MacBook Proを修理 2回目

MacBook Pro 2016 return from repair

ちょうど3年前に買ったMacBook Pro 15(2016)ですが、AppleCareが間も無く切れる事もあり、キーボードも再度微妙なときがあるので、Apple 銀座 Genius Barに持ち込みました。
一度2017年5月にキーボード交換を実施しています。

今回Apple 銀座に持ち込もうと思って気にした点は以下です。
・キーボードの反応が悪い時がある。ごく稀に二度打ち。
・モニタ角の保護カバーがちょっと割れちゃってて変えたい。

この二点でした。

MacBook Pro 2016 return from repair

しっかりした箱に入って送られてきますので安心です。

MacBook Pro 2016 return from repair

持ち込んだ所、以下の話をストアの人に言われました。
・Storeで出来るキーボード交換は特定のキートップのみの交換が可能。
・USBの差し口が緩んでいる (これは予想外の指摘。確かに気にはなっていたのだが。)
・モニタ保護パネルの交換はトップカバーとして丸ごと交換になるが、無印Apple Careの時代なので高い。

でした。2個目のUSBの件は完全に予想外の指摘をうけ・・・。
モニタ角の保護カバーが割れている件は、現在のApple Care +になる前のApple Careなので、モニタ交換すると¥88,000かかりますと言われたので、さすがにそれは諦めました(そこまで気にするほどでも無いので)。
ただ、その保護カバーの割れがもしかしたら、リペアセンターでの修理を拒否されるかもしれないと言われ(あくまでも他の部分で損傷がないことが修理をする前提だそうで)、悩む事数十秒・・・で、ここでさすがApple Storeの店員。
色々考えてくれて、思い切って修理出しをしましょう、と。
丁度、Apple Careも切れるタイミングなので、この際直せるところは直しましょうと言ってくれたのです。
おお、なんてありがたい。

MacBook Pro 2016 return from repair

中も動かないようにしっかり固められています。

MacBook Pro 2016 return from repair

修理報告書はAppleのクリアファイルに収められて入っています。


で、リペアセンターに持っていいく手続きをしていただき、COVID-19の影響もあって部材がないかもしれない(USキーボードだから在庫も少ないようで)、少し時間がかかるかもと言われていたのですが、なんと3日で帰ってきました。受け取りは、 Apple 銀座での引き取りではなく、自宅まで配送としてもらったので、ヤマトがしっかりした梱包で届けてくれました、アリガタイ。

修理の結果
・キーボード交換、トップカバーの交換
・左右のUSBロジックボードの交換
をしてくれました。

MacBook Pro 2016 return from repair

ちゃんと傷かつかないように保護フィルクがついて送られてきますが、こういうのついていると気持ち的に剥がしにくいんですよね・・・笑

キーボードはトップカバーと一体でくっついているので、まとめての交換となる事はなんとなく予想はしていました。
そして交換してくれた結果、キーボードは第2世代もしくは第3世代バタフライ式キーボードに変更となりました。
パフォーマンスは2016のままながら、フィーリングは新しいモデルとなったのです。これはビックリ。
現在のMacBookPro 16 (2019)は再びシザー式となっていますが、バタフライ式キーボードは結構気に入っているので、新しい盛大になった事は大歓迎です。
新しい世代のキーボードは、店頭で触ってみてはいましたが、あらためて触ると静かですね。第一世代のかちゃかちゃした音も好きだったんですが。
ちなみにトップカバー交換をしたことでバッテリーも一緒に交換されています。バッテリーもトップカバーに付属しているパーツなのです。システム情報を見ると、充放電回数が”2”となっています。期せずしてバッテリーも交換されました(ヤッター)。トラックパッドも交換されています。

MacBook Pro 2016 return from repair

モニタにも傷かつかないように保護シートが挟まっています。しっかり梱包してくれてています。

USB-Cも確かに挿し込んだ時の緩みがなくなっていました。
多分、緩んだきっかけの記憶はなく、最初から緩い仕様だったはずで、これが本来の固さなんだと思いました。

MacBook Pro 2016 return from repair

USBも傷かつかないようにシールで覆われています。

こうして、MacBookPro 2016は、Apple Care終了を前に予想外にMacBookPro 2016 + αとなったモデルとなって帰ってきました。

まだまだ全然現役で使えるパフォーマンスなので、再びこいつとの時間を楽しもうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください