NEX-5T発表

次々と新しいカメラが発表され始めましたね。今回はSONY NEX-5Tです。今回の仕様をみると、前回のNEX-5R同様惹かれる物が無い。Wi-FiもNFCも副次的な物だしなぁ・・・。だからダメなのではなく、カメラの基本的な機能としてNEX-5シリーズは既に成熟してしまったのではないだろうか?と思うのです。写真機能もさることながら動画撮影能力に重きを置いているので、そうなると新しいAVCHDのフォーマットは発表されてないので、NEX-5Nの機能と殆ど変わらなくなります。

一方でHDMIからClean HD出力を期待したいけど、多分それは無理そう。素直にAマウントのSLT-A99VかNEXでもVG900買えって事かな。そうなると、なおのこと、NEX-5Tの魅力がNEX-5Nユーザとしては見えなくなってしまうのです。これから買おうと思っている人にはSONYらしく、またNEXってこうだよねって感じでもちろんオススメです。

秋発売か!?Mac Proのティーザー

米国映画館でMac Proのティーザーが流れていると噂になっていましたが、AppleがYouTubeに上げています。

なんかパソコンのCMというよりは車のCMにも見えてきます。
期待感が一層高まると共に、で、いつ発売なの!?と言いたくなりますね。
秋(Fall)発売というざっくりとした答えは出て来たようで(WWDCの発表時Late this yearより少し範囲が明確になった)、次は価格が気になるところですね。

そうなるとこの秋の前にはOS X Mavericsもお目見えしている事でしょう。iMacとMacBook Proも最新アーキテクチャ搭載モデルが出るかな?。世間のMac Proに対する期待がどれくらいなのか?実はよくわかっていませんが(プロユーザー以上のニーズという意味)、Thunderboltに依存するアーキテクチャとなり(Win系だとUSB3.0がメインか?)、内蔵増設カードの追加という概念を捨てたMac Proは久々大幅なデザインのリニューアルで今後のワークステーション系マシンの先駆けになるのか?も楽しみですね。

PowerShot S120 / S200 発表

CanonからPowerShotの新しいモデルが発表されましたね。
PowerShotはCanonの中で言えば、IXYに対するハイエンドの位置づけになっています。その中でもGシリーズ、Sシリーズがありますが、今S95を使っている自分としてはSシリーズの新モデルは気になるところです。
S95が好きな自分としてはS100はデザインが微妙で、S110は少し形がよくなったのですが、今回のS120は原点回帰か?と思うくらいS90/95の流れを踏襲するデザインで好みの方向です。もちろん、”カメラ”なので写りは大事ですが、やっぱ形も使う道具である以上こだわりたいですよね。

PowerShot_s95_s120

どうでしょうか?このルックス。
そっくりですよね。角張ったデザインが好きという人は、S110の方が好きかもしれませんが…。

続きを読む

Expediaアプリが便利すぎる

expedia最近ちょっと仕事で使う事があり、ひとまずホテルを抑えにゃならんとなり、何処でどう見つけようと思ってたら、このExpediaアプリに遭遇しました。
元々Expediaは知ってはいたのですが(使った事はなかった)、このiPhone、iPadアプリの凄い所は、探したい地域を入れると、その周辺の地図が表示されてそこにホテルのピンが立つ(!!)というもの。
行った事がある土地で探すなら未だしも、未経験な土地では地図から近くの交通網と照らし合わせながら場所を把握するしかないわけで、これは大変便利でした。
更にホテルを選べば、ランクも出るし、レビューも書いてあればレビューも読めます。探している日にちを入れれば、その中で抑えれるホテル、部屋が出てきます。そして気に入ればそこから予約が取れるし、Expedia割引も場所によってはある。まぁ、割引とかはよくある話なんだと思いますが、何よりも地図上に出るピンが最高で、気に入りました。海外のホテルも日本語化されており、探すのに便利でした(今回アメリカに向かって使用)。
Expediaはオンラインの旅行代理店なので、飛行機も予約出来ますよ。経路もいくつかあれば選ぶ事が出来ます。
Expediaに登録していなくても、予約が取れるのも便利でした。よく一度会員登録して…なんてのもありますが、ここは無くても平気でした。予約はメールアドレスとカードが必要です(カードは当たり前ですよね)。ちょっとホテル探しているんだよなぁ、という人がいたら是非一度使ってみてください。もちろん、無料Appです。

ちなみに、ホテルに着いたら特に何も言わなくても、普通にチェックインすれば大丈夫でした。チェックイン、チェックアウト時間も通知が上がってくるので、安心出来ます。

アプリはこちらから
AppStore

Expedia iPhone App

Expedia iPad App
続きを読む

Fantasticalのショートカット入力

Fantastical_for_iPhone_240久々、カレンダーアプリFantasticalについて。
Fantasticalがリリースされてからすぐに使い始めていますが、自分的にはお気に入りのカレンダーアプリです。

タイトル入力でショートカット入力する方法があってそれを覚えると時間とか日付とか一つ一つ選んでいた物がキーボード入力で済んでしまう。ついつい忘れがちになるがその入力方法をメモ。

タイトル (スペース) 日付+th (スペース) 開始時間-終了時間 (スペース) /カテゴリの最初の文字

と入力すれば、全部保管されて入力されるので一つずつ選んだりしなくても済むためさくっと入力出来ます。

fantastical_ui

画像の例を使うと

テスト(タイトル) 26th(日付+th) 12-13:15(12時から13:15まで) /p(カテゴリPrivateのp)

