The photo of FUJIFILM XQ1 -33

Ryougoku - Bakurocho - Akihabara Tokyo, Japan

一気に天気がよくなって暖かくなりましたね。代休が溜まっていたので、久々平日休みを取って、秋葉原までブラブラ歩いて行きました。いつもとルートを変えて、馬喰町を入って、神田方面に行きつつ、秋葉原へ。思っていた以上に街並みが面白くて、あー、まだまだこういう景色あるんだなぁと。最近はどんどん再開発ですが、馬喰町はまだまだのようです。再開発も悪くないですが、こういう街並みを平日ダラダラっと歩くのってなんか贅沢ですね。

Ryougoku - Bakurocho - Akihabara Tokyo, Japan

Ryougoku - Bakurocho - Akihabara Tokyo, Japan

Ryougoku - Bakurocho - Akihabara Tokyo, Japan

もうちょっと明るく撮れていたら面白い絵に出来ていたのになぁと。ちょっと暗すぎました。

Ryougoku - Bakurocho - Akihabara Tokyo, Japan

懐かしのサトちゃん。こういう味もいいですね。

Ryougoku - Bakurocho - Akihabara Tokyo, Japan

とにかく発見というか、初めてのルートでどれも新鮮でした。少し遠回りですが、その過程を十分楽しむ事ができました。

Ryougoku - Bakurocho - Akihabara Tokyo, Japan

続きを読む

Apple Watch Sport インプレッション

Apple Watch Sport

Isetan Shinjukuで買ったとか、製品こんな感じでしたとかで、で、使ってみて感想どうだったんだよ?ってのは、全然書いていなく…その辺を今回は取り上げたいと思います。

既に、大手ニュースサイトなどでも色々感想出ていますが、もう少しここは個人の視点で…。

一番大きいとおもっているのがTim Cookも言っていた

「iPhoneを見る時間が減った」

です。オーバーに聞こえますか?もう少し付け加えるなら、「iPhoneを必要以上に気にしなくなった」ということでしょうか。手にお知らせが来るというのは、思っていた以上に、iPhoneを忘れさせてくれました。iMessageしかり、メールしかり全てが手首をポンポンと叩かれる事で、なんか来た?と気付くのです。iPhoneのバイブでは正直気付いていない事が多く、その結果ちょこちょこiPhoneを見てしまう。必要以上に気にしてしまうという事がありました。特に顕著なのが、休日ですね。ただ、Apple Watchをつけてから、すぐわかりました。「あ、これはiPhoneから解放される」と。誤解の無いように言うと、別にiPhoneがどうでもいいとか、持ちたく無いとかそういうわけではありません。ただ、必要以上に気にする必要がないと言うのは、こんなに楽だったのかと思うのです。

続きを読む

Detail of Apple Watch Sport. -Apple Watch Sportの詳細-

Apple Watch at Isetan Shinjukuで買ったApple Watch Sport。開封の儀を記録出来なかったのは前回書きましたが、とは言えどという事で、パッケージ周りから、Apple Watch Sportsの詳細をアップします。

Deatl of Apple Watch Sport
細長いパッケージ。Apple Watchとはパッケージが違います。Apple Watchは四角いパッケージです。

Deatl of Apple Watch Sport
蓋をあけると、白いプラスチックケースが出てきます(実際には白いシートで覆われている)。

Deatl of Apple Watch Sport
充電ケーブルとお馴染みの5W USB電源アダプタ。iPhoneと違っていて、ツヤツヤではなく肌触りのいい半透明な材質のシールで覆われています。充電ケーブルも同様。全体的にApple Watchは触った時の肌触り感を考えた材質を吟味したのではないか?と思われます。

Deatl of Apple Watch Sport
充電ケーブルも覆われています。

Deatl of Apple Watch Sport
買ったら付いているケーブルはL/Mタイプ。S/Mケーブルはこのように梱包されています。

Deatl of Apple Watch Sport
Designed by Apple in California。中のケースにしっかり刻まれています。

続きを読む

来たぞ、Apple Watch Sport -Apple Watch at Isetan Shinjuku で購入-

Apple Watch Sport発売日に予約したApple Watch。予約したのはApple Watch Sportsの42mm Whiteでした。

予約したのはApple Watch at Isetan Shinjukuです。オンラインで予約して24日に引き取れる事も考えたのですが、やっぱり店舗で引き取りたいという思いが強く、ただApple Store 銀座や表参道では店舗引き取り等はないという事で諦め気味だったのですが、Isetan Shinjukuは、店舗予約が出来て、店舗引き取りも出来るという事でそっちを選びました。今回初めて出来たApple Watch at Isetan Shinjuku店。Watchメインという事もありこんな時でもない限り使うチャンスも無いだろうというのもありました。

初日4/24に取りに行きたかったのですが、どうしても仕事の都合があり…翌25日土曜日朝一で引き取りに行きました。

以下Shinjukuでの購入記録です。
まず、予約が凄いアナログでした。これからスマートウォッチと言われるジャンルの製品を買おうとしている事と真逆を行く予約方法です。その場でAppleID等を入力して、メールか何かでと思ったのですが、伊勢丹の予約用紙に記入してそれを引き取り時に持って行くというアナログでした。

