TAIWAN night 2017 on Film – FUJIFILM KLASSE W w/ Kodak PORTRA 400

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

夜の台湾をKLASSE W + PORTRA 400で。今回で2017年の台湾の写真は最後に。前々回夜の撮影はNATURA 1600がいいなんて書きましたが、ISO400あってがんばってカメラを固定できればなんとか撮れるということだと思います。粒状感も悪くないし。ただ、やっぱり現像した結果ブレている写真は何枚か出てきちゃいます。撮り慣れてない人に撮ってもらうと、もうブレブレ、笑。
そういう意味でもNATURA 1600は安心だったんだと思います。失敗が少ないって、誰にでも撮りやすいってことになるので、それはとても大事なことだと思うので。
ISO800のフィルムが現状、カラーでの最高感度になりますが、富士フイルムのフィルムはISO800感度のフィルムもう売ってないんですよね。
KODAK PORTRA 800、Lomography Color Negative 800、cinestill 800Tといったところが選択肢でしょうか。
種類の少なさに焦りを感じます。


Taiwan at night with KLASSE W + PORTRA 400. This is the last photo of Taiwan in 2017. I wrote in the previous issue that NATURA 1600 is good for night photography, but I think it means that if you have ISO 400 and can hold the camera steady, you can manage to take pictures. The graininess is good. However, there have some blurred few pictures after developing the film. When I asked someone who is not used to taking pictures to take them, taht were blurry lol.
In that sense, I think NATURA 1600 was a safe choice. I think it is very important to have less mistakes, because that means it is easy for anyone to take pictures.
ISO 800 film is currently the highest sensitivity for color, but Fujifilm does not sell ISO 800 sensitivity film anymore.
KODAK PORTRA 800, Lomography Color Negative 800, and cinestill 800T are the options.
I feel impatient with the lack of variety.

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

台湾お馴染みの一枚。
こういう必ずしも明るいとは言い切れない場所でも、頑張れば(固定すれば)撮れますが、この通りは人が多いので動かずに立っているのは大変です。
綺麗に撮れるとフィルムの雰囲気の良さはしっかり残りますね。LEDみたいに周囲にまで明るいという場所ではなかったのですが、それでも何とか撮れました。
28mmのレンズがちょうど九份には合っていますね。


A familiar shot of Taiwan.
Even in places like this where it is not necessarily bright, you can take a picture if you try hard enough (if you fix the camera), but there are so many people on this street that it is hard to stand still without moving.
When you get a good shot, the film’s atmospheric quality remains strong; it wasn’t a place where the light was bright enough to reach the surroundings like LEDs, but I still managed to get the shot.
The 28mm lens is just fit for Jiufen.

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

Taiwan night 2017

FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

謎の現像で帰ってきた1枚。左側に僅かに違う撮影が乗っています。が、その左側の絵は現像されてきませんでした。これもまたフィルムならではでしょうか。上手くフィルムを巻き取らなかったのか、シャッターの開きが変だったのか。これも味と思うようにします。


This is one of the shots that came back from the mysterious developing process. A slightly different shot is on the left side. However, the picture on the left side was not developed. Is this also a characteristic of film? Did I not wind the film properly or did the shutter open wrongly? I will consider this as a taste.

 
 

All photos taken by FUJIFILM KLASSE W + Kodak PORTRA 400

TAIWAN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください