ユナイテッド航空のプレミアゴールド ステータスマッチが終了している!? (再開していました。09.23更新)

United Airline

終了したと思っていたステータスマッチが復活していました。
(2017.09.23更新)

訪問数は多くないうちのサイトに来る僅かなキーワードを見てたら「ユナイテッド ステータスマッチ 終了」と検索されて来た人がいたみたいで、終了??と思ってユナイテッドのサイトへ飛んでみたら、ステータスマッチを申請するページはあるが、中身がすっからかん…。半年前にはあった(デルタ航空のゴールドメダリオンからユナイテッド航空のプレミアゴールドにステータスマッチ成功! エコノミープラスが無料に!!)ハズなんだけど…。むしろtwitterとかで検索するとつい最近までは、ステータスマッチ完了の報告が出てます。

本来であればこのサイトが出てくるはずなんですが・・・

ステータスマッチがあるハズの一覧ページに行くと、ユナイテッドのアカウントでログインしてと出るのでログインして見てみても出現せず。米国サイト側からも覗いてみたけど出現せず。
一覧表には”実施中/Ongoing”となっているんですが…。

もしや ステータスマッチ キャンペーン終わっちゃったのでしょうか。初めて United ユーザとなるには便利だったと思う(ユナイテッド航空ステータスマッチによるプレミアゴールドのその後)のですが…。色々各ブログサイトを見ると2017年中は受付中と書いてあるところもあるので、仮に終わっちゃったとすると、前倒し終了でしょうか?ANA で修行する人が デルタアメックスゴールド にして同じスターアライアンスの United にステータスマッチして使われてたりとかもあって、そもそもの ステータスマッチ の効果が無いと判断されちゃったのでしょうか?僕は春の出張時やってみて凄い良かったのですが(その後乗る機会はまだ来ていませんが…)。

マイルの獲得ルールも各社ちょこちょこ変わることがあるので、この変更もその一つなのかもしれませんが、再開しませんか?ユナイテッドさん@united

Tokyo Taito-ku photos of FUJIFIM X100S -51

The Taito-ku Tokyo photo by FUJIFILM X100S.

蔵前橋から秋葉原に向かって歩いて来ましたが、それも今回で終わりです(その1その2)。
同じ行き方でも、選ぶ道路によってちょっとづづ顔が違う感じがするので、また、ルートを少し外して行ってみても面白いかもと思ってます。もう少し、歩き回りやすい季節になったらかな…。

The Taito-ku Tokyo photo by FUJIFILM X100S.

The Taito-ku Tokyo photo by FUJIFILM X100S.

The Taito-ku Tokyo photo by FUJIFILM X100S.

秋葉原、浅草橋間の総武線から眺めている景色だと住宅街ばかりと思っていたら、商店街が出現してびっくり。そんなに賑わっているわけではなかったけど、実はご飯が美味しい店とか隠れてそう…。歩いてみないと見えてこない場所ってやっぱありますね。

The Taito-ku Tokyo photo by FUJIFILM X100S.

続きを読む

日本から見た Think different. 当時のApple Japan

元 Apple Japan の方が筆者となって Think different. 当時を日本からの視点で振替る記事が出ていました。

Apple の原動力『Think different.』からの20年を振り返る | cloudpack.media 増田 隆

Think different. は今も色褪せない見事なブランディングですよね。今の Apple を形づける礎ですね。その当時の日本の Apple 内での受け止め方、またその後について、当時の Apple Computer Japan (当時は Computer がまだ社命に着いてました)で Think different. キャンペーンの責任者だった河南順一さんのインタビューを交えた記事となっています。

なかなか日本の Apple の動きは知られる事がないだけに、当時を知る資料的価値のある記事でもあります。

写真:参照記事よりスクリーンショット

久々の投稿

Sumida-ku photo by FUJIFILM XQ1

久々の投稿です。少し間が空いてしまいました。雨続きですね。
最近、色々とバタバタしており、なかなかこっちにまで時間をかける余裕がありませんでした。ちょっとしっかりと落ち着いた時間が取れないというか、他にリソースを使ってる感じです。ここはここで意外と書くのに時間使うんですよね…。

書きたいネタはいくつかあるのですが。

とはいえなので、頑張って更新続けます。
サンフランシスコとニューヨークにまた行きたいなっと。

Shot by FUJIFILM XQ1

iPodがtouchを残して遂に販売終了

先週、iPod nano、shuffle の販売がひっそりと、しかし世間にはしっかりとわかった形で販売が終了しました。後は、店頭に在庫がある分を売りさばく感じだけとなっています。

色々言われてた iPod ですが、遂にお役目を終えたという事でしょう。ちょっと長い Apple ファンにとっては感慨深い物があると思います。
かく言う僕も先日第3世代 iPod の電池を交換し復活させたわけですが、やはりこの形には思い入れがありますし、シンプルに音楽を再生すると言う意味では、Apple らしさを体現した一つの製品でした。最後の方は iPhone とのバランスについて色々言われてましたが、それでも音楽という言葉でここまで生き延びた事そのものが凄かったなぁと思います。

iPod 3rd Generation

5万円にも満たないデバイスが、どん底の Apple を救うわけですから、本当不思議なプレイヤーであり、「白物」を流行らせたきっかけですから、偉大でもあります。その後のカラーバリエーションも、今に続く流れですね。
電池の持ちも、iPhone に比べたら長く、そういう点を気に入ってる人も多くいました。色々な意味で、音楽を身近にしたデバイスですね。ウォークマンの再来とはよく言われますが、CD という物理メディアを持たない、まだ高速セルラー網が整わないちょっと前の現代にフィットしたデバイスでした。

iPod という名前は、iPod touch のみとなりましたが、中身は iOS なので、音楽プレイヤーである iPod のベースとなったポータルプレイヤーを礎とした音楽プレイヤーは終了となりました。

Steven Levy / What changed the iPod?
iPod は、後期の製品よりも、登場初期の頃の話題や、裏のストーリーが面白く、それらに関しては少し古いですが2007年に初版が発売されたスティーブン・レヴィ著書の「 iPod は何を変えたのか?」が読み応えがあります。

既に主役は iPhone に移ってましたので、iPod の行く末について色々な噂の一つとなっていただけに、最後はひっそりとその姿を消しましたが、近年のコンピュータ業界を賑わせた一つのラインナップが幕を閉じたこととなります。

唯一 iPod という名前を冠した iPod touch はどうするんでしょうか?まだまだお役目ごめんというわけでは無いと思うのですが…。