Final Cut Pro X(10.3)でプロキシ編集と素材の管理、HDDの容量を考慮した作業フロー

proxy-editing-fcpx
以前も似た様な記事「FCPX(10.0)でいわゆるプロキシ編集と素材を一括管理」を書きました。改めて読むと少し雑な感じがしたので、再度整理して記載します(タイトル時のFCPXのバージョンを追記しました)。

FCPXでは、AVCHDやMXF、MP4等ネイティブで扱えますが、カラーコレクション等の処理を行いたいのであれば、ProResに変換して読み込むことをお勧めします(ProRes 422 HQ以上が望ましい)。

しかし、ProRes422HQはAVCHD、MXFやMP4に比べて容量が大きくなるため素材が多いと全ての素材をいきなり変換すると、使用してるストレージの容量を相当食うことになります。一般的には
・素材は多いが全て使うわけでは無い
・全ての素材を変換しているとレンダリング時間がかかる
という諸問題が考えられます。

これを解消するには、
・容量の軽い素材(プロキシ素材)を使って、編集
・その結果使用する素材が決まったらその分だけProRes422HQレンダリング
・レンダリングした素材をタイムラインに付け直し
というフローを構築する必要があります。
続きを読む