となっています。カテゴリに日本語を使っている場合はその一文字目を入れれば同じように反映されます。
この便利さもまたFantasticalを気に入っているところです。

(関連)
iPhone版 Fantasticalがイイ!
Fantasticalの小さな(効果大な)Tips

Cafe 104.5

Cafe 104.5御茶ノ水WATERRAS(ワテラス)にあるCafe 104.5に行ってきました。
あまり意識しないで行ってみたのですが、店内は落ち着いていてオシャレ。いや、オシャレすぎ。必要以上にエッジだった家具を置いているわけでもなく、でも店内には上品な空気が漂っています。
ブルーノート東京のカフェとしてオープンしたなどあちこちのブログとかで取り上げられている様なので、その詳細は割愛します。
夜は、お酒とかもあるらしいです。

Wi-Fiは、SoftBankのWi-Fiは飛んでいないけど、変わりにお店独自のWi-Fi (Cafe104.5(free))が飛んでいます。
駅的には御茶ノ水が近いですが、秋葉原からも歩いていける距離。

●Cafe 104.5
東京都千代田区神田淡路町2-101
ワテラスタワー 2F
OPEN:
平日11:00 – 23:00(L.O. 22:30)
土日祝11:00 – 22:00(L.O. 21:30)

Cafe 104.5
Taken by iPhone 5
続きを読む

Viewing Fun!がイイ

viewingfun_icoつい最近写真ビューアアプリとしてPhotofulを紹介したけど、このViewing Fun!もまた写真ビューアアプリであり、最近知って気に入ったアプリです。
Photofulが良かったのは、日付の分類が自動で行われるのと、主な撮影場所が表示されることだった。
このViewing Fun!がいいのは、日付の分類と撮影場所についてもう一歩踏み込んだ形で表示してくれること。
見ることに特化したアプリとホームページに書いてあるように写真加工をするアプリではない。
シンプルな機能の中で、僕が気に入っていてオススメしたいポイントはこの二つ。
・撮影した写真の場所が地図に表示される。
・1日の写真を時系列にタイムライン表示してくれる。
文章だと少しイメージが掴みにくいと思うのでスクリーンショットを見てもらいたい。

viewingfun

何となくご理解頂けたでしょうか。
PhotofulはiOS7ライクなビューアを先行的に体験出来るという感じだったけど、こもViewing Fun!はiPhoneで撮った写真を思い出としてその時何があったか、何処で何があったかを思い出せるビューアのように思う。
事実作者のサイトにも

写真をとったあの時を今の自分が追体験すること、別の言い方をすると「撮影時のストーリーを思い出せる」こと、それが写真ビューアに求められることだと考えました。
…(中略)…
写真を見る人が日時と場所を知りたいのは、その写真をとった時の状況を思い出すきっかけになるからです。私は、日時と場所の情報はその時を思い出す為の重要な情報だと考えています。それは「撮影時のストーリー」を思い出すきっかけであり、その写真をとった時のことを今の自分自身が追体験することへ導くからです。だから場所の情報は緯度・軽度ではなく地名で表示するのが自然でした。

と書かれており、非常に似た思いがあったため、自分の中でもフィットしているかもしれないと思いました。まずは無料で使えるので、無料で使いつつ170円払えば広告が消える。僕は少ししてから170円払う事にした。その価値は十分にあると思ったのと同時に作者への感謝も込めて。

改めてタイムラインから、場所から思い出が蘇るViewing Fun!オススメです!

公式サイト:http://lakesoft.jp/vf/
ダウンロードはこちらから
AppStore

再度AVCHDとProRes 422(HQ)

avchd_proresMacでAVCHDの取り扱いについて、再度おさらいです。
前提として素材のクオリティを保つためAVCHDからProResに変換して素材を作る方法にフォーカスします。

AVCHDは、QuickTime X(以下QTX)では開くことが可能です。ただし、QTXが直接mtsファイルを開くのではなく、ディレクトリ構造を持ったルートフォルダを開き、その中のmtsファイルがリスト化され、再生したい動画を選ぶとフルスクリーンでAVCHDフォーマットの素材がQTXで開けます。QTXの機能を使えばMOVファイルとしての保存も可能なため、ファイルコンバート機能も果たす様に見えます。ところが、QTXの書き出しではProResコーデックでの書き出しが出来ません。H.264フォーマットでの保存になってしまうため、個人的には使えません(書き出し素材をH.264で考えているなら問題ない)。

続きを読む

Final Cut Pro X 10.0.9

FCPXFinal Cut Pro Xが今週ひっそりと10.0.9のアップデートを出しています。
リリース内容(日本語はまだです)はこちらです。

アップデート内容ですが、App Store上のアップデート内容は日本語で出ているのでそちらを見ると

・Sony XAVC メディアの使用時にグリーンのアーチファクトが発生する問題が解決されます
・インターレースメディアおよびリタイミングセグメントに関連したいくつかの問題(書き出しに失敗することが問題)が解決されます
・安定性が改善されます

となっています。
OS X Marvericksリリース時にはアップデートがあるだろうと思っていますが、その前にちょこちょことアップデートしてくれるのは嬉しいですね。特に今回のXAVCメディアへの修正ですが、Appleの4Kへの早急な取り組みが見えますね。

いつも通りアップデートは、Mac App Store上からになります。