MacでMicrosoftサービスを活用する

Take advantage of the Microsoft services on your Mac

久々Macの話題を。Macと言えばApple製品ですが、宿敵 (今はそうでもない?) MicrosoftのサービスがMacでもスムーズに使える状態になっている事をご存知でしょうか。
コロナになった事でテレワークが普及し、その方法の一つとして自分のマシンを使う方法があると思います。会社から支給されているマシンを使う所もあると思いますが、個人マシン、それもMacを使う場合でも以下の事を知っているとちょっと便利になります。


It’s been a while since I’ve talked about Macs. Did you know that traditional rivals Microsoft’s services (not so much now?) can now be usable smoothly on the Mac?
The COVID-19 has made teleworking more popular in Japan, and one of the ways to do this is to use your own machine. Some places use the machine provided by the company, but even if you use your personal machine, which is also a Mac, it will be a little more convenient if you know the following things.

Officeについて
Microsoft最大のドル箱といえば、Officeです。日本では未だ永続版が発売されていますが、海外ではサブスクリプション版のみというところばかりです。
なかなか日本人の体質がサブスクリプションと添えないのが原因ですね。僕もサブスクリプションは地味にお財布をいじめるので好きではないです。
永続版OfficeはApple Storeでも販売されています。

Microsoft Office Home and Business 2021(Mac 2台) / Apple online store

企業でOffice 365を契約している人は、Officeが使えるライセンスを個人で持っていますが、Office 365にはE1/E3/E5/F3という契約がありE3以上だとネイティブ版Officeが使えます(E1はブラウザ版のみ)。
企業ライセンスを使ってOffice for Macを使いたい人は下記の更新履歴からOffice for Macのdmg ファイルをダウンロード出来るのでインストールが出来ると思います (会社のライセンスを自分のマシンで使っていいかの確認はしてください)。
Officeは最新のmacOSから3つ前のバージョンまでが対象になっています。

Office for Mac の更新履歴 / Microsoft 365 Documentation

VBScriptなどを多用したExcelファイルだと残念ながら開くことはできても実行できなかったりするので注意が必要です。
また、フォントが変わるという話についてはMSフォントがインストールされ、MSゴシック、MS明朝が利用可能です。Vistaで追加されたメイリオも利用可能になります。


About Office
Office is Microsoft’s biggest moneymaker still now. In Japan, the perpetual license version is still available, but in other countries, only the subscription version is available.
The reason for this is that most Japanese people still not familiar to pay the subscription service. I don’t like subscriptions either, because they are a bit of a drain on my wallet.
The perpetual version of Office is also sold at Apple Store (Japan).

Microsoft Office Home and Business 2021(Mac 2台) / Apple online store

If you subscribe to Office 365 at your company, you have a license to use Office from you company. Office 365 has plan of E1/E3/E5/F3 subscriptions, and E3 and above can use the native version of Office (E1 is the browser version only).
If you want to use Office for Mac with a corporate license, you can download the Office for Mac dmg file from the update history below and install it (make sure to check if you can use the company license on your own machine).
Office is available from the latest version of macOS to the three previous versions.

Update history for Office for Mac / Microsoft 365 Documentation

Unfortunately, Excel files that make heavy use of VBScript, etc., can be opened but not executed, so please be careful.
About font, MS Font will be installed, MS Gothic and MS Mincho will be available, and Mayrio, which was added in Vista, will also be available.

Teamsについて
コロナになって一気に加速したのが、リモートワークですね。SlackやZoomと同じくTeamsを使っている人も多いと思います。
Teamsネイティブ版も当然macOS向けにも提供されています。
サポートされいるOSバージョンは最新から3つ前までだそうです。

ブラウザ版Teamsが使えない?
ブラウザからのみの利用になっている所もあるかと思います。Safariから使えないという方はまずはSafariのこちらの設定を確認下さい。
Safari > 環境設定 > プライバシー
サイト越えトラッキング : チェックを入れて下さい。

これでSafariの再起動で使えないでしょうか。


About Teams
Remote work has accelerated dramatically with COVID-19, and many people are using Teams as well as Slack and Zoom.
The native version of Teams is naturally also available for macOS.
The supported OS versions are the latest and up to three previous versions.

Can’t use the browser version of Teams?
If you can’t use in the Safari, please check your Safari settings first.
Safari > Preferences > Privacy
Prevent cross-site tracking : Check this box.
Restart Safari, and you’ll be launch Teams in Safari.

Check the Prevent cross-site tracking

MIcrsoft Edgeを使いたい
会社によってはブラウザアプリでMicrsoftのEdge利用が推奨というところもあるかと思います。
macOS版のEdgeも提供されているので必要な人はダウンロードして利用可能です。
Microsoft Edge


I want to use MIcrsoft Edge.
Some companies may recommend the use of Micrsoft Edge as a browser application.
Edge for macOS is also available, so those who need it can download and use it.
Microsoft Edge

OneDriveの活用
Office 365などのプランによってはOneDriveがあります。契約によって容量は異なりますが、WEBブラウザからの利用では面倒と感じる人もいると思います。Officeソフトと同じくOneDriveもネイティブアプリがあるのをご存知でしょうか。