電話で連絡を受け取ったのですが、iPhoneで考えると発売日当日の朝まで数がわからない形ですが、今回は、前日でもなく、一週間前の土曜日に入荷確定の連絡がありました。今までのApple製品の流れと明らかに違う感じで、ビックリしました。

引き取りは、伊勢丹入って店舗前まで行くと、列に並ばされます。予約券を渡すと、お店の奥では無く、別の場所からWATCHを持ってきて、お会計です。

充電ケーブルは、会社用にも置いておきたかったので、無いかな?と思いつつ聞いてみたらあるとの事で、1mのケーブルも購入。

以上で購入は終了です。
Apple Watch at Isetan Shinjukuで買うと、なんと特製のショッパーに入れてくれます。これは、Appleと伊勢丹で作った袋だとか。ただ、伊勢丹のマークは無く、Apple WATCHのマークが入っているのみです。いままでのApple Storeとは違う袋…これもまた、ラグジュアリー製品としての価値でしょうか。
僕が買ったのはApple Watch Sportですが、Apple Watchはまた箱の形が違うようです(お店で他の人のが見えました)。それに合わせて、袋も用意しているようで、Apple Watch Editionだとどうなっているのか、気になります。

Apple Watch shop bag by Isetan Shinjuku
特性ショッパー。リアル店舗だからこそですね。

続きを読む

Apple Watchに何を思うか

Apple Watch

いよいよ発売が目前に迫ってきたApple Watch。各所でレビュー等出始めていますね。そんな中4月10日予約開始になり世間にお披露目されたApple Watch。予約方法がAppleはオンライン限定になるといわれる中、朝9時から試着可能という事で、Apple Store 銀座に行ってきました。
そこで一通り触った後に、Apple Watch in Isetan Shinjyukuへ。今回初めてオープンする百貨店の中に出来るApple Watch専門店。世界的にも3店しかないとか。

Apple Watch

試着したり、ディスプレイで見ていると色々な人が色々な感想を言っています。ポジティブな声、ネガティヴな声色々ありますね。
触ってみて、着けてみると色々な感想が出て来ました。

思っていたよりも軽くてフィット感がいい。試着したのは、Apple Watch SportとApple Watch。
もっと違和感ある感じだと思っていたのですが、全然そんなことなく手にフィットします。この辺の着け心地はさすがApple。

Apple Watch

Apple Watchは、特殊なガジェットにも関わらず世間の関心を集め、多くの人が予約に走っていますが、必須デバイスか?と言われるとそんなことは無いんじゃないかと思っています。
なにしろiPhone持っていないと、真の実力が発揮されないくらいですから。

続きを読む

Final Cut Pro X 10.2 関連資料

fcpx102_2
今朝アップデートされたFinal Cut Pro X 10.2ですが、それにまつわるドキュメント状況をまとめました。

PDFはリリースされていません。かわりにiBooks対応のドキュメントがリリースされていますが英語版で米国iBooks Storeのみの扱いのようで日本ではダウンロード出来ません。何故だ…。
オンラインマニュアルは日本語版が用意されています。
Final Cut Pro X オンラインマニュアル
Motion オンラインマニュアル
Compressor オンラインマニュアル

関連資料のProResホワイトペーパーなどのPDFも特に新しくアップデートはされていません。
Apple ProRes White Paper
RED Workflows with Final Cut Pro X
Transition to Compressor 4.1 White Paper
Final Cut Pro X Media Management White Paper
日本語ドキュメントも公開されていますが、アップデートはありません。
Final Cut Pro X のライブラリを 使用したメディアの管理

オンラインヘルプが、アップデートと共に最新版になっていますが、米国で配布されているiBooks Storeの日本語版が日本でも配布されてほしいところです。

Final Cut Pro X 10.2登場!Motionに、Compressorも。

おはようございます。
米国ではNAB 2015 (National Association of Broadcasters / 米国ラスベガスで開催される国際放送機器展) が始まりましたね。
そのタイミングに合わせてでしょう、Appleは出展はもうしていませんが、Final Cut Pro Xをしっかりアップデートしてきました。
しかも、マイナーアップデートの10.1.5(昨日までは10.1.4)ではなく、10.2(!)です。

パッと見、アイコンがYosemiteデザインに進化していますが、詳細は内容は下段をごらん下さい。
Motionと連動する感じでタイトル、エフェクト系の更新という感じですが、パフォーマンス面でも改善していることが書いてあります。
今までは、Marvericksもアップデート対象でしたが、今回からYosemite10.10.2以降が必須のようですね。

また、合わせてAppleのFCPXのWEBページも更新されています。
まだ、米国のみですが、そのうち日本のサイトもアップデートされるでしょう。新しい事例は出ていませんでした。

しっかり進化していますね、FCPX。
アップデートはMac App Storeから行います。

fcp102