CalDAVクライアント

前回は、クラウド上にあるサービスについて書いた。
今回は、それを使うためのクライアントソフトについて。ブラウザを通して、カレンダーを利用することも出来るけど、やっぱりクライアントアプリの使い勝手は便利な面もあるので、捨てがたい。

CalDAVが扱えるクライアントアプリとして代表的なのは、Apple iCal。Mac OS Xに標準でついているカレンダーソフトだ。環境設定から簡単にサーバを設定出来るだろう。同じくApple iPhoneのカレンダー。iOS 3.0からCalDAVがサポートされるようになっている。デスクトップはiCalで、携帯はiPhoneからとクラウドを通して、適時スケジュールを管理して同期が取られていくので、便利だろう。僕もこの方法を使っている。
この場合、自宅、会社、iPhoneとそれぞれにカレンダーサーバのアドレスを登録してあるので、どこでスケジュールに追加、削除や確認を行っても、同期が取れていればカレンダーの管理が行えるから大変便利で重宝している。

WindowsでCalDAVクライアントを使いたい場合どうするか?Outlook(Outlook Expressでは無い)は、Googleカレンダーの同期の例にある様に、CalDAVと同期出来るらしい(残念ながらOutlookは持っていないため、詳細は未検証。Microsoftのこのヘルプを見ると出来るようだ >> インターネット予定表の概要)。Outlookは、Officeに付属しているので、買わないと使えない。そこでMozillaからも、ThunderbirdでCalDAVが使えるアドオンがありOutlook同様PIMとしてもThunderbirdが使えるようになっている。それが、Lightningというアドオンである。ただし、Lightningの場合、少し癖がある。iCalの場合は、CalDAVサーバのアカウントを認証させると、そのアカウントが作成したカレンダー (カテゴリの様なもの) が全て反映されるが、Lightningの場合はアカウントではなくて、カレンダー毎のアドレスを登録する必要がある(サーバへのアカウント認証は別途必要)。つまり、iCalの場合、内容毎にカレンダーを作成出来るが、Lightningの場合は、Lightning内ではカレンダーの作成が出来ないという事になる。WebUIがあるカレンダーサーバ等でログインしそこで作成する必要があるという事だ。また、色もカレンダー毎に設定出来るが、Lightningの場合、色は継承されす、ここに設定する必要がある。多少が癖はあるが、カレンダーアドオンとしては、十分機能を満たしていると言えると思う。今後については、オープンソースという事もあるので、開発が継続されて進化していく事を期待したい。

CalDAVクライアント」への1件のフィードバック

  1. 普通なら、Outlook を Exchange Server アカウントと一緒に使わないと、「連絡先、カレンダー、仕事」の操作はオフラインで行わなければならない。そうすると、クライアントでクラウドにより仕事する便利さを楽しめなくなるばかりか、携帯との同期もチームとの共同作業もできなくなる。残念ながら、Microsoft は Outlook に CardDAV と CalDAV をサポートさせるような行動をちっとも見せていない。

    ECO を使うと、Outlook は Exchange Server の拘束から脱出できる。言い換えれば、Outlook 中の連絡先を CardDAV サーバーに、Outlook カレンダー及び仕事を CalDAV サーバーに同期できる。なにより、iCloud、fruux、Yahoo! などパブリックサービスもサポートしているので、仕事的なニーズも個人的なニーズも同時に満足できる。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください