで写真撮ることにほとんど興味がなかったんですが、モノクロはモノクロでいいですねぇ。
色がないので、雰囲気が逆に定着するというか。更に、モノクロに対して3:2という画角は似合いますね。

Sumida-ku Tokyo

Sumida-ku Tokyo

続きを読む

FUJIFILM X70登場

Toyosu Tokyo, Japan
Photo by FUJIFILM XQ1

ついに正式に富士フィルム X70がアナウンスされました (他にもX-Pro2とかありましたが)。X70は、28mmレンズ固定のカメラです。X100Tと通づるところがあると思いますが、違いはファインダーが無く、タッチパネルが搭載されているという点です。今時のカメラっぽい感じですが、X100シリーズが貫いてきたファインダーが「無い」というのは、ちょっとコンセプト的に疑問も残ります。X100Tのように、OVFとEVFのハイブリッドファインダーはコスト的に厳しかったとは思いますが、ハイブリッドでないOVFに絞ったファインダーがあっても良かったのではないか?と思います。フラッシュを無しにして、OVFが出来なかったかなぁと疑問が残ります。
X30は、EVFですが、ファインダーが着いてます。X100Tもあり、その間のX70がファインダーがありません。
まぁ、それはそれで、外付けのOVFをつければいいのかもしれませんが、コンパクトさを失うので、やっぱり疑問が残り…。

ただ、X70自体は、いいハードに見えます(触ってませんが)。サイズも、X100T以上にコンパクトで、コンパクト好きな僕としては嬉しい気になるサイズです。28mm(35mm換算時)ですが、35mm/47mmへクロップできるようにもなっているのも嬉しいところ。

チルトは使い方次第で有効だと思うので、やっぱファインダーが無いのがなぁ…。

センサー系、電子系はほぼX100Tからまんまの様な印象ですが、光学系は新しくレンズが作られてる様なので、今後にX100系に影響を及ぼすのか、気になる所です。X-Pro2は、電子系もバージョンアップされてるので、それらを混ぜ合わせたものがX100T後継に載るのか?も気になりますね。

中国の旧正月に合わせて登場する限定版Apple Watch

AppleWatch_cn_02
一部のニュースサイトには出ているので既報な情報ですが、中国の旧正月(2016/2/7-13)に合わせて、Apple Watch Sport(シルバーとゴールド)にProduct(RED)のバンドをつけたモデルが出る(リンク先はわかりやすくシンガポールサイト)ようです。

中国の旧正月をAppleが狙って出すというのは、不思議ですね。一方では、日本では今年はApple StoreのLucy Bugは、世界的なストアの販売形態に揃えていくという理由で無くなりました。その流れからすると、この旧正月モデルは少々不思議です。やぱ、時計の販売はそれだけ、異文化なんでしょうか?

売っているのは、中国シンガポール香港マレーシア台湾です。
本家、米国でも取り扱わないモデルとなるようですね。1/15から取り扱いを始めるようで、価格は他のApple Watch Sportsモデルと変わりません。
パッケージ周りも少し変わるのかな?

このApple Watchの動きは、対中国を意識した動きだと思いますが、今後もiPhoneとかでもそういうことをするのか?時計は携帯電話以上にパーソナルなものだから特殊なのか、今後の動きが気になります。

AppleWatch_cn_01

画像はApple シンガポールサイトより

The Sumida-ku phots of FUJIFILM XQ1 -45

Sumida-ku Tokyo, Japan
Film simulation by Velvia

X-Pro2、X70、X-E2sと噂通り15日に発表がありそうな感じですね。X70はリーク画像まで出る始末。それを見るとファインダーはないんですね。上部ホットシューにつくのかな?このX70の設計とかが、次のX100につながるんでしょうか。それともX-Pro2からくる思想かな。色々気になるポイントありますが、後5日待つとしましょう。

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

続きを読む