外付けSSDをHFS+で再フォーマット

External SSD Drive

外付けSSDとして買ったWD Blueですが、fat32フォーマットにしてました。なんとなくですが、ちょっとディスクスピードが速かったからという理由です。
ただ、使い始めると、時々緩んで抜けたり、バッテリーを使い切っちゃうと、当然ながら強制取り出し状態となり、そうなるとmacOSが認識しなくなります。

ディスクユーティリティから、検査してもダメで、macOS復元システムでMacを立ち上げて、そこからディスクユーティリティで検査(First Aid)すると、無事修復されてまた使える様になります。

この繰り返しが面倒だったので、macOS標準のHFS+でフォーマットしたら、間違えて強制取り出ししちゃっても、大丈夫な様になりました。

始めこの問題が起きた時、SSDの中身吹っ飛んだ?と思って凄い焦りました…。冷静になって、復旧する手段が思いつき、なんとか復旧しましたが、心臓に悪かったことは間違いありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中