Mac OS X の OneDrive とファイルを同期する / Microsoft Support

OneDriveの同期アプリをインストールすると、Finderから直接OneDriveの中を見れて、内容が自動的にOneDrive側と同期されます。ファイルによっては、常時ローカルに置いておく必要のないものもあるでしょう。そういうファイルは右クリックから空き容量の節約を選ぶ事でOneDrive上に実態はありつつ、ローカルからは実態は消えている状態にする事が出来ます(ファイルの存在はアイコンによって見えています)。
便利なのは、ファイル/フォルダを他者と共有したい場合もリンクを取得したり、招待する事が出来ます。
OneDriveの動作を管理したい組織もあると思います。
こちらのドキュメントに.plist の値を書き換える事でさらに細かい管理が可能です。

Mac 向けの新しい OneDrive 同期アプリを展開および構成する / Microsoft Support

.plist ファイルはMDMやRemoteDesktopやスクリプトなどで入れ替える必要があります。


Utilizing OneDrive
Some plans, such as Office 365, offer OneDrive. The capacity varies depending on the subscription, but some people find it cumbersome to use OneDrive from a web browser.

Sync files with OneDrive on Mac OS X / Microsoft Support

When you install the Microsoft OneDrive sync app for Mac, you can view your OneDrive directly from the Finder, and the contents are automatically synchronized with the OneDrive side. Some files may not need to be kept locally at all times. By right-clicking on a file and selecting “Free Up Space”, you can make the file disappear from your local area while it is still present in OneDrive (the file is still visible by its icon).
Conveniently, you can also obtain a share link or invite others to share a file/folder with you.
Some organizations may want to manage the behavior of OneDrive.
You can rewrite the .plist value in this document for even finer control.

Deploy and configure the new OneDrive sync app for Mac / Microsoft Support

The .plist file must be replaced by MDM, RemoteDesktop or custom scripts.

ファイルを選んで表示させるOneDriveのオプション。何気に便利です。
Select file and displayed OneDrive options. It is convenient for what it is.

Exchangeメールを標準のメール.appから活用する
macOS標準のメール.appからもExchangeメールが利用出来ることをご存知でしょうか。
Microsoftからも公式にヘルプが出ています。

Mac OS X Mail でメールを設定する / Microsoft Support

メールだけでなく、カレンダー.app、連絡帳.app、メモ.app、リマインダー.appも連携出来ます。


Utilizing Exchange Mail from macOS mail.app
Did you know that you can also use Exchange Mail from the standard macOS mail.app?
There is also official help from Microsoft.

Set up email in Mac OS X Mail / Microsoft Support

標準メールでExchangeが使えるのは便利です。
It is convenient access to Exchange with macOS mail.app.

Active Directoryとの統合
これは個人のMacを使うという中ではなかなか許可されてないと思いますが、Microsoft のディレクトリサービスであるActive DirectoryとmacOSが連動出来る事ご存知でしょうか。
Appleから公式サポートが出ています。

macOSをMicrosoft Active Directoryと統合する / Apple Support
Macのディレクトリユーティリティを使ってActive Directoryを統合する / Apple Support
Macのディレクトリユーティリティでドメインのアクセスを設定する / Apple Suport

Apple自身がADの利用を案内しているくらいなので、ちゃんとMicrosoft側とインテグレーションについては
OS設計時にちゃんと確認していると思います。

OS X 10.6くらいからADとの連携、Exchangeの利用はApple自身案内を出していました。
AppleはExchangeの代わりにOpenDirectoryを担ぎましたが、Server.appも収束してしまった今、Enterpriseのバックエンド側はサードパーティに任せようというスタンスをより強めた感じですね(OpenDirectory自体はAppleの物ではありませんでしたが、Apple公式という感じはありました)。


Integration with Active Directory
I know this is not often allowed in the personal Mac, but did you know that macOS can work with Active Directory, Microsoft’s directory service?
Official support is available from Apple.

Configure domain access in Directory Utility on Mac / Apple Support
Integrate Active Directory using Directory Utility on Mac / Apple Support
Configure domain access in Directory Utility on Mac / Apple Support

Since Apple itself is guiding the use of AD, I believe that Apple has been confirming the integration with Microsoft when designing the OS.

Since Mac OS X 10.6 or so, Apple itself has been guiding the use of AD and Exchange.
Apple has also announce on Apple Open Directory in place of Exchange, but now that Server.app has converged, I feel that Apple has taken a stronger stance of leaving the Enterprise back-end side to third parties (Apple Open Directory is a part of Apple’s product line).

Windowsじゃないと使えない、会社はWindowsだから家でもWindowsじゃないとダメなのかという方には、やりようによってはMacからでも十分使える状況は整っているのでお試し下さい。
(Macがもっと企業の中で活用されるともっと面白くなるのに)

より広範囲にわたって企業の中でMacを管理したい、使いたいという人はこちらのドキュメントもおすすめです。

Appleプラットフォーム導入 / Apple Support

それにしてもMicrosoftのサイトは同じサービスのWebページが複数あったり、プランが複雑すぎてとにかくわかりにくい・・・。


If you think you have to be on Windows to use it, or if you have to be on Windows at home because your company is on Windows, please try it from your Mac, as it is fully usable from your Mac.
(It would be more interesting if Macs were used more in Enterprise companies.)

If you want to manage and use Macs in your company more extensively, this document is also recommended.

Apple Platform Deployment / Apple Support

But still, Microsoft’s site has multiple web pages for the same service, and the plans are too complicated to understand anyway….

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください