東日本大震災、無料無線LAN等のその後の状況

東日本大震災から一ヶ月が過ぎました。未だ、余震が続きますが、地震発生当時より携帯各社の通信網の混乱、その後の無線LAN無料開放等がありましたが、一ヶ月後の状況をまとめました。

Apple
・引き続き仙台一番町は営業を休止中。
・災害適用地域に済んでいる方は6月末まで震災で壊れたマシンに対して特別なサポートを受ける事が出来ます。

ソフトバンク
復旧・被災地支援情報
ソフトバンクWi-Fiスポットの無料開放は、4月7日より青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県 にて無料で開放する形に変わっています。

WIRELESS GATE
・引き続き、ヨドバシカメラ マルチメディア 仙台店で契約した人は、5月末までを目処に無料開放。状況を見て延長の可能性もあり。

NTTグループ
・HOT SPOTの無料開放は終了し、FLET’S SPOTMzoneが引き続き岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、長野県の公衆無線LANエリアを6/30まで無料開放。

FREESPOT
・引き続き被災地向けに救援活動・避難生活支援のためにインターネット回線を無料で開放する人にフリースポットの機材を無償で提供。終了時期は未定。
・被災地でFREESPOTが利用出来る施設を公開

引き続き新しい情報があれば、追加していきます。

情報下記にアップデートしました。

東日本大震災、無料無線LAN等のその後の状況」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 芸能・人気・事故!?ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中